ヨガの用語集

耳にはするけど、どんな意味?勉強中だけど、なんだっけ?の時に使える、代表的な用語を集めました。
奥深いヨガの世界だからこそ、聞きなれないキーワードにも興味がどんどん沸いてきちゃうかも?!

ナーダヨガ
シタール(インドの弦楽器)などを奏で神に捧げるヨガ。ナーダ=音。
内観(ないかん)
自己観察。からだの内側に耳をかたむけ、心を開放していく。
ナウリ
腹直筋を立てて動かす。シャットカルマのひとつ。
中村天風(なかむらてんぷう)
1876-1968 日本にインドのヨガを初めて広めた人。
ナディ/ナーディ
72000あるとされる気の通り道。ナーディ=川。
ナマステ
合掌とともに発するインド式のあいさつ。「こんにちは」「ありがとう」の意味。
軟蘇の法(なんそのほう)
蘇(バターに似た薬)が溶けて全身に広がる想像をしてリラックスを深める方法。屍のポーズに用いられることがある。
Astaadsfncstx_targetName="_blank";
TOPヨガの用語集ヨガの用語集「ナ」