毎日お寿司を食べるだけ!夢のような「寿司ダイエット」。そのやり方と気になる効果は?

今テレビやネットで話題の「寿司ダイエット」。カリスマ栄養士の伊達先生が提唱した夢のようなダイエット法なんです。そのやり方と効果について解説します!

毎日寿司を食べて脂肪を減らす!そんな夢のようなダイエット法

今テレビやネットで話題の、「寿司ダイエット」をご存知ですか?
カリスマ栄養士伊達友美先生が提唱した、夢のようなダイエット法なんです。
日本人が一番好きなメニュー「寿司」を毎日食べるだけで、痩せられるなんて夢のような嘘のような話。むしろ太るイメージですよね。
ところが実際に、伊達先生はご自身も25kgのダイエットに成功されている、美しい美貌をお持ちの先生なんです!

伊達式「お寿司ダイエット」のやり方

では早速、やり方を見ていきましょう。
お寿司ダイエットのやり方は、3つのポイントを抑えるだけ。一つずつご説明していきますね。

1、一日一回、お寿司を12巻たべる

昼か夜に一日一回、お寿司を12巻食べます。一皿2巻のお寿司なら6皿食べることが出来ますね。
スーパーで売っている、お寿司の詰め合わせパックの場合、丁度12巻程度入っているので一パックを食べることが出来ます。

この時、ネタを選ぶ時のポイントは「生のお魚」であること。火の通ったネタは、DHAやEPAが酸化してしまうのでNGです!穴子やゆで海老などは、寿司ダイエット中は避けるようにしてください。

ちなみに気になるカロリーですが、寿司12巻はおよそ600キロカロリー~800キロカロリー程度。
カロリーもそこまで多くはないですが、何より重要なのはお魚の脂にふくまれるDHAやEPAが脂肪を分解してくれるところにこのダイエットの肝はあるのです!

2、お味噌汁を一緒に飲む

二つ目に、お寿司を食べる際、一緒に味噌汁を取るようにしてください。
ミネラルと水分を補う味噌汁は、ダイエットのサポートとなります。
また、大豆に含まれるイソフラボンの「抗酸化作用」がDHA/EPAの酸化を防ぎます。イソフラボンとDHA/EPAは相性抜群の食材なのです!
また、ワサビやガリと一緒に食べると、代謝がさらにUPしますよ。

3、朝食は体内を整えるため、フルーツと白湯。

三つ目に、朝ごはんは体内を整えるための食事です。そのため、フルーツと白湯をいただきます。フルーツは何でもOKです。まとめると…

朝食:フルーツと白湯
昼食・夕食:昼か夜のうち、一食を寿司に。もう一食は何を食べてもOK!

寿司以外の、もう一食は何を食べても良いというのですから、驚きですよね。

本当にダイエットに効果があるの?

・オメガ3脂肪酸が脂肪を分解

魚に多く含まれている「オメガ3脂肪酸」。DHAやEPAという不飽和脂肪酸のことで、血液をサラサラにする作用や、コレステロールへの作用などが確認されていますが、それだけでなく脂肪を分解してくれる効果があるのです。

・お寿司は三大栄養素全てが含まれる食事

『タンパク質』『糖質』『脂質』の3つは三大栄養素と呼ばれ、人間の生命を維持したり健康的な身体活動を行うために欠かせないエネルギー源です。それらが全て含まれるお寿司は、大変栄養価が高く、リバウンドすることなくダイエットを行うことが出来るのです。

チャレンジした結果は?

寿司ダイエットに、元柔道銀メダル選手がテレビで挑戦。
初日の夕食はスーパーで買ってきた寿司と味噌汁。2日目の朝食はリンゴと白湯。3日目の昼食も寿司と味噌汁。5日目の夕食は寿司以外。6日目の昼食は家族でお寿司。火の通ったネタはDHA、EPAが酸化するので禁止。・・・結果、一週間で2.1kg減という驚きの結果を出していました!

リバウンドしてきた人にこそ向いている「寿司ダイエット」

何のダイエットをやっても失敗してしまった人にこそおすすめしたいこのダイエット法。
毎日美味しいものを食べられるという満足感が長くダイエットを続けるための一番のコツ。

そして、お寿司屋さんで12ネタ食べる場合は、じっくりネタ選びをするので、自然とゆっくり食べ、噛む回数も増えるようになります。

是非、みんなが大好きなお寿司でダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか!

ヨガ・ピラティスに関するさまざまな情報をお届けします。