ヨガレシピ特集

ヨガレシピとは、美容と健康に良く、ヨガの効果をさらに高めてくれるレシピで、ヨガやトレーニング、ダイエットを行なっている方に特におすすめのレシピです。
アーユルヴェーダやヴィーガン専門の料理研究家の先生が教えてくれるオリジナルのレシピは、体に良いだけでなく、見た目も素敵でとっても美味しいので、日々の食事はもちろんおもてなし料理にもぴったり。 身近な材料で手軽に作れるヨガレシピ、是非あなたの生活に取り入れてみてくださいね!

食感を楽しむ蓮根のスパイシー炒め

【食感を楽しむ】蓮根のスパイシー炒め
ドーシャヴァータ
所要時間30分
カロリー120kcal
ドーシャへの影響V P K

シャキシャキとした食感が楽しい蓮根。アーユルヴェーダの本家インドでは蓮根はほぼ使われませんが、蓮根がおいしくなってきたら是非作ってほしい一品。アーユルヴェーダ的にはお酒は勧めていませんが、おつまみにもぴったりですよ!

材料 (2人分)

蓮根
中1
酢(レモン汁)
小さじ1
オイル
小2
マスタードシード
小1/4
カレーリーフ(あれば)
2~3枚
レッドチリの種の部分(あれば)
ひとつまみ
<A>
クミンパウダー
小1/2
コリアンダーパウダー
小1/2
ターメリックパウダー
小1/4
チリパウパウダー
小1/4
小1/2

作り方

  1. 蓮根は0.5cmほどの厚さの半月切にして、酢を入れた水に10分ほどつける。
  2. Aのスパイスと塩を合わせておく。
  3. 蓮根をざるにあげ、ボールにうつし、2と和え、10分ほどなじませる。
  4. フライパンにオイルを熱し、マスタードシードを入れる。マスタードシードがはじけてきたら、カレーリーフを入れ、蓮根も加える。
  5. 蓮根に火が通るまで3~4分炒める。焦げそうになったら適宜水を加える。
  6. レッドチリの中の種の部分をひとつまみ加え、ざっと混ぜ、塩で味を調えたら完成。

ポイント

  • 根菜は重い性質を持つのでカパを上げますが、スパイスを使っているので、カパの人でもバランスが取れます。
  • Aのスパイスは調合しておけばいつでも使えるので便利です。
  • 漬ける水は、ただの水でも構いませんが、酢水の方がより色がきれいに保てます。

レシピ監修:小澤亜紀

レシピ監修:小澤亜紀

オーダーメイドの食習慣とライフスタイルを提案する『森の時計ヨガ&アーユルヴェーダ』代表

大手総合酒類・飲料メーカー勤務を経て、現在は横浜石川町にて「誰でもできる!アーユルヴェーダの簡単★お料理教室」「ヨガ」「顔ヨガ」レッスンを開催している。
HP: http://morinotokei3.com
記事一覧

アーユルヴェーダレシピTOPへ ヨガレシピ特集TOPへ

会社概要 広告掲載について お問い合わせ・プレスリリース送付先 プライバシーポリシー Copyright © YOGA HACK All Rights Reserved.