360°VIEWヨガポーズ辞典

天地開脚のポーズ ウールドヴァ プラサリータ エカパダーサナ / Standing Split Pose

前屈して片足を天井に引き上げる上級者向けのポーズ。下半身のむくみを解消し、引き締めてくれる効果があります。太ももを内側に旋回させながら足を上げると、足がまっすぐ上がりやすく、綺麗な一直線のポーズとなります。

天地開脚のポーズ

天地開脚のポーズのやり方

天地開脚のポーズ

STEP 1

顎を引いて肩の力を抜き、足の裏全体でバランスを取りながら、足を揃えて立ちます。(山のポーズ)
天地開脚のポーズ

STEP 2

息を吸って背骨を伸ばし、息を吐きながら骨盤を軸にして上半身を前に倒していきます。
床に手をつき、左足を腰の高さまで引き上げます。
安定したら、両手を右足を挟むように床に付け、上半身を更に前に倒し顔をひざにつけるようにします。
右足のつま先に重心をかけながら、左足を天井を突き刺すように高く上げていきます。
ここをCHECK!
  • ひざが曲がっていないか
  • 背筋はまっすぐになっているか
ポーズ名
天地開脚のポーズ (別名: スタンディング・スプリット、片脚を上げた前屈のポーズ、立位の前後の開脚)
サンスクリット語
Urdhva Prasarita Ekapadasana
Urdhva(上に) Prasarita(伸びた) Ekapada(一本の足)
ウールドヴァ プラサリータ エカパダーサナ / ウールドヴァ プラサリータ エーカパーダ アーサナ
英語
Standing Split Pose
ジャンル
立位
部位
お尻 / 太もも
効果
[トレーニング]
臀筋 / 大腿四頭筋 / ハムストリングス
[ダイエット]
お尻 / 脚
[症状]
脚のむくみ
[効果]
内臓の働き / 下半身強化
[メンタル]
集中力
筋肉筋肉
難易度
上級
禁忌
ひざのトラブル、足首のトラブル

監修・実演:更科有哉先生

更科有哉先生

2014年Best of Yogi受賞。札幌で育ち、20歳で上京。25歳からYogaを始める。高い技術と集中力からのasanaは、肉体のART。巨匠マリオ・テスティーノ氏の撮影にも同行し、その姿がVOGUE誌および同氏の写真集『Sir』に登場。

愛車での日本縦断Yogaの旅 INTO THE MIND TOUR by patagoniaは、8周目を成功させた。
2018年2月には、MBS毎日放送「情熱大陸」にも出演。

HP:http://yuyasarashina.com/
Instagram: https://www.instagram.com/yuya67/

ヨガポーズ辞典TOP(一覧)へ
SOELU

会社概要 広告掲載について お問い合わせ・プレスリリース送付先 プライバシーポリシー Copyright © YOGA HACK All Rights Reserved.