骨格ストレート向けのダイエット方法や内容とは?注意点から成功のコツまで詳しく解説!

最近注目を集めている骨格診断ですが、それぞれの骨格タイプに合うダイエット法があるのをご存知でしょうか?今回は「骨格ストレート」にぴったりのダイエット法について、詳しく解説していきます。ダイエットのコツや注意点なども紹介しているので、最後までチェックしてみてくださいね!

骨格ストレートってどんな体型?

骨格タイプは主に3つあり、「ウェーブ」「ナチュラル」「ストレート」に分けられます。

「ストレート」は、日本人の中で最も多いとされている骨格タイプ。バストに厚みがあり、全体的にメリハリのあるボディなのが骨格ストレートの体型です。また、筋肉が付きやすいため、ややガッチリとした印象もあります。

骨格ストレートの主な特徴をおさらい!

骨格ストレートの主な3つの特徴について見ていきましょう。

骨格ストレートの鎖骨や胸板の特徴

鎖骨はあまり目立たないのが特徴です。鎖骨からバストにかけては直線的なラインをしています。そのため、デコルテは厚みのある人が多いでしょう。また、首から肩にかけての筋肉が付きやすいため、首が短く見える傾向があります。

横から見た骨格ストレートの特徴

骨格ストレートの人を横から見ると、バストトップやウエスト、ヒップの位置が高いのが特徴的です。そのため、上半身に重心があるように見えます。体に厚みもあるため、女性らしいボディラインと言えるでしょう。

正面から見た骨格ストレートの特徴

骨格ストレートの人を正面から見てみると、へその位置が高めで胴は短い特徴があります。ヒップの位置も高く幅が狭いため、くびれはできにくいでしょう。また、脚のラインが直線的で長め、手足は小さめといった特徴もあります。

骨格ストレートが太った場合、見た目の特徴やお悩みは?

骨格ストレートの人が太ってしまった場合の、見た目の変化などを詳しく見てみましょう。

まるいシルエットになりやすい

骨格ストレートの人は、二の腕やお腹周り、太ももの前側に脂肪がつきやすい傾向があります。なかには、顔の肉付きがよくなる人も。二の腕や肩回りもボリュームが出るため、全体的にリンゴのような、まるいシルエットになりやすいのが特徴です。上半身に重心がある体型のため、下半身はそれほど目立たないでしょう。

ダイエットしても華奢に見えにくい

バストやヒップにボリュームのある体型のため、ダイエットをしても女性らしいシルエットは失われにくいでしょう。しかし、華奢には見えにくい傾向があります。また、足首などの関節が引き締まっているため、中身が詰まったような体型に見えやすいのも特徴です。

骨格ストレートにおすすめのダイエット法

骨格ストレートの人におすすめのダイエット法をご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね!

筋トレ

筋肉が付きやすい骨格ストレートは、筋トレをやりすぎると体の厚みが増してしまうので、適度に行うことが大切。体幹を鍛えながらウエストをしっかりと引き締めることで、バストやヒップのボリュームを活かしたボディラインを作りましょう!

プランク

1.腕立て伏せの状態になり、両腕を肘まで床に付ける。
2.両腕とつま先以外を床から浮かせ、頭からつま先まで直線になるように姿勢をキープする。

正しい姿勢をキープするのがポイント。体幹を鍛えることができますよ!

ドローイン

1.仰向けになり、両膝を立てる。
2.ゆっくりと息を吐きながら、お腹をへこませる。
3.お腹をへこませた状態で浅い呼吸を繰り返す。

お腹をへこませた状態をキープすることがポイント。立ったままでもできるのでおすすめですよ!

スクワット

1.立ったまま両足を肩幅に開く。
2.膝が90度くらいになるようゆっくりと腰を落とす。
3.ゆっくりと元の姿勢に戻る。

スクワットは大きな筋肉を鍛えられるため、基礎代謝アップにつながり、ダイエット効果が期待できますよ!また、骨格ストレートの人は元々ヒップの位置が高いことを活かして、キュッと上がったヒップラインを目指せます。

ヒップリフト

1.仰向けの状態で膝を90度に曲げる。
2.肩から膝が直線になるように腰を持ち上げる
3.お尻に力を入れ、3秒ほどキープしたらゆっくりと元に戻る。

骨格ストレートの人は太ると腰回りが目立つ傾向があるので、腰回りを鍛えられるヒップリフトはおすすめです!

ウエストひねり

1.両膝を曲げて座り、床から足を浮かせる。
2.状態をキープしたまま、手を床につけるように左右に動かす。

簡単にできますがしっかりとお腹に効く筋トレです。腹筋を意識して行うと良いでしょう。

有酸素運動

骨格ストレートの人は、筋トレと一緒に有酸素運動をするのがおすすめ。有酸素運動をすることで脂肪燃焼が期待できますよ。

骨格ストレートの人におすすめの主な有酸素運動

・ウォーキング
・ジョギング
・サイクリング
・水泳
・縄跳び

ほかにも、自宅で行える有酸素運動として、エクササイズ動画を見ながら運動をするのもおすすめ。例えば、10分間だけのダンス動画などは、今まで運動をしていなかった人でも始めやすいですよ。
また、運動する時間がないという人には、足の上げ下げや寝たまま自転車をこぐ動作、ステップ運動なども簡単なのでおすすめです。無理のない範囲で行っていきましょう。

食事内容

骨格ストレートの人は筋肉が付きやすい分、代謝も良いので、食事内容を改善するだけでもダイエット効果が期待できます。なかでもタンパク質は、筋トレの効果を高めるためにおすすめです。豚肉、鶏むね肉、豆類、豆腐、卵などに多く含まれていますよ。
注意したいのは、過度な食事制限。筋肉量が減り基礎代謝が落ちることで、結果的に太りやすい体になってしまいます。食事の際は、野菜や炭水化物もバランスよく摂ることが大切です。

骨格ストレート必見!ダイエットのコツや注意点

より効果的なシェイプアップのための、ダイエットのコツや注意点をご紹介します。

筋トレ×有酸素運動を一緒に行うのがおすすめ

効果的にダイエットをするためには、筋トレと有酸素運動をバランスよく取り入れるのがおすすめです。骨格ストレートは筋肉が付きやすい体型のため、筋トレをし過ぎると筋肉太りをしてしまう可能性があります。そのため、適度に筋トレをしながら、有酸素運動で脂肪を燃焼させることを意識していきましょう!

姿勢を意識するとなおよし!

骨格ストレートの体型は、横から見ると体に厚みがあるのが特徴です。そのため、猫背などの悪い姿勢が習慣化していると、余計に太って見えやすくなってしまいます。普段から良い姿勢を意識しておくと、ダイエットの効果がわかりやすいでしょう。

まとめ

骨格ストレートの特徴や、ぴったりのダイエット法についてご紹介しました。骨格ストレートの人はヒップの位置が高く、メリハリのあるボディが特徴的。効果的な方法で筋トレや運動をすれば更なるスタイルアップが目指せますよ。骨格タイプに合うダイエット法で、理想のボディになりましょう!

広島県在住。 東京から移住し、最近の言葉で言うところの「スローライフ」をのんびり送っています。 ヨガは日々の習慣になっていて、特に呼吸法(プラーナーヤマ)を意識・大切にし体を動かしています。 YOGAHACKを通してヨガの楽しさ・魅力が伝えられればと思います。