歌手IU(アイユー)ダイエットとは?やり方は?リバウンドしない方法や注意点も徹底解説

美ボディで知られる韓国の有名歌手・女優のIU(アイユー)が行った、短い期間で減量できると話題のIUダイエット。かなりハードなダイエット法なので、続けられるか不安と感じる方や、リバウンドを気にする方も多くいるのではないでしょうか。今回の記事では、できるだけリバウンドせずにIUダイエットを行う方法や、IUダイエットの注意点について解説していきます。美ボディを目指したい方必見ですよ!

IUダイエットって?

IU(アイユー)ダイエットは、韓国で知らない人はいないほど有名な歌手・女優であるIU(アイユー)が行ったダイエット法です。撮影のために短期間で体重を落とす必要があり、実践したそう。

1993年生まれで「国民の妹」の愛称でも親しまれているIUは、デビュー当時は健康的な体型でしたが、ダイエット後は161cm44kgとかなりのやせ型になりました。BMIは17以下とモデル体重で、華奢で可愛らしさを感じる体型です。

彼女がIUダイエットを実施したのは、20代前半。食事制限と運動を組み合わせ、短期間で効率良く体重を落とせるダイエット法ではありますが、実は後に本人がこのダイエット法を否定しているとか。

かなりきつめの食事制限をする方法なので、「今ではこんなダイエット法はしない」とコメントしているほどなんです。

とはいえ、食事制限や運動の仕方はとても参考になるので、IUダイエットを上手く取り入れながら憧れの体型を目指せるといいですね。

IUダイエットのやり方をチェック

ここからは、食事制限の内容などIUダイエットの詳しいやり方を見ていきます。

基本の食事制限

朝ごはんにリンゴ1個、昼ごはんサツマイモ1個、夜ごはんはプロテインシェイク1杯というのが、IUダイエットの基本の食事制限です。1日分の摂取カロリーは約500kcalと、日本人の1日の栄養摂取基準に比べて4分の1以下となっており、かなりストイックな食事制限といえるでしょう。

サツマイモは200g程度のものを選びます。スーパーなどで売っている焼き芋を買ってくるのも良いですが、サツマイモを切ってレンジでチンすると簡単です。

プロテインはダイエットに適した大豆を含む、ソイプロテインを選ぶといいでしょう。水に溶かす必要があるので、プロテインシェイカーがあると手軽です。

たっぷり飲み物を摂取

1日2~3L、つまり2Lのペットボトル1本から1.5本分の水を飲むこともIUダイエットの基本です。水をたくさん摂取すると新陳代謝が上がって脂肪の燃焼を促進したり、老廃物を体外に出したりする効果があるといいます。意識しないと飲めない量ですから、こまめに水分を摂ることがポイントです。

水は常温か白湯程度の冷たくない温度のものがベター。水の代わりにノンカフェインのお茶を飲むのも良いでしょう。コーヒーなどカフェインの入った飲み物は、1日3~4杯までとします。

寝る直前にたくさん水分を摂ってしまうと、代謝に影響が出てむくみの原因となってしまうことがあるので、注意してください。

適度な運動をプラス

運動の内容に決まりはありませんが、食事制限に適度な運動をプラスすることで、よりダイエットの効果が出やすくなります。食べる量が少ない分、激しい運動をしてしまうと逆にエネルギーを消費しすぎてしまうので、短時間のウォーキングやストレッチなど軽い運動をするのが好ましいでしょう。

日常的に筋トレをしている方はいつも通りで構いませんが、無理にたくさん運動する必要はありません。

サツマイモやリンゴの代用は可能?

厳しい食事制限のIUダイエット。サツマイモやリンゴの代わりに別の食品が食べられると、少しハードルが下がりますよね!ここでは代用可能な食品についてご紹介します。

サツマイモの代用品

バナナなら2本分、納豆ご飯なら1杯分をサツマイモの代わりにできます。

サツマイモは調理しないと食べられませんが、バナナはむけば食べられるため、何も作りたくないという方にもおすすめの食品。栄養豊富でお腹にもたまります。

あまり甘いものが得意ではないという方には、納豆ご飯がぴったり。カロリーは若干高くなりますが、タンパク質・脂質・炭水化物、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取できるので、より健康的にダイエットできますよ。

リンゴの代用品

リンゴの代わりには、ビタミンCや葉酸といった栄養素が豊富で、リンゴよりも食物繊維の多いキウイや、強い抗酸化作用を持つβ-クリプトキサンチン、免疫力を高めるβカロテンを含むミカンがおすすめ。

リンゴと置き換える場合、キウイなら3個、ミカンなら4個程度が目安です。そのまま食べるのはもちろん、これらの果物を使ったスムージーにすると摂取しやすくなります。日によって食べるものを変えることで、飽きずにダイエットを続けましょう。

IUダイエットのリバウンドを防ぐには?

食事制限の厳しさに、リバウンドしてしまうことも多いIUダイエット。「せっかく苦労して減らした体重がすぐ元に戻ってしまった…」なんてことにならないためにはどうすればいいのか、具体的に見ていきます。

回復食を取り入れる

食事制限を終えた後、いきなりいつも通りの食事をしてしまうと、栄養吸収率が高くなりリバウンドの原因になってしまいます。さらには胃腸に負担がかかり、腹痛や胃痛につながってしまうことも。

そんな時に取り入れたいのが回復食です。回復食とは、胃腸に負担をかけない食事のこと。基本の食事制限のみで行うIUダイエットの場合、特にビタミンやミネラルが不足するので、それらを多く含む野菜を中心としたメニューにします。その後炭水化物の量はキープしながら、ゆで卵やサラダチキンなどのタンパク質を摂ってください。3日以上かけて、徐々に回復食から通常の食事にしていきましょう。

IUダイエット後も塩分と糖分を摂りすぎない

IUダイエットにより排出された水分が食事の塩分や糖分によってまた蓄えられ、体重が元に戻ってしまう恐れがあります。ダイエット期間を通して食材のシンプルな味に慣れているため、ダイエット後も薄味を心がけたり、甘いジュースを飲まなかったりするのもそこまで苦ではないはず。継続して塩分と糖分を控えることは、体重キープの大きなポイントです。

IUダイエットを行う際の注意点

最後に、IUダイエットにおける注意点をお伝えします。

無理はしないこと!

ダイエットに無理は禁物です。特にIUダイエットは食事制限がきつめなので、より大きな効果を得たいがために運動をしすぎたり、あまり体調が良くないのにダイエットを開始したりしてしまうと、かえって体に負担を与え逆効果になってしまいます。体調と相談しながら行いましょう。

睡眠時間をしっかり確保すること!

睡眠不足でカロリーを大幅に減らしてしまうと、疲れやすいだけでなく、体調の悪化につながることもあります。最低でも6~8時間程度睡眠時間を確保できるスケジュールにしましょう。早く寝てしまえば、空腹に耐える時間も少なくなりますよ。

1週間以内に終えること!

ミネラルなどが欠乏してしまう恐れがあるため、1週間以上IUダイエットを続けるのは止めてください。脂肪を落とすというよりも、水分や老廃物が排出されることにより体重を減らすダイエット方法なので、効果が出やすいのは5日間程度といわれており、3~4日間で終わらせる方も多いようです。長期間続けるメリットはないどころか危険なので、必ず1週間以内で終えましょう。

生理後に実施するのがおすすめ

生理前や生理中は食欲が増す場合も多く、食事制限が生理の周期を乱してしまう恐れもあります。ですから、女性の方は生理が終わってから1週間程度でIUダイエットを実践するのが好ましいでしょう。

まとめ

少し見た目をスッキリとさせたい方にぴったりのIUダイエット。そのまま実践するのは難しくても、代用品やリバウンド防止の回復食などを取り入れれば手軽に試せそうですね。あくまでも無理はせず、体調を一番に考えながら、短期間で美ボディを手に入れてみませんか?

広島県在住。 東京から移住し、最近の言葉で言うところの「スローライフ」をのんびり送っています。 ヨガは日々の習慣になっていて、特に呼吸法(プラーナーヤマ)を意識・大切にし体を動かしています。 YOGAHACKを通してヨガの楽しさ・魅力が伝えられればと思います。