ヨガって本当に痩せる?気をつけないと逆に太ることも…ダイエットのためのヨガのやり方

ダイエットにヨガを選ぶ人も最近は多いと思います。オンラインヨガなどもあり、自宅でも手軽に始められるヨガですが、ダイエットとして成功させるためには、いくつか気をつけるポイントがあります。実はヨガを始めて太ってしまうケースもあるのです。今回は痩せるためのヨガのやり方をご紹介します!

ヨガって本当に痩せるの?ヨガで痩せる理由

結論から言うと、ヨガで痩せることは可能です。
ポイントを押さえて行うことで、ヨガはダイエットに適した運動とも言えるのです。
ゆったりと動くヨガがなぜダイエットにつながるのか、理由をご紹介します。

代謝が上がる

ヨガではインナーマッスルを鍛えることができ、筋肉量が増えて身体に熱が作られます。
そして全身をくまなくストレッチすることで血行促進し、これらの理由から代謝がアップします。
つまり、痩せやすい身体に変化できるのです♪

ヨガは深い呼吸とともにゆっくりと動きます。負荷の少ないポーズをキープして、じっくりと耐えるヨガは、筋肉量が少ない女性でも続けられて、筋肉を鍛えられるエクササイズ。
筋肉が少ない人は筋トレなどの負荷の大きいエクササイズは、筋肉痛や疲労など負担が大きく続けられないことも多いものです。

ヨガは筋肉が少ない人や運動不足の人でも、筋トレ効果を得られるエクササイズなのです。

安眠効果

「ヨガのレッスンをした日はよく眠れます」というのはヨガの生徒さんからよく聞く感想です。
ヨガのレッスンは深い呼吸を促しながら身体をストレッチし、心身ともにリラックスさせてくれます。
これは自律神経を整えて副交感神経を優位にする効果があるからです。
そして運動後の心地いい疲労も加わって、ヨガをすると安眠効果が得られるのです。

ぐっすり眠ることはダイエットにも欠かせません。
睡眠が足りないとホルモンバランスが崩れ、甘いものや脂っこいものを食べたくなってしまい、体重増加につながると言われています。

ぐっすり眠ることはダイエットにも大切なのですね。

暴飲暴食を防げる

暴飲暴食の大きな原因は、ストレスによるものです。ストレスでイライラしたり、ストレスによってホルモンバランスが崩れてカロリーの高いものを食べたくなったりしてしまいます。
ヨガは心と身体をリラックスさせて、ストレス解消にも効果がみられるもの。
ヨガで自分の呼吸や身体と向き合う時間を作ることで、日々の悩みを一時的に頭の中から追い出し、リフレッシュさせてくれます。

再び悩みと向き合う時にも、客観性を持てるようになり、心を落ち着つかせて色々なことに対処できるようになるのです。

ヨガで逆に太る事も!?ヨガで痩せる為に気をつけたいポイント4つ

「ヨガで逆に体重が増えたんだけど…」なんて人も中にはいるかも知れません。
ヨガはダイエットに適しているとは言いましたが、ポイントを押さえないと逆に太ってしまうこともあるのです。

ヨガで痩せるために気をつけたいポイントをご紹介します!

水分補給のチョイス

甘い飲み物が好きな方は要注意です!

運動量の多い動的ヨガやホットヨガなどを受けると、レッスン後の冷たい飲み物がいつもよりも美味しく感じますよね。

でもそこは糖分なしのドリンクにしましょう。
甘いジュースや甘い炭酸飲料、スポーツドリンクに入っている糖分はかなりのものです。
それをゴクゴク飲んでしまうと、せっかく運動をしても太ってしまう可能性も。

ドリンクはお茶やお水など、糖分のないものにしましょう。

カロリーオフ・カロリーゼロと書いている飲料でも糖質ゼロという訳ではないので要注意。基本的には、ダイエット中は甘くない飲み物を飲んでください。

レッスン後の食事

ヨガのレッスン後の食事も、食べ過ぎないように注意が必要です。

ヨガで適度な運動をすると、普段よりご飯が美味しく感じるものです。
ヨガは暴飲暴食の予防にはなりますが、普段運動をしていない人なら身体を動かしたことにより、いつもより食欲が旺盛になることはあるでしょう。
健康的で良いのですが、食べ過ぎてしまっては逆に太ってしまいます。

腹八分目に止めるようにして、バランスの良い食事をとりましょう。

運動量

ヨガは痩せると言っても、運動量の少ないヨガではなかなか効果は得られません。

クラスのレベルやヨガの種類、インストラクターにもよりますが、そこそこ運動量がないとヨガで痩せるのは難しいでしょう。
ダイエットに適した運動量に関しては、それぞれの運動歴にもよるので個人差があります。
ですが「全身をよく動かして疲れた〜」という感覚が得られるクラスじゃないと、ダイエット効果は得られないでしょう。

程よく汗をかき、次の日に少し筋肉痛になるくらいがちょうどいいと思います。

筋肉太りも?

筋肉がつきやすい人や、筋肉が疲労してこり固まってしまうと、筋肉太りも起こります。
特に太ももやウエスト、二の腕などは筋肉がパンパンに張ってしまい、筋肉太りすることもあるのです。

身体の柔軟性が低い人はこの傾向が多いです。

筋肉太りが気になる人は、ヨガのレッスン中によく筋肉を伸ばすことを意識した方がいいでしょう。
無理な筋肉の使い方をしても、疲労や筋肉太りは起こってしまうので、アーサナはインストラクターの指導の元に正しく行いましょう。

ダイエットにオススメなヨガの種類と頻度

ダイエットにオススメな運動量の高いヨガは、アシュタンガヨガ、ヴィンヤサヨガ、パワーヨガなど。
どれもダイエットのためには最低でも週1回は必要です。

アシュタンガ 運動量の多いヨガとして有名なアシュタンガヨガ。ポーズの順番がきまっており、胸式呼吸で行います。体をたくさん動かしたい人にオススメの動的ヨガです。
ヴィンヤサ 太陽礼拝をベースに呼吸と動きを連動させ、流れるように動くヴィンヤサヨガ。アシュタンガヨガから生まれたヨガでシークエンスの自由度が高く、運動量の多いヨガです。
パワーヨガ アシュタンガヨガをベースにして、現代風にアレンジしたアメリカ発祥のパワーヨガ。筋トレ要素が強くエネルギッシュなヨガで、男性にもオススメです。

それぞれ受けられるオンラインヨガもまとめてみました。

ヨガの種類 オンラインで受けられるレッスン おすすめ頻度
アシュタンガ  アンダーザライトヨガスクール  週2回以上
ヴィンヤサ  アンダーザライトヨガスクール、ソエル  週2回以上
パワーヨガ  ソエル  週2回以上

アンダーザライトヨガスクールのオンラインレッスンはこちら

ソエルのオンラインレッスンはこちら


ヨガで健康的に痩せよう!

ヨガは自宅でもできる健康的なダイエット法!
オンラインヨガも今は豊富なので、自分のスケジュールに合わせてできるから嬉しいですね。
コロナ太りはヨガで撃退しましょう!

ダンサーの傍らヨガインストラクターをしている。 10年以上の海外生活の後、今は東京在住。ニューヨークに長く住み、RYT200を取得。
ヨガは習ったのも教えたのも英語の方が長いため、英語で教える方が得意。
ヴィンヤサパワーヨガなどを教える。