SNSで話題の裸ヨガ「Naked Yoga(ネイキッド・ヨガ)」とは?トライしたくなる4つの理由

裸でヨガ... Naked Yoga(ネイキッドヨガ)なんてありえない!と思いますよね。私もこのタイプのヨガがあると知ったときには驚きました。しかし徐々にこのネイキッドヨガに隠されたコンセプトを理解していくと、ネイキッドヨガは現代のある1つの問題を解決してくれるのではないかと思うようになりました。今回は、ネイキッドヨガの基本情報やメリットを中心にお届けしていきます!

今話題のネイキッド・ヨガとは?

Naked Yoga(ネイキッドヨガ)とは、その名の通り裸でヨガを行うことです。ヨガのメリットである、ストレスの軽減・エネルギーの増加・スタミナ、柔軟性、呼吸、心臓血管、内分泌、脳の機能の改善といったよく知られている生理学的利点に加えて、裸になることで自己受容・感謝・自己実現の向上を経験することができます。ヨガ+裸を組み合わせることによって、精神的に健康な状態を作り肉体的な健康も同時に促進させる効果が期待できます。

ヨガ発祥地であるインドでは、古くからヨガは裸で行われてきました。裸でヨガをすることで精神統一できるというメリットの他にも、自分のボディを価値あるものとして受け入れることができるのです。

ネイキッドヨガをすることで、自由の抑制・他者の意見や他者からのジャッジ・体に対する恥などからもフリーになる体験ができるのです。そんなネイキッドヨガのメリットをもっと具体的に見ていきましょう!

1. 自分の体に自信を持つことを助ける

ネイキッドヨガは、ありのままの自分の姿をさらけ出しながら様々なヨガポーズにチャレンジをすることで、自分の体型と能力に誇りと喜びを持つことをサポートします。そして、あなたが自分の体に感じている欠点に対してそれは欠点ではないのだということを教えてくれます。

欠点であると感じる主な原因は「他者からの評価」が関係しています。相手が自分をどう判断するかを気にすることで、相手に愛されるためにはどうすればいいのかなどを意識します。自分の性格や見た目などが、自分の評価基準ではなく相手の基準とは合わないと感じる場合に、例えそれが優れていることであったとしても欠点であるとみなしてしまいます。

他者からの評価はこの社会で生きる限りあなたに付き纏いますが、他者からの評価を振り切って自分の評価基準をベースに物事を判断する能力は、訓練を積み重ねることで身につけることができます。自分の評価基準で判断することができると、自分の持っている力の方によりフォーカスすることができるでしょう。

ネイキッドヨガをすることで、自分の体に対する評価を自分でくだす習慣を作ることができます。ヨガの動きをすることで自分のコントロールのままに動く体に誇りを持ちます。また裸になってヨガの動きを行うため、さらに自分の体を自分の力だけでコントロールしているという感覚を得ることができるのです。

ネイキッドヨガは自分の体を高く評価し、過去に持っていた自分の体への恥ずかしいイメージは自身の心から来ているものではなく社会的な評価によって生じているものだと理解することを助けます。ネイキッドヨガは、他者からの評価の柵から解放されたいと願う全ての人におすすめできるヨガなのです。

自分の体にコンプレックスを持つ現代人が多い

特に20代の若い女性の間では摂食障害の傾向が急速に高まっています。この傾向はテレビやソーシャルメディアが提示する「美しさの理想」がもたらしているのが明らかです。

2019年の米国国立保健研究所の研究によると、女性が摂食障害になる原因として、SNS利用率と達成したい体型のゴールを保持しているかどうかが関係していることがわかりました。偏ったボディイメージが称賛される社会では、自分のありのままの体型を受け入れことが難しい状態となっているのです。

相手のスタイルに対して肯定的なことを言ったつもりであっても、それは相手に対して特定のイメージを与えることにつながります。特定のイメージは「あなたがこうだから認める」「こうするべきである」と言った思いを相手に与えてしまい、気づかないうちに相手にプレッシャーを与えてしまっているかもしれません。体について何かしら言及することはこういったリスクを伴うのです。

こうした社会問題を考えると、自分自身の体を誇らしく思えるかどうかが、他者による体の評価よりも大切であると言えるでしょう。自分の体に自信を持たせてくれるネイキッドヨガは今後さらに推奨されるべきでしょう。

2. 世界をより平和な場所にする

裸になってヨガをすることで、自分を愛すること・自分を尊重することを学ぶのと同時に、自分への批判やマイナスな感情が解放されます。肉体と精神が一体となって癒されて、あなたが本来持っているポジティブな活力を取り戻すのです。負の感情が解放されることで、あなたは他者にも優しさを与えることができます。他の人に優しさを与えるとまたそれが巡り巡ってあなたのもとに返ってきます。そうです、ネイキッドヨガが世界をより平和な場所にするのです!以下で詳しくご説明しましょう。

自己愛が高まることで相手に優しくなれる

「相手を愛する前にまず自分を愛す」という教えがあるのはご存知でしょうか。もし自分で自分を愛せない場合、その満たせない部分を相手に埋めてもらおうと無意識に求めてしまいます。それが叶わないと相手を責めたり否定したりして、相手との関係が悪くなってしまいます。ネイキッドヨガを通して自分を愛することで、自然と相手にも優しさを与えることができます。

また、自己愛が高まって相手に優しくなることで、あなたは与えた分の愛を受けることができます。1852年〜1940年に活躍した詩人であるエドウィン・マークハムの言葉の中に「人の人生に与えたものがそのまま自分の人生に戻ってきます。」というのがあります。自己愛が高まって相手に優しさを与えると、その愛が自分のもとに戻ってくるだけでなくもっと多くの愛が加えられるようになるのです。素晴らしいものがあなたに近寄ると、それは磁石のように他の素晴らしいものも引き寄せます。反対に、何かがうまくいかないと次々とありとあらゆるものが上手くいかなくなるのはこの法則が関係しています。

ネイキッドヨガを通して、平和のきっかけを作る「自己愛」を高めて肯定的な出来事や素晴らしい出来事、多くの愛と望ましいものを引き寄せましょう!

広い視野を持つ・異なった価値観を受け入れることができる

フロリダの大学での研究では、参加者384人のうちヌードに賛成している学生はアンチヌードである学生よりも、他の宗教的信念や性的指向を大幅に受け入れていると結論付けています。ヌード賛成の学生はまた、民族的に異なる人々に対する偏見のレベルが少ないこともわかっています。

お互いに柵のない状態で向き合うということは、互いに相手に対して特定の固定観念を持たずに頭を真っ白にして関係を進めていくということです。固定観念は考えを省略する一つの道でもありますが、時には真実を覆い被せてしまい、人同士の関わりを悪化させる原因にもなります。

自分の全てをオープンにさらけ出し一定の固定観念を持たずに真っ白な状態で相手と向き合うことが、相手を真の意味で受け入れることに繋がるのではないでしょうか。

3. 衣類で動きが制御されることがない

快適なスポーツブラや伸縮性のあるレギンスであっても、裸である解放感にはかないません。衣服からの制限を取り除くことで、より大きな自由・自信を表現することができます。下がってきたレギンスを上にあげる行為やシャツを整えることを必要としないため、意識があらゆる方向に飛ばずに、本来集中すべき呼吸法と動きだけに集中できるのも特徴!

また、裸であることでポーズの繊細なチェックを行うことも可能です。ポーズからポーズへの移動の際に体を見たり感じたりすることで身体への感謝の気持ちも高まります。精神と体の繋がりを感じるという点でもネイキッドヨガは優れているのです。

衣服が社会で果たしてきた役割を考えてみると服装などからその人の特徴を判断したり、特定の服を着ることで「一体感」や「団結」が強調されてきたのではないでしょうか。ヨガの原則である、平和・思いやり・精神を持つもの全ての生き物の共通性という部分を考えると、ヨガの原則にはあまりふさわしくない効果を衣服は持っていることがわかります。

4. インスタグラムでの写真投稿も激アツ!

匿名の女性がネイキッドヨガをする姿がポストされたアカウント「Nude Yoga Girl」は、2015年11月にアカウントを始めてから、今や世界中からのフォロワーが100万人以上を突破するほどの大人気アカウントに!

裸になってヨガをするというコンセプトのもとに始めたアカウント。そのきっかけはほんの一瞬の出来事だったと語るのは、このアカウントを運営するある1人の女性。ボーイフレンドに写真を撮ってもらい実際に見てみると、そこに写るのはヌードであっても芸術的な姿であると気づいたのが始まりだったそうです。

写真撮影はいったいどのように行われているの?と気になった方もいるでしょう。写真撮影はオンラインでポーズを探したり、ときには何も考えずにその時の流れでポーズを決めるとのこと。ポーズが定まりしだいボーイフレンドに写真を撮ってもらうそうです。「始めは白黒カラー+スタジオ撮影の写真を投稿をしていましたが、その1年後にはカラー写真+外で行う撮影写真の挑戦も始めました!」と語る彼女。今後の新たな挑戦にも期待できそうです。

彼女が作った「#NYGYoga」というハッシュタグを見ると、世界中の女性が自分自身のネイキッドヨガの写真をシェアしているのがわかります。セルフラブやボディポジティビティの重要性を認識している人が増加してきている証拠でもあります。「Nude Yoga Girl」のアカウントも含め、ネイキッドヨガのポストは、多くの女性に自分のありのままの体を愛する大切さを伝えているのです。

ネイキッドヨガを開催しているスタジオ

https://www.nakedinmotion.com/

NY発「Naked in Motion」ではネイキッドヨガのクラスを受講することができます。こちらのスタジオでは人種や性別などを超え、多くのヨギーニたちが解放された空間でのヨガに参加しています。

ネイキッドヨガをする上で大切な取り決めがあるそうで、携帯の持ち込みは一切禁止、他人に触らない、ヨガ終了後にストーカー行為をしない、他人の体に対して褒めたりけなしたりしないことなど、同意書にサインをしてからクラスが始まります。始めは周りの視線を気にしていた人も、レッスンを進めていくうちにポーズと呼吸法に集中し始め、レッスンが終わる頃には裸でいることに開放感すら感じるとのこと!

オンラインでのクラスも開講しています。一定の金額を寄付して(5ドル)、ライブストリーミングヨガに参加しましょう。オンラインクラスでは、裸の講師にヨガを指導してもらいます。ライブストリーミングのカメラにあなたの裸が映ることはないため、ネイキッドヨガに参加する準備ができていない人のための準備段階にもなります。

オンラインでのヨガはどんな感じなのかを体験したい方は、Naked in Motionの無料Youtube動画をお試しください(ネイキッドヨガではないです)。

「Naked in Motion」公式サイト

ネイキッド・ヨガは現代の問題を捉えたポジティブなヨガ!

「自分の体を愛して!」というメッセージ性の強いネイキッドヨガ。始めは少し抵抗のあった私ですが、コンセプトを理解していくうちに1日の数時間は裸になってヨガをする習慣をつくることも良いなと思えました。

相手をジャッジする行動は時に相手を傷つけるのにもかかわらず、それは無意識に人に向けられ続けています。現代ではインスタグラムなどのSNSでシェアされる写真から、数多くの人が「こうあるべきである」ともいった評価基準のもとに生活をせざるを得ない状況にいます。他者によるジャッジからは無縁であるネイキッドヨガを通して本来の姿と向き合うことで、自分の体をさらに愛することができるのではないでしょうか。

まだまだ少ないネイキッドヨガのクラスですが、環境が整えば自宅でもできるヨガなので、ぜひ挑戦して他者からの評価からではなく自分の評価基準で体を愛してあげてくださいね!

Z世代、ハワイアンダンス、ヨガ、国際コミュニケーション学部専攻(卒)元オーストラリア留学生。「誰もが生きやすい世界」をコンセプトに世界各地のカルチャー、社会問題×ライフスタイル、メンタルヘルス×ヨガなどを中心にお届けします!
https://www.instagram.com/chocoray_/