春先の紫外線こそ注意が必要な理由とは?正しい紫外線対策4選を今日から開始!

気温が低い日が続くとつい忘れてしまいますが、実は3月頃から女性の大敵紫外線は強くなると言われています。将来「あの時やっておけば良かった…」と後悔しないためにも日頃のケアが肝心。今回は、春先から始めたい紫外線ケアについてご紹介します。

紫外線から身体を守る

美肌の大敵「紫外線」

「紫外線」は美肌の大敵。けれど、実際はどんなものかしっかりと理解していないという方も多いかもしれません。「紫外線」とは、地球に到達する太陽光線のうち波長が短くエネルギーの高い光のこと。

よく日焼け止めのパッケージに書かれている「UV」というのは紫外線を英語で言ったultravioletの略で、紫外線にはUVーA波、UV-B波、UV-C波の3種類に分けられます。そのうちA、B波が地球に届いていると言われています。

UVーB波は、皮膚の表面に届き、皮膚や眼に有害な紫外線です。日焼けや皮膚がんの原因になります。UVーA波は、長時間浴びた場合はB波と同じように、細胞を傷つけるため、同様の健康被害の原因なると言われています。窓ガラスや雲を通過して皮膚の奥深くまで届くと言われていて、しわやたるみなどの肌の老化を引き起こす原因にも。

ただし、紫外線はデメリットだけでなくメリットも。カルシウムを強くするために必要と言われるビタミンDを生成する働きや、アトピー性皮膚炎など治りづらい皮膚病の治療には効果的との研究もあるんですよ。

紫外線のデメリット 紫外線のメリット
  • 日焼け
  • 肌の劣化、老化に繋がる(シミ、しわ、皮膚の良性・悪性の腫瘍など)
  • 眼への影響(角膜炎や白内障など)
  • ビタミンDの生成
  • 光線療法(皮膚科などではアトピー性皮膚炎などの治療法として、UVーB波の一部の波長が治療として使われています。)

オゾン層の破壊が紫外線量を増やしている

地球はもともと紫外線を防いでくれる「オゾン層」があります。有害な紫外線の多くは、オゾン層で吸収され届かないと言われていますが、人口増加や地球の環境問題の影響を受け「オゾン層破壊」が深刻化に。そのため地表に届く紫外線の量が年々増加傾向に。

冷蔵庫やエアコンなどに使用されているフロンガスがオゾン層を破壊する原因と言われています。

春先の紫外線に注意が必要な理由

一年の中でも紫外線が強いのは4月〜9月頃。日焼けと言えば暑い「夏」と思いがちですが、3月から急激に紫外線は上昇します。得に長い冬が開けて紫外線に慣れていない肌はダメージが受けやすいため、春先は注意が必要と言えます。

今から始めたい!「春」の紫外線対策

1.日焼け止め

紫外線対策と言えば最初に思い浮かぶのが「日焼け止め」。曇っている日や室内にいる日も日焼け止めは毎日塗るようにしましょう。先述した通り、紫外線は雲や窓ガラスを通って私たちの肌や眼に影響を与えます。

選び方

紫外線から肌を守る基準が「SPF」と「PA」です。「SPF」はUVーB波を防ぐ効果を、「PA」はUVーA波を防ぐ効果を示します。

外に長時間いることが想定される時、また海や山などのレジャーにはSPF、PA共に高い数値のものをおすすめ。ちょっとしたお買い物や室内にいることが多い時などは、数値が低いものを選ぶようにしましょう。

普段から数値の高いものを選ぶことは紫外線からお肌を守るのに効果的ではありますが、肌の弱い方はそれなりに負担も強いため、数値の高いものを選ぶよりも低いものをこまめに塗ることがおすすめ。

https://www.hana-organic.jp/

価格・1,480円(税込み)

Hana Organic 体験7日間トライアルセット

敏感肌の方から強い支持のあるスキンケアブランド「Hana Organic」。こちらのUVは、紫外線はもちろん大気汚染やブルーライトなどお肌を外的ダメージから守ってくれると評判。UV乳液を含む、クレイ洗顔、化粧水、美容液、美容乳液がセットになった「体験7日間トライアルセット」で、効果を実感してみてはいかがでしょうか。

日焼け止めの上手な塗り方

部位 塗り方
  1. 手のひらに一円玉くらいの量をとってむらなく伸ばす。
  2. 同じ量をもう一度つける。
身体 適量を手のひらを使って、まんべんなく円を描くように塗っていく。
  • 量が少ないと効果が低くなります。
  • 塗りムラ、塗り忘れのないようにしましょう。
  • 汗をかいたりした後は、付け直しましょう。
  • 2−3時間起きに塗るのがベスト

2.日傘

ここ数年夏の間、街中では男性も使用していることが目撃されるようになった「日傘」。日傘は、紫外線対策効果以外にも、暑さ凌ぎやファッションの一部として取り入れることができます。

日傘の選び方

紫外線対策のためには、日傘は「黒」がおすすめです。白色は紫外線を反射するのに対し、黒色は紫外線を吸収する言われているから。ただし、日傘にはUVカットが表面に塗られてあるので、使い始めはどちらの色の日傘でも紫外線カットの効果は変わらないと考えられます。注意が必要なのは、UVカット加工の持ちは平均で2−3年と言われています。また使用頻度や保管方法によっても差が出てくるため、使用後は半開きで乾かす、高温の場所で保管しないなどケアを怠らないようにしましょう。

 

価格・13,750円(税込み)

100%完全遮光 晴雨兼用 涼感 コンビ ラージサイズ プレーン

メディアで取り上げられて以来、人気の「Rose Blank」の100%完全遮光シリーズは日傘としてだけでなく、雨の日も使用できる兼用傘です。深刻な日光アレルギーなどを持つ方からも支持されているブランド。

3.ビタミンC

美白のために取りたい栄養素「ビタミンC」。ビタミンCは、生命を維持するのに欠かせない栄養素ですが、体内では作り出せないため、身体の外から摂取するしかありません。

ビタミンCをしっかりと摂取することで、シミやくすみの原因となるメラニンを作らせないように働きかけます。紫外線のダメージから皮膚細胞の遺伝子をガードしてくれ、ニキビ跡などの色素沈着も緩和しれくる効果も。

また、紫外線に弱い肌は水分量が足りていない証拠でもあります。ビタミンCは肌の中で適量の水分をコントロールするセラミドの合成を促してくれ強化します。バリア機能・回復能力も高まり、健康的な肌を保つことが可能になるんです。

その他にも、ビタミンCの適量摂取は、大人ニキビや開いてしまった毛穴を閉じてくれるなどの効果も。

身体の外側からビタミンCを摂取

紫外線や汗・皮脂の影響などが強くなる春先から美肌をキープするためには、肌にしっかり届くビタミンCが必要です。ビタミンCと言えば、食べ物から摂取するというイメージもありますが、実は化粧水、美容液、集中マスクなど身体の外側からも集中的に摂取することができるんです。

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/

価格・1,980円(税込み)

【医薬部外品】トランシーノ薬用クリアウォッシュ 洗顔 100g

美白スキンケアとして人気の高いトランシーノの洗顔「トランシーノ薬用クリアウォッシュ洗顔」は、ビタミンC配合の泡が詰まった角質や毛穴の黒ずみを除去してくれます。優しい洗い上がりで、洗顔後はスーッとした爽快感が人気の秘密。

https://www.beautymall.jp/

価格・10,000円(税込み)

プレミアム「APPSプラスEローション」

美容液のように肌への浸透力の高い化粧水「APPSプラスEローション」。毛穴が引き締まり、肌色がワントーンあがると評判。メディアでは美魔女が使用しているということから、人気に火が付きました。

価格・7,748円(税込み)

アルビオン エクサージュホワイト ホワイトニング VCチャージャー

メラニンの生成をおさえシミやそばかすを防ぎながら、明るい透明感のあるキメ細かい肌へと導びいてくれる集中美容液「アルビオン エクサージュホワイト ホワイトニング CVチャージャー」。ビタミンCたっぷりで、つけた瞬間から肌がトーンアップしてくれます。小分けになっているため使いやすいのもポイント。

身体の中からビタミンCを摂取

ビタミンCといえばフルーツ!特に柑橘類は多くのビタミンCが含まれています。

ビタミンCが豊富なフルーツ

  • みかん
  • グレープフルーツ
  • いちご
  • キウイ
  • ザクロ

また、サプリなどを利用するのも効率的にビタミンCを摂取することができるためおすすめです。 

価格・2,980円(税込み)

【第3類医薬品】シナールEX顆粒

美白やシミ治療に処方されるシナールにビタミンB2誘導体やビタミンEも配合する「シナールEX顆粒」。口の中でさっと溶け、顆粒ですが水なしでも飲むことができます。

4.運動

加齢や紫外線の影響を受けてもシミができない人もいます。実は、筋肉量が多い人ほど美白という研究があるんですよ。

マイオカインという筋肉が分泌する血中に放出される因子があります。そして、筋肉量に影響を与えるマイオカインは6つあり、その中の一つマイオネクチンがメラニン生合成を抑制することがある研究で明らかになっています。また、筋量が多いと、シワ、毛穴の目立ちが少ないという報告も。

まだまだ研究段階ではりますが、年齢に反して若々しく見える人の多くは運動を習慣的にしていて、筋肉量も多いですよね。

もし日焼けをしてしまったら?

日焼け後のアフターケア

ヒリヒリする時

  • 水などで肌を十分に冷やす

  • 石けんや化粧品の使用を控える

  • 日焼けは一種のやけどのため、みがひどい場合は皮膚科を受診する

肌が火照っている・熱を持っている

  • 日焼け後専用の化粧水でケア

日焼けが収まったら

  • 化粧水、乳液、美容液等で保湿

また、紫外線を受けると免疫力や抵抗力が下がります。筆者は、小さい頃日焼けをした次の日には熱が出ていました。栄養バランスのよく取れた食事や、睡眠をしっかりとって休息を心がけましょう。

紫外線対策は入念に

気温があまり高くない春先は紫外線対策がつい油断してしまうがちになります。日焼けは将来シミやそばかすになってしまう可能性も。一度、できてしまったシミやそばかすは中々消すことはできません。数年後、後悔しないためにも日々のケアを入念に。

シンガポール在住8年フリーランスライター・ヨガインストラクター (全米ヨガアライアンスRYT200保持)。
WEBメディアを中心にライフスタイル、トラベル、ヘルスケア、エコについての執筆を手掛けながら、トレンドを取り入れつつそれぞれのニーズに合ったヨガクラスを当地で開催。
東洋と西洋の文化が集まるシンガポールからヨガや健康、ロハスなライフスタイルなど海外のトレンドをお届けします。
https://house-of-emma.com/