海外発の話題の生理用品をご紹介!楽に快適に少しでも気持ちが楽になれる最新アイテム5選

月に一度やってきる生理。生理痛をはじめ、匂いや漏れ、蒸れるなど様々なトラブルを巻き起こし、頭を抱えている女性も多いのではないでしょうか。この期間は憂鬱で外にも出たくない!運動もしたくない!とネガティブになってしまう方も少なくありません。そこで今回は、海外で話題の生理期間中も快適に過ごすためのサポートアイテムをご紹介します。

生理が辛い…

生理痛の原因

  • プロスタグランジンの分泌量が多い
  • 血行不良
  • ストレス
  • 子宮口が狭い

女性の子宮には「子宮内膜」という赤ちゃんを育てるベッドが作られます。妊娠しなかった場合には、はがされて血液と一緒に体の外に出されこれが生理に当たります。

生理期間中の一番のトラブルと言っても過言ではないのが「生理痛」。生理痛の原因は人それぞれ違うと言われていますが、上記にあげた4つがよく考えられる原因です。

プロスタグランジンの分泌量

生理中には「プロスタグランジン」が分泌されます。このプロスタグランジンとは、子宮を収縮させ、はがれ落ちた子宮内膜を血液とともに経血として体の外に押し出す働きをします。このプロスタグランジンの分泌量が多いと子宮が過度に収縮してしまい下腹部や腰の痛みに繋がると言われています。

血行不良

現代人の人に多い理由の一つが血行不良。冷えやデスク仕事などで座りっぱなしの姿勢などを続けることで血流が悪くなってしまうことで、痛みの元となるプロスタグランジンが排出されずに生理痛を生み出してしまうと言われています。

ストレス

ストレスは、ホルモンや自律神経のバランスを崩し、血行を悪くさせます。また、体温調節機能にも影響を与えるので、生理期間中は女性の身体はただでさえ冷えやすいと言われますが更に冷えてしまいます。

子宮口が狭い

若い女性、特に出産未経験の女性によく言われるのが子宮口が狭いということ。子宮の出口が狭いために経血がスムーズにされずに痛みを伴ってしまうと言われています。筆者自身もそうですが、出産を経験した女性は子宮口が広がるため生理痛が軽減されるという方が多いです。

漏れや匂い…生理期間の悩みは生理痛だけじゃない!

生理期間中の悩みは、生理痛以外にも様々な悩みが挙げられるます。現代人は経血量が多い人も少なくなく匂いや漏れなどが気になって、頻繁にトイレに行かなくていけないということもあります。また暑い時期にはムレなどからくる痒みなど肌が弱い方は特に悩みを抱える傾向にあると言えます。

生理の悩みを解決できる?!海外発のおすすめ生理用品

そんな悩みの尽きない生理ですが、海外ではそう言った生理に関する悩みを解決すべきサポートアイテムが数多くあります。たった1週間の生理中ですが、生理期間中もいつもと変わらず快適に過ごしたいという方は是非試してみる価値はあるのではないでしょうか。

エココンシャスな人はみんな使っている「月経カップ」

価格・5,940円(税込み)

ROSE CUP(ローズカップ)

海外のエココンシャス(環境に関心のある人)がみんな使用しているのが「月経カップ」です。月経カップとは、ナプキンやタンポンに替わる生理用品で、生理カップとも呼ばれています。主にアメリカ、イギリス、カナダなどの英語圏で製造・販売されていますが、エコ先進国のオーストラリアやニュージーランドなどでも最近はよく見かけます。鈴の形をしていて、タンポンと同じように膣の中に入れて経血を腟内で貯めます。溜まったら、月経カップを取り出して捨てて、また膣内に入れ繰り返し使用することができます。

タンポンの使用が、TSS(トキシックショック症候群)を招くとして数年前から安全性が疑問視され月経カップに注目が集まるように成りました。

筆者も生理期間中は使用していますが、最大12時間まで膣内に入れておけること、挿入方法を正しく行えば漏れや匂い、ムレなどの心配もないことはとても便利で楽です。また、運動中もずれることないので、布ナプキンなどに比べて使いやすさは格段に月経カップがおすすめです。

海外製の月経カップは海外の女性用のためサイズが合わないという方もいるかもしれませんが、日本製のローズカップは日本女性のためにデザインされているのでおすすめ。

そのまま履ける「Thinx underware (シンクス アンダーウェア)」

https://www.shethinx.com/

価格・39ドル(日本円・4,220円)

Super Hiphugger

ナプキン要らずにショーツ「Thinx(シンクス)」は、生理期間中そのまま履くことができます。「漏れない?」と心配になってしまいますが、ショーツのタイプによっては、タンポン2つ分の吸収力があるためご安心を。筆者は、少ない日はThinxのBoyshortsや生理中のヨガの際は、Training Shorts を着用しています。

生地の構造が、湿気防止、防菌、吸収剤、漏れ防止となっているので安心して使用できます。「月経カップ」同様、ゼロウェストが実践できるためエココンシャスな方に人気の生理用品です。

生理痛が軽減できる?!「Livia (リビア)」

価格・24,999円(税込み)

Livia

生理痛を和らげるために、カイロや腹巻きを使った古典的な方法から眠さを我慢しながら鎮痛剤を服用するという方も多くいるかもしれません。「Livia」は、薬を使わずに辛い生理痛から長時間解放してくれる画期的なアイテム。

生理痛で下腹部などに痛みを感じる際に働くのが感覚神経。感覚神経には痛みを伝える線維と、触圧覚を伝える線維の2種類があると言われていて、どちらもT細胞と呼ばれるゲートを経由しています。伝達速度が早い触圧覚を伝える線維Liviaを使用して刺激を与えるとT細胞ゲートが閉じ、痛みを伝える線維の働きが遮断されるというメカニズムを利用し生理痛の痛みを軽減またはブロックしてくれるのです。 

替え時を教えてくれる「my.Flow (マイ.フロー)」

my.Flow

「my.Flow」は、タンポンの経血吸収量を測定しユーザーに残りの吸収可能量を知らせることのできる生理サポートアイテムです。

プラスチックコードがついたタンポンをBluetooth内蔵のウェアラブル端末に接続し、スマホでタンポンの交換時期が確認できる現代的なアイテムです。

日本語版アプリは無料でダウンロード、使用することができます。

性別に関係なく履けるアンダーウェア「pyramid seven (ピラミッド セブン)」

シカゴ発のアンダーウェア「pyramid seven」は男女問わず履けるデザインで人気のアンダーウェア。毎月の生理と戦っているのは女性やジェンダーレスの方など様々です。誰もがスタイリッシュに履けるボクサータイムのアンダーウェアは、クロッチ部分は一般的な生理用ショーツと同じ仕組みの二重構造になっており、羽付きのナプキンがつけられるようになっています。

pyramid seven

生理痛には軽い運動や瞑想で心身をリラックスさせることも効果的

生理期間中は腰が重くなったり、お腹が痛くなったり、普段とは異なった体調変化に悩まされることも多く運動はお休みするという方も少なく有りません。個人差はありますが「辛いけれど頑張らないと…」という気持ちでの運動は逆に身体にも心にもマイナス。お休みすることもセルフケアの一つです。

それでも、運動をしたいという方は激しい運動は避けてストレッチや軽いヨガなど軽い運動を心がけましょう。また、心のエクササイズでもある瞑想もおすすめです。生理期間中はネガティブな気持ちになってしまうという方も少なくありません。瞑想で心も身体もリフレッシュすることで快適過ごすポイントです。

生理期間中も快適に過ごそう

生理は女性にとって切っても切り離せない現象。辛いこともありますが、生理期間は自分を知ることにも繋がります。生理痛がひどいのは、身体からのSOSがある証拠でもあります。是非、今一度自分の生理と向き合って快適に過ごせすように自分からアクションを起こしてみてはいかがでしょうか。

シンガポール在住7年目のフリーランスライター。2019年8月バリ島にて全米ヨガアライアンス200時間取得に向けて日夜勉強中。
ヨガと瞑想は心身の健康と美容を支える糧としてプラクティスに励んでいます。海外のヨガや健康、美容トレンドなどについてレポートします!
https://house-of-emma.com/