【2019年最新版】おすすめのノンカフェインティー5選。妊婦さんにも寝る前にも安心

今注目のノンカフェインティーは、妊婦さんでも安心して飲める商品や、お茶を飲みたい夜でもカフェインを気にせず気軽に美味しく飲める商品がたくさんあります。ちょっとしたコツで美味しくなるアドバイスや、【2019年最新版】の人気の商品をご紹介します。

今更聞けない話題のノンカフェインティーって

何かに集中したい時や、期限までに終わらせないといけない仕事がある時に飲むものと言えば紅茶やコーヒーなどのカフェインが飲料だと思います。しかし、カフェインの取り過ぎは体にストレスを与えます。そのため、大人の1日のカフェインの摂取量は200〜300g以下が目安とされ、1日に2杯ぐらいが最適とされています。

カフェインは、精神を落ち着かせる効果を持つアデノシンという物質と構造がとてもよく似ています。そのため体内でカフェインがアデノシンに近づいてしまい精神を落ち着かせる動きを阻害することにより神経を興奮させます。

コーヒーなどのカフェインを含むドリンクは適切に摂取すれば問題なのですが、カフェインを必要以上に多く取ってしますと、中枢神経が過剰に刺激されることによって、興奮や不安な状態が長く続き臓器にストレスがかかったり、不眠を誘発したり、場合によっては下痢や吐き気などを引き起こすこともあります。

【カフェイン過剰摂取のデメリット】

  • 中枢神経が過剰に刺激されることにより、心拍数や血圧の上昇を誘発する恐れがある。
  • 神経が刺激されることにより、めまいや震え、さらに不眠を誘発することがある。
  • 消化器官にストレスがかかり、下痢や吐き気をもたらすことがる。
  • 妊娠中に過剰にカフェインを摂取したことによる、胎児の発育障害が報告されている。

(参考) 
食品中のカフェイン濃度  

食品名

カフェイン濃度

カフェインを多く添加した清涼飲料水

32 ~300 mg/100 mL

インスタントコーヒー

(顆粒製品)

1杯当たり80 mg

コーヒー(浸出液)

60 mg/100 mL

紅茶(浸出液)

30 mg/100 mL

せん茶(浸出液)

20 mg/100 mL

ほうじ茶(浸出液)

20 mg/100 mL

ウーロン茶(浸出液)

20 mg/100 mL

玄米茶(浸出液)

10 mg/100 mL

出典:厚生労働省 食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A

 

ノンカフェインティーとは、覚醒や興奮作用に期待ができる反面、疲労感や内臓への負担があるカフェインを含まない原料を使用した商品です。身近な製品だと麦茶や、ルイボスティーなどがあげられます。

ノンカフェインティーは他にも多くの種類があり、色々な味を楽しみながら毎日の生活に取り入れることもできます。また、最近では美味しい味や香り高い商品がある点もノンカフェインティーが人気の理由です。

愛好者が注目するノンカフェインティーの効果メリット

多くの愛好者が注目するのがなんと言っても体へのストレスの少なさです。ノンカフェインティーは、カフェインを飲むことができない妊婦さんでも安心して飲むことができる商品もあります。また、カフェインを飲むことができない子供でも安心して美味しく飲むことができるノンカフェインティーも沢山あるので、作ったものを家族みんなで飲めるので節約にもなります。

さらに、内臓への刺激な少ないので、辛いものやアルコールを控えている人やお腹が弱い人にもおすすめです。

【ノンカフェインティーのメリット】

  • 神経を刺激するカフェインを含んでいないので、夜でも安心して飲むことができる。
  • カフェイン制限がある妊婦さんや治療中の人でも飲める商品が多くある。
  • 消化器官への刺激が少ないので、ストレスを感じやすい人におすすめできる。
  • 作り方も簡単なので、誰でも気軽の始めることができる。

たったこれだけ。ノンカフェインティーの美味しい入れ方

 ノンカフェインティーの良いところは、コーヒーのように難しくないので、これからノンカフェ生活を始めたいと思っている人でも、ノンカフェインティーは簡単に美味しく作れます。

まずは各商品の説明に書かれている方法で作ってみましょう。味の濃いものがお好きな人は、表示時間よりも長めに浸すことで香りが強くできます。また、蓋をして蒸らすことで香りが立ってきます。しかし、葉っぱの色も出てしまうので味や色が濃くなりすぎることもあるのでお好みに合わせて調節しましょう。

また、商品によっては水出しも行なえるものタイプもあるので、色々なものを試して自分のお好みを味や香り、カラーを見つけてみましょう。水出しを行う際には2/3を目安にお湯を入れ香りと味をだし、残りの1/3を水にすることで簡単に香りが立って美味しいノンカフェティーを作ることでできます。

おすすめノンカフェインティー5選※ティーバッグタイプも

ここからは、今人気のメーカーのノンカフェインティーやコーヒーを飲みたい人にも人気の商品を厳選してご紹介していきます。 ティーバッグ型商品には商品名の頭に【ティーバッグ】と記載していますので参考にしてください。

・【ティーバッグ】妊婦さんでも安心。プレミアム ピュア ルイボスティー

https://hfbelx.com/fs/hfbelx/pure/1008

最初にご紹介するのが、ルイボスティーをはじめ、ノンカフェの商品を多く取り扱いノンカフェイン生活をしている人なら知らない人がいないほど人気のノンカフェイン専門ショップH&F Belx(エイチアンドエフ ベルクス)のルイボスティーです。

ノンカフェインのH&F Belx(エイチアンドエフ ベルクス)のルイボスティーは、鉄分をはじめ栄養素のバランスが良いので健康のみでなく、美容効果を期待する多くの女性から人気があります。

商品名 プレミアム ピュア ルイボスティー
容量 50g(2.5g×20包) 
商品価格 ¥900(税込)

プレミアム ピュアルイボスティー

・【ティーバッグ】美味しく続けて飲める。深炒り玄米麦茶

https://www.lupicia.com/shop/g/g13379751/

深炒り玄米麦茶は、毎日継続して飲めるお茶「生活習慣茶」となるように開発されたもので飽きのこない味が特徴です。アイスにしてもホットにしても後味がすっきりとしていて美味しいので、食事用としても美味しく頂けます。もちろんノンカフェインなので時間を気にせずに飲むことがきます。

商品名 深炒り玄米麦茶
容量 25g(2.5gティーバッグ×10個)
商品価格 ¥550(税込)

深炒り玄米麦茶

・南国気分を味わえるトロピカルフルーツティー。カリビックカクテル 

https://www.handfbelx.com/line-up/fruitstea-caribiccocktail/

 こちらのノンカフェインフルーツティーは先ほど紹介した人気のノンカフェイン専門ショップH&F Belx(エイチアンドエフ ベルクス)で販売している商品です。

トロピカルフルーツが入ったノンカフェインティーで、お湯を注いだ瞬間にパイナップルやパパイヤ、マンゴーなどの果物を香り良く、ハイビスカスやローズヒップが口の中を香りよく通ってついつい飲みすぎてしまうノンカフェインティーです。H&F Belx(エイチアンドエフ ベルクス)のフルーツティーシリーズの中でもおすすめの商品です。

商品名 フルーツティー カリビックカクテル
容量 30g
商品価格 ¥450(税込)

フルーツティー カリビックカクテル

・【ティーバッグ】国産、農薬不使用で添加物無添加。柿の葉茶

https://www.kaki-cha.co.jp/fs/kakicha/c/kakicha01

最後にご紹介するが、農薬不使用・添加物無添加で国内で大切に生産された安心安全の柿の葉茶です。ノンカフェインと言うだけでなく、柿の葉茶にはビタミン、ミネラル、葉酸が含まれているので妊婦さんのみでなく健康に気を使っている人におすすめのノンカフェインティーです。

はじめは、独特の甘みを感じますが冷やして飲むとすっきりとした味になります。

商品名 柿茶本舗 柿茶初めてのお客様限定お試しセット
容量 4g × 12袋
商品価格 ¥1,080(税込)

柿の葉茶専門店 柿茶本舗

・【ティーバッグ】やっぱりコーヒーが飲みたいと言う人に。たんぽぽコーヒー

https://www.8930.co.jp/af/tanpopo/
カフェインの摂取が制限させている妊婦さんやカフェインが好きじゃない人でも飲めるコーヒがあります。それがこちらの口コミでも大人気のノンカフェイン・ノンカロリーたんぽぽコーヒーです。ハーブティーとは違うリラックス効果も期待できるので、寝る前に紅茶を飲むたくなった際にもおすすめ商品です。
商品名 【初めての方限定】たんぽぽコーヒー
容量 カップ用 75g(30袋)
初回限定価格

¥2,376(税込)

たんぽぽコーヒー初回お試しセット

ノンカフェインでストレスフリーな体に

ノンカフェインティーには、リラックス効果があるものからビタミンや葉酸を含んだ体に良いものまで実に幅広くあります。ここでご紹介したノンカフェインティーを参考に体にストレスのない生活づくりをしてみてはいかがでしょうか。

ヨーロッパ在住。ヨーロッパを中心にデザインの研究や仕事をしながら、時間を見つけてはヨガを続ける日々。
国や文化が違ってもヨガは自分らしさを保つことや、ココロとカラダをつなげる不思議な魅力があることに気付かされます。
少し視点を変えたヨーロッパからヨガの楽しさや良さを発信していければと思います。