ピラティスウェアとヨガウェアの選び方の違いは?ピラティスにおすすめの人気ウェアブランド6選

男女問わずに人気のエクササイズの一つであるピラティス。そんなピラティスをする際、初心者の方が最初に疑問に思うのが「どんなウェアを着ればいいの?」、「ピラティスウェアとヨガウェアって違うの?」など。ピラティスには種類があり、ウェアもそれぞれ適しているもの選ぶのがおすすめなんです。そこで今回は、ピラティスの種類別に合ったおしゃれなウェアをご紹介します。

ピラティスとは

ピラティスとヨガの違い

スポーツ選手やモデルの方など、ピラティスをプラクティスしているという方も最近では増えてきて、日本でもじわじわと人気に火がついてきているピラティス。けれど、ピラティスとヨガを混同してしまう方、またピラティスとヨガは同じものと勘違いしている方も多くいます。

インドで発祥したヨガは、アーサナプラクティスそして瞑想などを通して、身体はもちろん心や精神面まで働きかけをしていきます。現在は、ダイエットや健康法としてだけでなく、リラクゼーションのためにライフスタイルに取り入れている方も多くいらっしゃいます。

一方1920年代にジョセフ・ピラティス氏によって考案されたピラティスは、第一次世界大戦中の負傷兵に対して行ったリハビリが発展したエクササイズで、どちらかと言うとピラティスは肉体面にフォーカスをしていきます。

ピラティスの動きのいくつかはヨガから来ているとも言われていることもあり、ヨガとピラティスは同じと思っている方も多いのですが、歴史的背景やエクササイズの目的自体は比較すると全くの別のものなのです。

マシンピラティスとマットピラティス

ピラティスには、マシンピラティスとマットピラティスという種類があるということも、ヨガとの違いです。

マシンピラティスは、ジョセフ・ピラティス氏が開発したピラティスマシンを使用するエクササイズ。海外では、マシンピラティスはとても人気のある種類なんですよ。ピラティスマシンを使ってエクササイズすることで、マシンが身体を支えるための補助となったり、負荷を加えることも可能となるため、より正しい方向に身体を動かすことができ鍛えやすいと言われています。

一方、マットピラティスは、ヨガのようにマットの上でエクササイズを行います。マシンのように補助がないため、負荷をかけるのも自分の体重のみ。また正しい姿勢を保つためのマシンによるサポートがないこともあり、マシンピラティスよりも難易度は高い言われています。

ピラティスとヨガではウェア選びの基準も違う?

ピラティスやヨガに関わらず、スポーツをする際のウェア選びは、その種目の動きの強度によって変えることがおすすめです。より激しい運動でたくさん汗をかくことが予想される場合は、吸収性や速乾性のある素材のウェアを。また、ヨガようにストレッチや身体を色々な方向に伸ばしたりひねったりするエクササイズは、伸縮性のある素材のものを選ぶのがおすすめ。

ピラティスやランニングやボール球技のようにそこまで激しい動きではないため、ウェア選びの基準にはヨガと比較しても特に違いはないと言ってもいいかもしれません。

ピラティスウェア選びは種類に応じて

マシンピラティスに適したウェアってどんなもの?

マシンが身体を支えるのと同時に、負荷を自在に変えることができよりマットピラティスに比べたらより強力なトレーニングが可能となります。マシンを使ったストレッチや体幹トレーニングをするため動きが激しいわけではありませんが、運動効果に応じて発汗度合いは異なることも。マシンピラティスは、吸収性や速乾性のある素材の薄めのウェアがおすすめです。

マットピラティスに適したウェアってどんなもの?

マットピラティスは身体の動きをじっくり観察しながら、調整をしていく必要があります。そのため、伸縮性があり自分の身体にフィットするウェアを選ぶのがおすすめです。ダボッとしたものや装飾の派手なウェアは、調整や動き自体の邪魔になることも。身体にフィットしたシンプルなウェアであれば、インストラクターも支持が出しやすく自分の身体の動きも観察しやすいですよ。

ピラティスウェア人気ブランドランキング

人気No.1「lulukemon(ルルレモン)」

http://www.lululemon.co.jp/

価格:880.00香港ドル(約12,547円)
※ 2019年4月23日レート換算

Wunder Under Hi-Rise Tight ASIA FIT 26"

カナダの人気ヨガウェアブランドのルルレモンは、ピラティス女子の間でも人気のブランドです。海外スポーツウェアブランドのボトムスは、アジア人の背丈に合わずにお直しが必要な場合も多いのですが、ルルレモンではアジア人に合った丈のボトムスも展開されています。

程よい着圧で足にしっかりフィットし、身体をしっかりとサポートしてくれます。自分の動きも良く分かるためマットピラティスにおすすすめです。

エレガントなデザインが人気「easyoga(イージーヨガ)」

ヨガインストラクターの間には、「オーディションに着ていくと合格する」というジンクスがあるくらいインストラクターの愛用者が多い人気のブランドです。有名インストラクターayaさんやケンハラクマ先生も愛用しています。

「easyoga(イージーヨガ)」の人気の秘訣は、綺麗な発色とエレガントなデザイン、そして生地が強いのでどれだけ洗ってもへたらない点。
値段は10,000円以上のものが多いですが、何年も使えるので結果的に「コスパ良し」とインストラクターの声がよく聞かれます。

 

easyoga(イージーヨガ)

価格で選ぶならコスパ最強「ユニクロ」

価格:1,500円(税別)

エアリズムシームレスVネックロングT(半袖)

価格で選ぶならおすすめなのが、ユニクロのアクティブ商品ラインナップです。エアリズムシリーズは、汗も乾きやすい上に選択後の乾きを速くするドライ機能をプラスしているのは嬉しいポイントです。

ゆったり目のシルエットが特徴的なデザインですが、ゴムなどで裾を絞るなどすればマシンピラティスにもピッタリのウェアです。

アメリカ人気ブランド「Manduka(マンドゥカ)」

価格: 7,020円(税込)

レディース ヨガウェア スポーツブラ (ピンク)

アメリカのヨガウェアブランドMandukaは、オーガニックコットン、通気性の良い麻、リサイクルポリエステルなど肌に優しい素材を使用したウェアを展開しています。全ての商品がエコに配慮した考えの元に製造されているので、環境保護活動へ貢献できるのもおすすめポイントの一つです。

おしゃれで可愛いけれど、シンプルなデザインが多いのでおしゃれに気を使いながらピラティスをしたいというマットピラティス派の方におすすめです。

メンズにおすすめ!定番のスポーツブランド「Nike(ナイキ)」

https://www.nike.com/jp/

価格:5,400円(税込)

ナイキ Dri-FIT マイラー

男性に人気のスポーツアパレルナイキのウェアはピラティスにもピッタリです。ナイキ Dri-FIT マイラーは、速乾性と柔らかく通気性に優れたメッシュ素材を使用しているので汗をかいても快適な着心地を持続してくれます。

優れた速乾性は、マシンピラティスのエクササイズにピッタリです。

おしゃれな人に人気「Free People(フリーピープル)」

https://www.freepeople.com/?ref=logo

価格:98.00USドル(約10,961円)
※ 2019年4月23日レートで換算

Side To Side Performance Onesie

アメリカのセレクトショップ「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」が運営するオリジナルブランドであるFree Peopleではヨガウェアも展開しています。安価ながらおしゃれなデザインが多く、アメリカでは若いヨギー二を中心に人気のブランド。

海外のヨガウェアブランドでは、オールインワンタイプのウェアも人気が高いのですが、ゆったりしたデザインが多いためフィット感が必要なピラティスには不向きと言われることも。しかし、

Free Peopleのオールインワンウェアはしっかりと身体のラインにフィットするためマットピラティスにも適していると言えます。

冬やスタジオの寒さ対策にはソックスやレッグウォーマーも活用しよう

 
価格:1,382円
 

冬はもちろんのこと、これから暖かくなってくる季節でもスタジオの冷房対策には、ソックスやレッグウォーマーは、ピラティスには欠かせないアイテムの一つです。

Planet-Cのレッグウォーマーは、滑りにくいトレンカタイプのレッグウォーマー。透け感のある通気性の良い薄手素材を使用しているのでおすすめです。

まとめ: 自分にあったピラティスウェアを選んで楽しくピラティスをしましょう!

 マシンピラティスやマットピラティスによって適したウェアは異なりますが、 自分にとって快適な着心地で集中できるウェアを選ぶことが一番大切です。

是非、ピラティスをする際のウェア選びの参考にしてくださいね!

シンガポール在住8年フリーランスライター・ヨガインストラクター (全米ヨガアライアンスRYT200保持)。
WEBメディアを中心にライフスタイル、トラベル、ヘルスケア、エコについての執筆を手掛けながら、トレンドを取り入れつつそれぞれのニーズに合ったヨガクラスを当地で開催。
東洋と西洋の文化が集まるシンガポールからヨガや健康、ロハスなライフスタイルなど海外のトレンドをお届けします。
https://house-of-emma.com/