東京のヨガインストラクター資格取得スクールおすすめ8選!スクール選びチェックリスト付き!

東京都でヨガインストラクター資格を取得する際におすすめの養成スクールをご紹介します。資格の種類や、スクールを選ぶ際のポイントをチェックリスト形式でご案内しています。

ヨガインストラクター資格の種類って?

ヨガインストラクターの資格は民間資格なので種類がたくさんあります。同じ資格でも(特にRYT)、学ぶスクールや先生によっても内容が異なります。
決して安い金額では無いので、実技はもちろん、指導者としてのスキル、解剖学、ヨガ哲学、ヨガの理解を深め教えるために、何を学ぶべきなのか、そのためにはどの資格を取るべきなのか、きちんと理解しておきましょう。

1. 全米ヨガアライアンス (RYT200)

世界で最も認知度が高く、現代のヨガコミュニティを代表する国際的な非営利組織です。ヨガインストラクター教育の水準を高めるために、世界で共通した基準を開発しました。

認定資格は複数あり主なものでいうと、RYT200・RYT500・RPYTマタニティヨガ・RCYTキッズヨガ等があります。例えばRYT200を取得するにはトレーニングや実践技術、指導技術、解剖学や生理学、哲学などの合計200時間を学ぶ必要があります。

養成講座受講料はRYT200の場合300,000〜600,000円程度。(スクールにより異なります)認定のヨガスクールで200時間や500時間等のコースを受けた後、全米ヨガライアンスに登録できます。
全米ヨガアライアンスは、認定校(RYS: Registrated Yoga School)として登録されているスクールが指定するヨガインストラクター養成コースを修了後に、全米ヨガアライアンスに申請登録するというのが一般的な流れです。
全米ヨガアライアンスは、 世界70各国で通用する世界で最も認知されたヨガの組織のため、世界各国で活躍することも可能です。

・費用……300,000円~600,000円前後(別途、任意で資格申請料が必要。)

2. 社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)

日本全国に9校ある、日本ヨガインストラクター協会(JYIA)。少人数生のスクールが特徴で、自分のペースで学ぶことができます。ヨガの本質を理解し、効果的で安全な指導ができるインストラクターになることを目的としています。

1級から3級まであり、ヨガインストラクターの転職支援などにも力を入れています。
養成講座受講料は級によって異なります。マスター75,000円、アドバンス198,000円,シニア395,000円、1級シニアクラス約400,000円。

マタニティヨガや布ナプキン&経血コントロールヨガ、太陽礼拝スキルアップなど、スキルアップする講座が多数取り揃えられているのも魅力。より深いヨガの知識を得ることができそうです

・費用……講座による。(別途、認定試験受験料等が必要。)

3. NPO法人 日本YOGA連盟  

日本で展開されているヨガ連盟。ヨガの健全な普及と発展を目指して設立されたNPO法人。高齢者の福祉施設や障害者などを通じて、体力作りを応援しています。
こちらのヨガインストラクターの認定講座は1日6時間程度、7日間のコースがあり、ヨガの基礎から理論、高齢者向けヨガ、東洋医学論までが含まれます。

・費用……111,456円(税込)(別途、認定試験受験料等が必要。)

4. 一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)  

こちらも日本で展開されているヨガ協会。全国各地にヨガのある健康社会を築き、日本全国にAJYA加盟校、加盟教室、優秀なインストラクターを育成する事を目的として設立。

AJYAラインセンスは1級から3級まであり、級により全日本ヨガ協会が承認・指導する認定校で活動することが可能です。またライセンス取得後は認定校や認定教室を開き、独立する事も可能。

養成講座受講料は級によって異なります。3級約90,000円、2級約200,000円、準1級シニアクラス約200,000円、1級シニアクラス約400,000円(スクールにより異なります)

・費用……講座による。(別途、認定試験受験料等が必要。)

【保存版】スクール選びのポイント11点!チェックリストとして使おう!

以下におすすめスクールを紹介しますが、「どれを選んだらいいのか分からない!」となるのを避けるため、スクールを選ぶ際に確認しておきたい要素を以下に記載します。説明会・相談に行った際はこちらをチェックリストとして確認に使ってくださいね。

 

  1. 自分がなりたいインストラクター像を持ち、その像に近い先生を探す。これが一番です。
  2. 先生の実績。メインティーチャーの過去の経緯・プロフィールなどは調べておきましょう。本当に実力のあるスキルフルな先生を選ぶことが重要です。スクールによっては分野ごとに専門講師が教える場合があり、その場合は大丈夫ですがメインティーチャー一人で全てを教える場合は解剖学、哲学、瞑想など幅広く統合的な知識を持ち合わせているのか、の確認も必要です。
  3. 金額。同じRYTでもスクールによって金額に差はあります。安い方が良いですが何か安い理由があるのかもしれません。きちんと話を聞いて見極めましょう。
  4. 場所。通いやすさはやはり、重要です。
  5. スケジュール。平日なのか、週末なのか、短期なのか、長期なのか、無理せず通い続けられるスケジュールが用意されているスクールを選びましょう。
  6. 卒業後のフォロー制度。スクールによっては学び続けるためのワークショップを用意していたり、就職サポートをしてくれるスクールがあります。
  7. スクールの雰囲気。長期間学ぶ場所ですから、スタッフの方の対応や清潔さなど気持ちよいスクール選びがしたいですね。
  8. 授業を欠席した際の振り替え制度。授業を体調不良や用事等でお休みした場合の、スクールの対応については事前に確認しておきましょう。
  9. 授業の参加人数。和気あいあいと大人数で授業を受けるのも楽しいですが、生徒数が多すぎて先生の目が届かないことになってはNGですよね。
  10. 卒業生の数。始めたばかりの学校は、授業制度がきちんと構築されていなかったり、ノウハウが蓄積されていないことがあります。過去の実績は知っておきたいですね。
  11. 実践的な内容か。スクールによっては、オーディションの練習をしたり開業にあたっての生徒の集客方法を教えてくれる学校もあります。すぐにインストラクターとして活躍したいと思っている場合、知っておきたい知識ですよね。

東京エリアでおすすめのヨガインストラクター養成スクール

1.【RYT200認定校】YogaWorks(ヨガワークス)@東京(五反田)・大阪

YogaWorks(ヨガワークス)は、全米に62スタジオを展開するアメリカで最大手のヨガスタジオ。2017年8月には、ヨガスタジオで初めてNASDAQに上場しました。
現在、様々なヨガスクールで取得できるようになったRYT(全米ヨガアライアンスの認定資格)ですが、YogaWorks(ヨガワークス)が生み出したヨガの指導者養成コースこそが、RYT200時間や500時間の資格の基準を作る際のベースとなっています。世界20ヵ国50都市以上でこれまで1万人以上の卒業生を輩出する、全米で最も歴史と人気のあるヨガスクールです。信頼のおけるヨガ資格スクールとして定評があります。

ヨガ哲学・アーサナ・解剖学・呼吸法といった基本的な学びから、レッスンの組み立て方・テーマの作り方などインストラクターとして活躍していくための、実践的な経験を身につけることができます。宿題として出される内容も「タダーサナ(基本の姿勢)からどのように指定されたポーズに持って行くかの台本を書く」や「指定されたポーズを入れたシークエンスを作る」等、学んだことを理解し、確実に身につける具体的な内容。
門外不出の特別テキストは、情報盛りだくさんで充実しているのがYogaWorks(ヨガワークス)の特徴で、卒業後インストラクターとして羽ばたいた後も、みなさん継続して勉強・参考にしている秘蔵版の教科書です。

卒業後も、復習会などのフォロー体制が充実

年間を通して、平日集中コース・週末コース・平日夜&週末集中コースなどが開催されているので、自分の都合に合わせて通うことができます。資格取得までの期間は4週間~20週間とそれぞれのコースでまちまちです。

費用 497,000円
期間 最短20日間(平日集中)
  • 世界基準のヨガの知識、最新の解剖学知識を身につけられ、実力が付くヨガ資格スクールとして定評あり。
  • 世界的に活躍する、海外の一流ヨガ講師から学べる(日本人講師もいます)
  • 1999年、全米ヨガアライアンス協会設立時、1990年より行われているYogaWorksのヨガインストラクター資格が、RYT(全米ヨガアライアンスの認定資格)の基準を決めるベースに。信頼のおけるヨガ資格スクールとして確立した地位を保ち続ける。
  • 全米ヨガアライアンス協会のサイトにて、”Yoga Alliance 5-star rated accredited training school”と認定。
無料相談会・体験レッスンの開催場所 ※実際の授業開催場所は五反田・大阪の二校
関東 銀座、五反田、新宿、横浜、三軒茶屋、下北沢、吉祥寺、阿佐ヶ谷、人形町 など
関西 梅田、心斎橋、千里中央、江坂、三宮 など

YogaWorks(ヨガワークス)無料相談会の日程確認&申し込みはこちら

2.【RYT200認定校】リラヨガ・インスティテュート@東京(学芸大学)

日本を代表する、ヨガインストラクター乳井真介氏が主宰「リラヨガ・インスティテュート」。乳井氏はアシュタンガ、アヌサラ、ヨガセラピー、YINヨガ、タイヨガなど、タイプの異なる複数のティーチャートレーニングを修了。
その実力はヨガ業界で非常に高く評価されていて、日本を代表するヨガ雑誌である『ヨガジャーナル』の表紙を監修、その他多数のヨガ関連メディアの監修を手掛けたり、自身で書籍を出版していたりと、日本のヨガ業界を牽引し続ける存在。そんな乳井先生から直接指導を受けられるこちらのスクールでは、既に1,200名以上の卒業生を輩出しています。

卒業生から「本当に実力が身に付く!」ヨガ資格スクールとして口コミが広がり、東京の学芸大学にあるスクール一校での開催にもかかわらず、人気のスクールとなっています。卒業後も、「人気ヨガインストラクターになるための最新のSNS集客講座」など、安心のサポートが充実します。

コースが3ステップ方式で3コース用意されており(全コース受講するとRYT200資格取得になります)、どのコースまで修了するかで、期間や金額は異なります。常時、説明会が開催されているので、気軽に参加してみてください。通常のヨガクラスも開催しているので、ヨガレッスンに参加がてら説明会を聞きに行っても良いかもしれません。

費用 448,000円
期間 約10ヶ月間
  • 入学~卒業までともに連携・協力・鼓舞し合える同士(チームメイト)との出会い。
  • 3段階ステップアップ方式で、ヨガ初心者でも無理なく講座に参加ができる体制が整います。
  • 全国唯一のメディカルヨガ資格認定校であり、全米ヨガアライアンス資格(RYT200)の認定校でもあります。
  • 本場インドで研修を積んだプロ講師陣による、アーサナはもちろん、ヨガ哲学、理論に基づいた現代解剖学と生理学の授業。
  • 身体の仕組みを正しく理解し、無用な怪我を防ぐための安心・安全を第一としたヨガ指導。
無料説明会の開催場所
東京 東急東横線、副都心線「学芸大学」駅下車、徒歩1分「リラヨガ・インスティテュート」
住所:東京都目黒区鷹番2-20-18 久留美ビル3F

リラヨガ・インスティテュート無料説明会の日程確認&申し込みはこちら

3.【RYT200認定校】アンダーザライトヨガスクール@東京(新宿/代々木)

underthelight.jp

アンダーザライトヨガスクールは、新宿駅or代々木駅or南新宿駅が最寄りの、年間1,200名が学ぶ国内最大級の「全米ヨガアライアンス」認定ヨガ資格スクールです。アンダーザライトは日本で初めて、単位制・週末開催のヨガインストラクター養成コースをスタート。初心者から学べるプログラムで、土日や夜を利用して受講できるので仕事をしながら資格の取得が可能です。

アンダーザライトの一押しポイントは、日本最高峰の講師陣が各専門分野の講義を担当してくれるところです。多くのヨガ資格スクールではメインティーチャーが一人で哲学・解剖学・マタニティヨガ・アーサナ等を全て教えますが、アンダーザライトでは、各分野のスペシャリストによる質の高い講義を受けることができます。

また、養成スクールの全体説明会と個別相談を毎月開催していますが、「個別相談」では「ヨガスクール」選びのためのセカンドオピニオン(第二の意見)を受けることができます。「いっぱいあり過ぎて、正直どのヨガスクールがよいか分からない」という方に特におすすめです。

費用  639,000円
期間 単位制のため人による
  • セカンドオピニオン制度。ヨガインストラクター教育のパイオニアである「セカンドオピニオン専門スタッフ」が最適なヨガスクール選びのためのアドバイスをしてくれます。
  • ヨガアライアンスの上級資格コース、RYT500の受講者日本一。ヨガアライアンス認定者のうち3人に1人がアンダーザライト修了生です。
  • 日本最高峰の講師陣が各専門分野の講義を担当。スペシャリストによる質の高い講義。
  • アットホームで和気あいあいとした、笑い声が絶えないスクールです。
無料説明会の開催場所
東京 〒151-0053 東京都渋谷区代々木 1-53-4 奨学会館別館4階
「新宿駅」南口8分・新南口6分、「代々木駅」北口A3出口2分、小田急線「南新宿駅」3分

アンダーザライト全体説明会&個別相談の申し込みはこちら

4.JYIA日本ヨガインストラクター協会@東京(表参道・池袋)全国9校

全国に9校ある、日本ヨガインストラクター協会(JYIA)。ここの魅力は、なんといっても全校少人数制で開講している点。生徒一人ひとりにあった丁寧な指導をしてくれます。また、スクールには講師がいつも在籍しているため、授業時間外でも色々な質問・相談が出来るのも魅力の一つ。そんな魅力もあり、受講生の65.3%が初心者からのトライなのだそう。安心して初心者でも始められる環境が整っています。

RYT200に比べ、安価な金額・短い期間で資格取得が可能です。
コースは3級・2級・1級と3つのコースに大きく分かれます。3・2級の授業ではハタヨガの基礎を一から学び、1級の授業では生徒がより多くの場でより長くインストラクターとして活躍できるよう、ハタヨガの上級ポーズ以外に、「キッズヨガ」「シニアヨガ」「ピラティス」までマスターできる内容になっています。一つの学校で幅広い知識を学ぶことができる点もJYIAの特徴です。

費用  245,000円
期間 最短2週間
  • 短期取得コースを実施しており、最短2週間でライセンスを取得可能で価格もRYT200に比べ安い。(Advance 2級ライセンスまで取得可能)集中して学びたい方や、少しでも早く転職されたい方、地方にお住まいの方にオススメのプログラム。
  • 合格後の転職・就職サポート充実!本部校(表参道)をメインに、定期的にオーディションを実施。合格者は正社員やフリーインストラクターとして活躍することができます。JYIAのバックアップで認定教室、認定校など独立開業も可能。
  • 少人数制の指導!1クラス平均6名、最大12名と少人数制でヨガを学ぶことができ、コミニュケーションを大切にした指導が初心者にも人気です。
  • 通いやすいスケジュール!授業は午前、午後、週末、仕事帰りでもご自身のライフスタイルに合わせて無理なく通うことができます。
無料個別相談&スクール講義体験の開催場所
全国9校 表参道(本部)校、池袋校、大阪(梅田)校、福岡(天神)校、名古屋校、静岡校、新潟校、前橋校、南砂町校

JYIA日本ヨガインストラクター協会個別相談会&スクール体験の申し込みはこちら

5.【RYT200認定校】FIRSTSHIP(ファーストシップ)@東京(新宿)全国5校

https://www.firstship.net

東京はじめ全国に5校展開するファーストシップも、「全米ヨガアライアンス」の正式認定校です。日本最大級のヨガスタジオLAVAを運営する株式会社ベンチャーバンクグループがこちらも運営しています。
RYT200を取得するには最低でも200時間を必要としますが、ファーストシップのおすすめポイントは国内通学や海外留学、通信制度といった様々な学習方法を用意してくれている点です。
また、他のスクールには珍しい「何度でも授業を無料で受けられる制度」も魅力です。忙しい人でも安心して学べる環境が用意されています。

費用 615,000円
期間 単位制のため人による
  • 通常のヨガ資格スクールは、スクール側で決めたスケジュールに合わせて通いますが、ファーストシップは単位制コースの用意があり、場所も曜日も自分で決め、ちょっとしたすきま時間を使って通うことが出来ます。
  • ハワイ、バリ、インド、オーストラリアなど、海外でヨガを学ぶ海外留学コースも充実しています。短期でヨガだけに集中し資格取得できるコースはリフレッシュにもなるので人気があります。
  • ファーストシップを運営する株式会社ベンチャーバンクグループは、日本最大級のヨガスタジオLAVAも運営。オーディション対策講座を無料で受けられ、書類選考を免除する制度があります。
無料体験レッスン&カウンセリングの開催場所
全国5校 新宿、横浜、大宮、大阪、福岡

FIRSTSHIP(ファーストシップ)無料体験レッスン&カウンセリングの申し込みはこちら

6.【RYT200認定校】YMCメディカルトレーナーズスクール@東京(新宿)全国6校

http://www.ymc-school.com

東京はじめ全国に6校展開するYMCメディカルトレーナーズスクール。
ヨガ資格以外にも健康業界を支える総合的な資格スクールなので、ヨガの知識や指導技術はもちろんのこと、栄養学、解剖学、心理学、身体の調整法など「持続的な健康」のために必要な様々なカリキュラムが用意されています。
YMCには、オーディション対策の授業があり、オーディションを受けるにあたって必要なことを学ぶ、実践的なカリキュラムが用意されています。

費用  548,000円
期間 最短2~3か月
  • 卒業後も、開業を希望するインストラクターに向けての集客方法、法律の知識、税務関係、最新トレンドを取り入れたワークショップを積極的に開催しています。
  • 卒業生が集まれるイベントを積極的に開催してくれるので、横のつながりだけでなく、縦の卒業生とのつながりも作ることが出来ます。
  • 生徒一人ひとりに担任が付き、受講期間のサポートや就職の相談にも乗ってもらえる担任制
無料説明会の開催場所
全国6校 新宿、横浜、名古屋、梅田、福岡、仙台

YMCメディカルトレーナーズスクール無料説明会の申し込みはこちら

7.【RYT200認定校】ヨギーインスティチュート@東京(新宿・有楽町・北千住)全国11校

yoggy-institute.com

ヨギー・インスティテュートは、インストラクターの資格取得を目指すためのスクールを、全国のヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」にて開催しています。どこも駅から5分以内のロケーションにあります。
全米アライアンスの正式認定ヨガスクールであり、全米ヨガアライアンス認定の『RYT200』『RYT500』『RPYT』の登録申請ができます。

最短でヨガインストラクターを目指す3か月コース(RYT200取得コース)や、スタジオ・ヨギーでのデビュー保証制度もつく1年でじっくり資格取得するコース(ヨギー・インスティテュート認定コース)、1ヶ月でRYT200が取得できるヨガNY留学コース(RYT200取得コース)など自分のプランにあったコースを選択することができます。ヨギー・インスティテュート認定コースを受講すると、RYT200も同時に取得できます。

費用  57.4万円
期間 1か月、3か月、1年のコースから選択
  • 哲学や解剖学、アーユルヴェーダなどは、専門講師を国内外から招き入れ、プロの講師から専門分野について学ぶことができます。
  • やむなくコース受講中に欠席した場合でも、講義の課題図書・テキストを元にしたレポート作成や、ヨガクラス受講などで振替が可能。(スクールによっては追加金額になるケースもある中良心的です)
  • コース制を採用しているので、入学から卒業まで同じメンバーで資格取得を目指します。卒業後にもお互いを支え合える仲間として貴重なコミュニティが生まれます。
無料説明会の開催場所
全国6校 新宿・有楽町・北千住・札幌・大宮・横浜・名古屋・京都・大阪・福岡天神

ヨギーインスティテュート無料説明会の申し込みはこちら

8.米国最大級ピラティス教育団体BASIピラティス@東京(五反田・銀座・中目黒)全国6都市

世界で最も歴史があり、30カ国以上で学ばれている、ピラティス指導資格講座です。日本で主流のマットピラティスに加え、本格的なマシンピラティスの指導者資格コースも開催しており、ピラティス資格として国内最大級です。既に国内2000人以上の卒業生を輩出しています。

コースは4つ。Mat指導者資格コース、Machine指導者資格コース、マットとマシンの全てのエクササイズを理解・習得できるComprehensive資格コース、医療従事者向けのbasi pilates養成コースです。

費用  Matコース306,000円・Machineコース555,600円
期間 Matコース3か月・Machineコース6か月
  • コースが終了し資格取得をした後も、学び続ける環境を重要視。全世界で活躍するピラティスインストラクターを定期的に国内に招待し、ワークショップを開催しています。
  • 合格後の就職サポート!系列スタジオなどでのインストラクターデビューなど卒業後の活躍の場を用意してくれる体制が整います。
  • ピラティス業界の基準となる存在!南カリフォルニア、ニューポートビーチに本部を構え、 全米各地、世界30カ国にわたる世界最大規模のピラティス専門のプログラム提供団体。
無料相談&体験会の開催場所
全国6都市 東京、大阪、岩手、名古屋、北海道、仙台

BASIピラティス養成講座 無料相談&体験会の申し込みはこちら

先生やスクールとの相性が重要!とりあえず相談に行ってみるべし

資格の内容や、金額の差はあれど、自分が魅力を感じたスクールや先生に出会えることが一番重要だと、考えます。
とにかく実際にスクールに足を運び、話を聞き雰囲気を見てみることが重要です。行動あるのみです。

学びを深めるためのヨガ書籍に関するおすすめ記事もご覧ください。

・ヨガインストラクター17人に聞いた!おすすめのヨガ書籍ランキング【解剖学編】

・ヨガインストラクター17人に聞いた!おすすめのヨガ書籍ランキング【ポーズ編】

・ヨガインストラクター17人に聞いた!おすすめのヨガ書籍リスト【哲学・瞑想・その他編】

 

ヨガ・ピラティスに関するさまざまな情報をお届けします。