ピラティスを自宅で行うためのおすすめDVDや準備するものとは?

ピラティスが身体の筋肉をしなやかにし、美しい姿勢をもたらしてくれることはよく知られていますが、しかし自宅において1人で行う場合、どのようにしたらよいのか戸惑う人も多いでしょう。そこでここでは自宅でピラティスを実践する上での簡単なメソッドをご紹介します。

ピラティスを自宅でする場合にはDVDを見ながらがベスト

ピラティスを自宅で実践する場合、ぜひ手に入れたいのが適切な内容のDVDです。

・なぜDVDが必要なの?

ピラティスに限らずエクササイズを初めて行うという場合は、よくそのエクササイズを知っていて、なおかつ初心者にわかりやすく教えくれるインストラクターが必要です。最初に間違った方法でエクササイズを学んでしまうと、効果が出ないばかりではなく、筋肉や関節を痛めてしまうことさえ考えられます。

自宅でピラティスを行う場合、丁寧に教えてくれるピラティスのインストラクターを招くことは通常の場合不可能です。しかしピラティス初心者向けのDVDを見ながらであれば、最初の1ステップから正しい方法でピラティスを行うことができます。

・ピラティスのおすすめDVD3選!

DVDを見ながらピラティスを始める場合でも、内容や教え方によっては、逆にピラティスのハードルが上がることもあり得ます。そこでここでは、初心者に対してわかりやすく、なおかつ取り組みやすいように構成されているDVDを3つご紹介します

NHKまる得マガジン 伊達公子のピラティスレッスン

元プロテニスプレーヤーの伊達公子さんが、自分自身のテニスを行う上での日常的なピラティストレーニングを教えてくれるDVDです。内容は呼吸法から始まり、全身の部位ごとに12種類の方法に分けてレッスンするもので、初心者には非常に取り組みやすいものです。

NHKエンタープライズの発売で、収録時間は60分、価格は税込み2,698円です。

伊達公子のピラティスレッスン 

体幹が自然に出来る ピラティス入門

ピラティスの効果の基本は体幹、つまりインナーマッスルを鍛えることです。

このDVDはピラティスインストラクターの中村尚人さんがピラティスへの経験度を3段階にわけて、トータルで21のエクササイズとしてレッスンし、インナーマッスルを鍛えてくれるものです。準備運動を始め、呼吸法や、部位ごとのレッスンなどがかなり詳細なレッスンが実践できます。

 ピラティスを行ってしっかり鍛えたい初心者におすすめのDVDです。

BABジャパンの発売で、収録時間は61分、価格は税込み4,980円です。

ピラティス入門

ピラティスの神様 ステファン・メルモン 決定版DVD 誰でも簡単! キレイに部分やせ! 編

「ピラティスの神様」と言われているステファン・メルモンさんの監修で構成されたDVDです。

1日10分でできるレッスンを1週間分組み込んだもので、誰にでもできて簡単なメソッドになっていることが特徴です。それでいて効果のしっかり感じられるピラティスメソッドばかりなので、しなやかで引き締まった身体を得ることができるでしょう。

TCエンタテインメントの発売で、収録時間は70分、価格は税込み3,256円です。

決定版DVD 誰でも簡単! キレイに部分やせ! 編

 

・ピラティスがいつでもどこでも行えるオンラインフィットネスもおすすめ

LEAN BODY(リーンボディ)

LEAN BODY(リーンボディ)はスマホやタブレット、パソコンで好きな時にフィットネス動画を見ながらトレーニングができるオンラインフィットネススタジオ=フィットネス動画サービスです。

ヨガやマタニティヨガ、ピラティスをはじめ、部位別(お腹やお尻など)トレーニングを始めとして、ダンスエクササイズなど豊富なジャンルのトレーニング動画があるので、今日はちょっとリラックスしたいなという方にはストレッチ動画を、最近運動不足だなという方には、汗をかけるようなエクササイズ動画をその日の気分に合わせて選べます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

動画のレッスンは20名以上の人気&有名インストラクターが、注意点や正しいフォームの説明をしながらレクチャーしてくれるので、初心者の方でも安全に効果的なトレーニングが行うことができます。

いまなら初回のお申し込みは30日間月額利用料が無料なので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

LEAN BODY(リーンボディ)の詳細&キャンペーン情報

ピラティスを自宅でする場合のポイントは?

DVDを見ながらピラティスを行えば、かなり効果を実感できるようになりますが、さらにピラティスの良さを体感するためにはいくつか押さえるべきポイントがあります。

・ピラティスは毎日やらなくても効果あり

通常の運動は毎日行ったほうが良いとされています。特にピラティスの動きはゆっくりしていて身体に大きな負荷はかけないので、毎日行うことに大きな支障はないようにも思えます。

しかしピラティスの動きは穏やかで身体には負荷が少ないように思えても、実際には普段使わないインナーマッスルを鍛えているので、身体には意外と大きな負荷がかかっています。

だからといって一週間に1回のペースでは、効果を実感できるまで多少時間がかかってしまいます。

そこでおすすめなのがまずは週2~3程度で行ってみてください。負荷のかかったインナーマッスルに適度な休憩を与えられ、それでいて最短でのピラティスの効果実感が得られるでしょう。

自宅でピラティスをする際に必要な道具は?

最初にヨガマットより少し厚めのピラティスマットを用意しよう

ピラティスは床の上で行うエクササイズなので、動きによっては床の硬さで身体を痛めてしまいます。また床がフローリングなどの場合は滑って危ないこともあり得ます。

身体を守り、滑りを防ぐためには、ヨガマットと呼ばれるマットを用意しましょう。ただしピラティスの場合は、ヨガで使うヨガマットよりも厚めの、6mm以上の厚さがあるものがおすすめです。

バランスボールもあったほうが良い

ピラティスには、インナーマッスルを鍛える効果をより発揮するための、ピラティスボールという道具があります。しかしピラティスボールは直径が小さいので初心者が使うのは難しいでしょう。

ピラティスボールの代わりに扱いやすいのは、スポーツ用品店で購入できる「バランスボール」です。バランスボールがあるとよりピラティスの効果を得やすくなります。

チューブもあったほうがベター

身体に適度な負荷をかけるために、ピラティスではチューブを使用することがあります。ピラティス専用のピラティスチューブが販売されているので、可能であれば用意しましょう。

慣れてきたらストレッチポールも手に入れよう

ストレッチポールとは少し細い円柱形のものです。ストレッチポールを使うと、歪んだ背骨を正しい位置にしたり、より効果的なストレッチを行えるので、ピラティスに慣れてきたら用意するのもおすすめです。

ピラティスを自宅で行う場合に気を付けること

ピラティスを自宅で行う場合の注意点もあります。

お手本を見ながら行う

ピラティスに限らずエクササイズには、見よう見まねで行うと身体を痛めてしまう危険性があります。その危険を避けるためには、上でご紹介したようなDVDなどのお手本と見て、正しい方法でピラティスを行うことが大切です。

身体はゆっくり動かす

ピラティスの中で難しいエクササイズなどがあると、どうして反動をつけてしまうかもしれません。しかし反動をつけたエクササイズは筋肉に大きな負荷となり、筋肉を傷めてしまう可能性があります。

筋肉に必要以上の負荷をかけないためには、ゆっくり身体を動かすことを心がけましょう。

胸式呼吸を止めない

ピラティスのエクササイズの基本は、お腹をへこませままで、横隔膜を意識して使う胸式呼吸です。この胸式呼吸を行わないで、息を止めてピラティスを行ってしまうと、筋肉が緊張するため、ピラティスの効果が得られないばかりか、けがをしやすくなってしまいます。

ですからピラティスを行う場合は意識して胸式呼吸をしましょう。

何よりも続けることが大切

ピラティスは毎日続けると、かえって身体に負荷をかけすぎてしまいますが、しかしたまにしか行わないのでは、なかなかピラティスの効果を実感できません。どのようなエクササイズでも継続しないと、開いた期間にせっかく鍛えた身体は元に戻ってしまいます。ピラティスでも同様です。

ですからピラティスの効果を最大限に得るためには、できれば1日おきに、最低でも3日に1回くらいのペースで、継続して実践しましょう。

無料体験レッスンに行ってみよう!全国展開する大手ピラティススタジオ

・ピラティススタジオ BASIピラティス ※関東に28店舗以上

↑BASIピラティスの中でも特に人気のグループ「Flow」クラス

関東を中心に全国28店舗展開するBASIピラティス。「ヨガ」と「ピラティス」の違いは、ヨガがインドの文化から始まったものに対し、ピラティスはドイツで「リハビリ」を目的に始まったもの。起因は違うものの、呼吸に合わせ、身体と心のコントロールを行う点は両方とも一緒です!

ただ、ヨガはストレッチ効果の高いポーズも多く入ってくるのに対し、ピラティスは体幹やコアを使うポーズやエクササイズが中心。体が硬すぎてヨガを諦めてしまった…という方にもおすすめです。

↑ピラティスマシンを利用したプライベートレッスン

BASIピラティスでは、グループレッスンとプライベートレッスンの二種類が用意されています。人数でいえば、グループレッスンに参加されるお客さんの方が多いですが、マシン(リフォーマー)を使い、関節の可動域を広げ、通常の運動では強化できない部位を、強化していくプライベートレッスンも人気です。

他と比べてBASIピラティスのここがすごい!

・自分の身体をどのように扱えばいいのか、といった体の動かし方の正確性を学び、コントロールすることができるようになります。もちろんヨガも同様にできますが、ヨガの様々なポーズを取る中で体の動かし方を学ぶヨガに対し、リハビリ目的で生み出されたピラティスはよりダイレクトに体の使い方を習得できると言えます。インストラクターも全員正社員と、専門的に勉強した面々が揃います。

・年齢や健康状態、体の固さに関わらず、誰でも行なうことが出来ます。男女比は店舗にもよりますが6(女性):4(男性)程度の割合。年齢層は30代~50代が多く見られます。

・アップテンポな音楽に合わせて身体を動かすファンクラスや、様々なピラティスの道具(ボール・フォームローラー・セラバンド・バランスクッションなど)を使って体を動かす「FOCUS」クラスなどバリエーションが豊富。

料金について

入会金…30,000円(体験当日入会の場合無料)

全店フリー会員…18,500円(全店利用可)
フリー会員…16,500円(一店舗のみ)
月4会員…10,800円
※その他、都度購入タイプのチケットも用意があります。
マットレンタルはいつでも無料。

グループ体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


姿勢改善や肩こり・腰痛といった体の不調解消だけでなく、身長が伸びた、足が美脚ラインになった、といった他にも様々な効果を感じるお客さんが多いそう。正しい体の使い方を知るために、他のスポーツと併用される方が多いのもBASIピラティスの特徴です。

basiピラティスの詳細&キャンペーン情報

・ピラティススタジオ ピラティススタイル ※全国55店舗以上

関東、関西、東海、北海道と全国55店舗展開する「ピラティススタイル」。上で紹介した「basiピラティス」と同じ会社が経営しています。よりピラティスをデイリーに感じてもらうための空間として、店舗数もレッスン数もインストラクター数も規模を拡大して提供しているのが「ピラティススタイル」です。いずれも、ピラティス専門会社が運営するスタジオなので、ピラティスをきちんと学びたい方にはどちらもおすすめです!

他と比べてピラティススタイルのここがすごい!

・ピラティスの専門スタジオとしては、世界最大級の店舗数を誇ります。(日本で例えるならLAVAのピラティス版みたいな感じでしょうか)レッスン数やレッスンの種類も多く、どこも駅近なので、自分の都合や好みに合わせて柔軟に通うことができます。もちろん、全店舗男性も利用可能です。客層は老若男女問わず様々な年齢層の方が参加しています。

イベントや特別レッスンが充実しているのも大規模スタジオならでは。例えば門前仲町では毎週ママピラティスをやっていたり、阿佐ヶ谷では毎週50代からのピラティスをやっていたりします。

・グループレッスンはもちろん、プライベートレッスンも充実。全店にピラティスマシンが設置されています。ピラティスはリハビリ生まれ。身体に負担をかけて鍛える運動とは違い、抑制しながら筋肉を使うエクササイズは年齢や健康状態に関わらず、誰でも安全に行うことが出来ます。

料金について※店舗によって値段が若干変わります

入会金…20,000円(体験当日入会の場合無料)

全店フリー会員…16,000円(全店利用可)
フリー会員…14,000円(一店舗のみ)
月4会員…9,250円
※その他、都度購入タイプのチケットも用意があります。
マットレンタルはいつでも無料。

グループ体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


他店舗利用料300円を払えば、全店使えたり、姉妹店のBASIピラティスも500円で利用可能。
姉妹店のヨガスタジオ「ヨガプラス」、「ビクラムヨガ」も300円で利用が可能と嬉しいオプションがたくさんあります。

ピラティススタイルの詳細&キャンペーン情報

まとめ

いかがですか。

ピラティスを含めてどのようエクササイズでも、最初が肝心です。

ピラティススタジオなどでのレッスンであればインストラクターがしっかり指導してくれますが、自宅で行う場合は特に気をつけないと、自我流になってしまい、ピラティスの効果を得られません。

ですからピラティスを自宅で行う場合は、解説したようなことに気を付けましょう。そうすればインナーマッスルを鍛え、しなやかで引き締まった身体をゲットできるはずです。

・【編集部が行く】ピラティス体験取材で分かった驚きの効果やヨガとの違いについて!

・ヨガとピラティスでは効果にどんな違いがあるの?それぞれのメリットや選び方

・ヨガ初心者の方におすすめのその他の記事

旅、蕎麦と酒(全ジャンル)、落語、そして猫をこよなく愛する大阪在住ライターです。
最近は肩こりがさらにひどくなり、デスクでPCに向かいながら上半身ヨガで何とかしのいでいる日々。
しかしそのおかげで左半身のだるさが取れました!