目指せマイナス5キロ!鍋ダイエットで、美味しく痩せるレシピをご紹介

鍋料理には、体を温める効果があります。体を温めることで、発汗作用や脂肪燃焼効率を上げてカロリーを消費しやすくする効果があります。冬は美味しいものを沢山食べたくなる季節ですが、その分食べすぎたり運動不足になり、太りやすくなりがちです。ダイエットに効果的な鍋料理を作って、美味しく食べながら痩せちゃいましょう!

鍋がダイエットに良い理由

鍋は、体を温める効果があります。人間は、体が温まると基礎代謝がアップします。基礎代謝がアップすることで脂肪燃焼効率を上げ、カロリーを消費しやすくなり、ダイエットに繋がります。有名人にも人気があるダイエット法で、歌手の倖田來未さんやモデルの土屋アンナさんも鍋ダイエットに励み、産後ダイエットを成功させたことがあるのだとか。

さらに鍋料理には、ダイエットに効果的な食材がたくさんあります。鍋によく使用されるネギには、ビタミンB1の吸収率をアップさせる効果があります。ビタミンB1には、糖質のエネルギー変換を促進する効果があり疲労回復や体力回復にも最適です。

また、肉や魚には筋肉のもとになる栄養素であるたんぱく質が豊富に含まれています。筋肉量が少なくなると、基礎代謝が少なくなりカロリーを消費しずらい体になってしまいます。

↑たんぱく質を含む食材は、肉や魚の他に大豆などの豆類や卵など

よくモデルや芸能人が、ダイエットや体型維持のために肉を食べるというのは、基礎代謝をアップさせるために取り入れているようです。もちろん、いくらダイエットに効果的だからとはいえ食べ過ぎてもいけませんが、鍋に多く使用される肉や魚はダイエットに必要な栄養素を備えた食材といってもよいでしょう。

鍋ダイエットの方法

鍋ダイエットの方法は、とっても簡単!1日に1~2回の食事を、鍋料理にするだけです。ただし、鍋料理を作る際には気をつけるポイントがいくつかあります。

脂質の多いお肉は避けて

まず、鍋といえばすき焼きやもつ鍋を思い浮かべる人も多いかと思います。しかし、すき焼きやもつ鍋など脂質の多い肉材を使用すると逆効果になってしまいます。

お肉を選ぶ際は、肉の中でも低カロリーで高たんぱく質な薄切りの豚肉か鶏肉をチョイスするようにしましょう。

鍋料理には、ダイエットに効果的な具材を選ぶことが大切です。

〆ものは基本無し

鍋でお野菜やお肉を食べたあと欲しくなるのが、〆もの。鍋料理といえばシメも醍醐味ですが、ご飯やラーメンなど炭水化物を取ることが逆に太る原因になります。
〆が無いと鍋が終われない!そんな時は、こんにゃく麺や豆腐麺など、スーパーでも最近見かける糖質オフ麺を選ぶようにしましょう。
様々な種類が、発売されているので、チェックしてみてください。

スープの飲みすぎはNG

鍋料理をする際はスープの味付けにも注意して下さい。砂糖や油を使いすぎると、どんなに食材が良くても高カロリーになってしまいます。

また、鍋のスープを飲み過ぎてしまうと、カロリーだけでなく塩分も取り過ぎてしまいます。
塩分の取り過ぎは、健康面への悪影響だけでなく美容・ダイエット面においてもセルライトの元であるむくみや肌荒れの原因にもなります。控えめにしておきましょう。

鍋ダイエットにおすすめの具材

鍋ダイエットをするためには、低カロリーでヘルシーな具材を選ぶようにしましょう。また、カロリー以外にも食後の血糖値が上がりにくいもの(GI値の低いもの)をチョイスしましょう。血糖値が上がりやすい食材ほど、太りやすくなります。鍋ダイエットにおすすめの具材を紹介します。

  • キャベツ
  • トマト
  • 白菜
  • ブロッコリー
  • 舞茸
  • エリンギ
  • えのき
  • 鶏むね肉
  • 黒くらげ
  • 春菊

いずれも、低カロリーな上に血糖値が上がりにくい食材なのでダイエット中の食材としてオススメです。とくに鍋料理に多く使用される白菜には、ビタミンCが多く含まれておりメラニンの生成を抑える効果が期待できます。ダイエットだけでなく、美白効果も期待できるのでアンチエイジングにもオススメです。舞茸は、脂肪の吸収を抑える効果があります。食物繊維も多く含まれているので、便秘解消にも効果的です。

 

ダイエットに効果的な鍋レシピ

 次に、ダイエットに効果的な鍋レシピを紹介します。寒くなると、体の芯からポカポカ温まるような鍋が食べたくなるもの。次に、ヘルシーなダイエット鍋のレシピを紹介します。ダイエット鍋を楽しみながら、秋冬を美味しく乗り越えて下さいね。

鶏肉と豆腐でタンパク質満点のヘルシー鍋

(材料)

  • もやし 1/2~1袋
  • ねぎ 適量
  • 豆腐  1/2丁
  • 鶏肉 100g
  • 水 150ml
  • 酒 大さじ1
  • お好みで、すりごまや一味など

(作り方)

鍋に水を入れ豆腐、もやしを入れます。さらに、その上に薄切りにした鶏肉を入れます。他の具材も、あわせて乗せていきます。さらに調味料の酒をいれて温めます。すべての食材に火が通ったら完成です。食べる時は、ポン酢にすりごまや一味を入れて味わってみて下さい。

ダイエットに必要なたんぱく質を含む鶏肉を、美味しく取り入れることができる簡単レシピです。1人鍋にもオススメです。

美肌効果も!代謝UPで脂肪燃焼レモン鍋

(材料)

  • 豚肉うす切りorしゃぶしゃぶ用の豚肉 2パック
  • レモン 1/2~1個
  • 大根 1本
  • しめじ 適量
  • 塩麹 大さじ2
  • ポン酢 適量
  • 水 150ml

(作り方)

大根は皮をむいて、1本すりおろします。レモンは輪切りにします。大根には、塩麹を混ぜておきます。鍋にすった大根を大さじ2ほど敷いて、その上に薄切りの豚肉を敷きます。

その上にレモンを敷き、これを数回繰り返して積み上げていきます。しめじを入れ、そのまま火をつけて豚肉に火が通ったら完成です。ポン酢をつけて食べると、さっぱりしたレモンの酸味がきいた豚肉鍋の完成です。

塩麹には、代謝をアップさせる効果があります。さらにレモンにはダイエットに効果のあるビタミンCが含まれており、相乗効果でカロリー消費が期待できます。ビタミンCには、シミやそばかすを緩和させる美白効果も期待できるので、秋~冬の間にシミケアをしたいと考えている女性にも最適です。

発汗キムチ鍋はダイエット鍋の定番

(材料)

  • もやし 1/2袋
  • きのこ 適量
  • 油揚げ 適量
  • 豆腐  1/2丁
  • キムチ 適量
  • ねぎor白菜 適量
  • ニラ 適量
  • 水 150ml
  • 白だし 小さじ2
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1/2
  • ゴマ油 少々
  • お好みで、コチュジャンや豆板醤

(作り方)

作り方は超簡単。鍋に水を入れ、調味料の全てを入れます。それから、それぞれの具材を入れ、火にかけて沸騰させます。食材の全てに火が通れば完成です。ニラやキムチには発汗作用があり、体を温める効果がより期待できます。キムチ鍋で体を温め、カロリーを消費させちゃいましょう!

まとめ

 鍋料理は、一度に人間に必要な栄養素が簡単に取り入れることができます。ダイエットに効果的な食材をチョイスすることで、鍋を楽しみながら美しく痩せることができます。

また、鍋料理は体を温める効果があります。体を温め、基礎代謝をアップさせることで脂肪燃焼効率を上げることができます。

みなさんも、鍋ダイエットで美味しく、そして美しくマイナス5キロを目指してくださいね。

WEBライター。
婚活時代は数百件の合コンや婚活イベントに参加し、実体験に基づいた赤裸々な恋愛コラムが人気。 また、合コンで覚えた手相占いがTwitterで人気を呼び、2017年9月にココナラにて手相占いサービスを開始。 Twitterや口コミなどで人気に。
手相占いサイト: http://www.tesou.site/
writter hp:https://mikumayutan.wordpress.com/
ブログ: http://www.fashionable.work/
ココナラ占い:https://coconala.com/users/361895

SNS
Twitter
Instagram