初心者さん必見!ヨガレッスンに必要な持ち物・便利なアイテムとは

ヨガを始めたばかりの方なら、レッスンに何を持っていけばよいのか悩むことも多いはず。今回はウェアやヨガマットなどの必需品アイテム、あると便利なアイテムを中心にヨガレッスンに持っていきたい持ち物をご紹介します。

基本的なヨガの持ち物

スタジオやレッスン内容によって必要なものは変わります。ここではヨガレッスンに持っていく基本的な持ち物をまとめてみました。

・動きやすい服装とは

ヨガではさまざまなポーズを取るため、なるべく動きやすい服装がおすすめです。具体的にはセパレートのトップス、ボトムスがよいでしょう。
トップスならTシャツ、丈の短いブラタイプのウェアなど、ボトムスならパンツ、スパッツなどです。気をつけたい点はウェアの素材。ヨガの最中にたくさん汗をかくこともあるので、速乾性、吸水性に優れているものがおすすめです。さらにストレッチ素材のものであれば体に適度にフィットし、ポーズを取る際の動きを邪魔しません。

・ヨガマット

スタジオでレンタルがない場合は、ヨガマットを自分で用意する必要があります。メーカーによって重さ、価格などに違いがあるので、好みに合ったヨガマットを選ぶとよいでしょう。ヨガマットによく使われる素材の一部をご紹介します。

・天然ゴム
・ポリ塩化ビニール(PVC
・熱可塑性エラストマー(TPE

本格的なヨガを楽しみたい方にはクッション性が高い天然ゴムが人気です。ヨガマットの中でも高級品として扱われ、一生ものとして購入する人もいます。
人工的な素材としてはPVCTPEなどがあります。同じ薄さの場合PVCの方が重いようですが、価格は1,000円程度で購入できることもあり、リーズナブルな価格重視の方には魅力的です。
ヨガマットはオンラインショッピングで購入することもできますが、素材感やマットのにおいが分からず不安という方は、実際にスポーツショップに足を運び、目や鼻で比較してみるとよいでしょう。

ヨガマットをお探しの方におすすめの記事
「おしゃれで自分らしく!周りに差がつくヨガマットケースの選び方」

・水分

ヨガでは合間に水分補給を行いましょう。例えば水、スポーツ飲料などがおすすめです。水筒やペットボトルなど、好みの容器に飲み物を入れ、レッスンを受けるスタジオ内に持ち込みます。
飲むタイミングは、喉が渇いたと思う前にこまめに少しずつ取るのがおすすめ。たとえ周りがポーズを取っている最中でも構いません。自分のペースでヨガをいったん休み、十分な水分補給を行いましょう。

・タオル

タオルはさまざまな場面で必要になります。
・ヨガマットの上に敷く
・レッスン中の汗をぬぐう
・レッスン後のシャワー・入浴に使う

あくまで一例なので、必ずしも全てが当てはまるわけではありません。中には全てのタオルがレンタル可能なスタジオもあります。臨機応変に必要な枚数を用意しましょう。

・バッグ

市販でさまざまなヨガ専用のバッグが販売されています。種類はリュック、手提げ、肩掛けなどです。ヨガマットを巻いてしまえるもの、ポケットが多く大容量のものなど、目的に合わせて選ぶことができます。
素材もポリエステル、綿素材などさまざまなので、好みのものを選びましょう。もちろんヨガ専用のバッグでなくても、一般的なスポーツバックでも代用できます。

・あると便利なアイテム

ヨガレッスンに持っていくと役に立ちそうなアイテムを一部ご紹介します。

・ビニール袋
・ヘアゴム、ヘアピン
・シャンプー、リンスなど入浴に使うもの
・スキンケア用品
・メイク直しのための道具一式

ビニール袋は汗で濡れたウェアやタオルなどを入れるのに便利です。ヘアゴム、ヘアピンは長い髪を留めるために使います。
ただし頭を床につけるポーズが多い場合は、ヘアピンが危険なこともあります。その場合はヘアバンドで代用するとよいでしょう。
より汗をかきやすいホットヨガに通うなら、お風呂で汗を流してから帰りたいという方も多いのではないでしょうか。シャワールーム、浴室の設備があるスタジオなら、普段自分が使っている入浴アイテムを持っていくと便利です。ヘアケア用品・ボディソープなど、必要に応じて用意しておくと安心。メイク直しの道具も忘れずに準備しておきましょう。

ホットヨガの持ち物

ホットヨガとは、室温をあたたかく調節した部屋で行なうヨガのこと。基本的には常温のヨガと持ち物は変わりません。ここではホットヨガならではの持ち物をご紹介します。

・ホットヨガに適した服装

ホットヨガは温かい環境下でポーズを取るので、より多くの汗をかくことが予想されます。吸水性はもちろん、湿度を逃がしやすいウェアがおすすめです。

・より多めの水分

常温のヨガで1レッスン中に500mlペットボトル1本分飲むという方なら、それ以上は用意しましょう。多めの水分を取ることでレッスン中に体調を崩しにくくなります。

持ち物をコンパクトに

状況や人によっては持ち物を減らしたいというニーズがあるようです。

・通勤、通学帰りのレッスン

帰り道にヨガのレッスンを受ける場合、できるだけ荷物を減らしたい人も多いのではないでしょうか。それでも着替え、メイク落としなど持っていきたいものがあるのも現実。女性なら持ち物が多くなりがちですよね。
そこで通勤、通学帰りのレッスンの方は、なるべく大きな通勤、通学バックを利用してみましょう。ポケットがたくさんついたもの、マチが大きいものがおすすめです。着替えは薄く軽い服を選ぶ、メイク落としは使い捨てのコットンタイプを選ぶなど、持ち物をコンパクトにする工夫もしてみましょう。

・持ち物を減らしたい

それでも持ち物が減らない方は、スタジオのレンタル制度を利用してみましょう。ウェア、タオル、ヨガマットなど、スタジオによってレンタルできるものはさまざまです。
レッスン回数が多い場合は、レンタル込みの会員プランにした方がお得な場合もあります。通っているスタジオのプラン内容をよく確認しましょう。

レッスン内容に合った持ち物を準備しよう

受けるレッスンの種類、スタジオの設備などによって、ヨガに必要な持ち物は変わります。これからヨガを始める方は、今回の記事を参考にして、ぜひ自分に必要な持ち物を考えてみましょう。

関連記事

【ヨガの服装のポイント】ヨガの種類別おすすめウェアと初心者が準備しておきたいポイント

【ヨガ初心者向け】ホットヨガって何がいいの?効果やレッスン内容やウェアについて!

ヨガウェア情報をお探しの方におすすめのその他の記事

ヨガ初心者の方におすすめのその他の記事

無料体験レッスンに行ってみよう!全国展開する大手ヨガ・ピラティススタジオ

・ホットヨガスタジオ LAVA(ラバ) ※全国340店舗以上

全国に350店舗ほど展開する日本最大のホットヨガスタジオ「LAVA(ラバ)」。最近だと、土屋太鳳さんをイメージキャラクターとしたCMも人気ですね。LAVAでは、室温を38度、湿度を55%程度の状態にしてヨガを行うため、汗を大量にかけデトックス・美容効果が高いことで人気のスタジオです。

他と比べてLAVA(ラバ)のここがすごい!

・レッスン構成は、同一のクラス名であれば、全国どこのスタジオでも同様。徹底した研修システムによりレッスンの質にインストラクターごとのばらつきが出ないようにしています。

・通い放題コースでは、2店舗選択して通うことができます。会社の近くと自宅の近くなど自分のライフスタイルに合わせて、スタジオを使い分けられるのがメリット。

・インストラクターが、レッスン中にポーズのアジャスト(補正、サポート)を行ってくれるので、正しいポーズの感覚を身に付けることが出来ます。

・LAVAには男性も通えるスタジオが全国に141店舗用意されていますので、家族やカップルで通うことが出来ます。

料金について※店舗によって価格が異なります

入会金…5,000円(税込)

施設利用料…2,000円(税込)

マンスリーメンバー登録金…5,000円(税込)

月会費…8,300円~16,300円(税込)

体験レッスンは1,000円。体験当日入会をすると入会金やマンスリーメンバー登録金が0円になります。入会時には二か月分の月会費が必要です。

 
値段は多少CALDOよりお高めではありますが、2店舗通えるのは嬉しいですね。また、ヨガマットは自身で持参しなければいけないのでちょっと面倒と思う方も。(料金を支払えばスタジオに置きマットも可能)
日本最大級のホットヨガスタジオなので、特別レッスンやイベントなども充実していて飽きずに通えることができます!
 

LAVA(ラバ)の詳細&キャンペーン情報

・ホットヨガスタジオ CALDO(カルド) ※全国60店舗以上

事前予約不要で通える全国60店舗程度を展開するホットヨガスタジオのCALDO(カルド)。こちらもLAVA(ラバ)同様にホットヨガスタジオになります。

他と比べてCALDO(カルド)のここがすごい!

・値段が安い!店舗ごとに値段は多少異なるのですが、都内で通い放題コースを選択しても9,180円と一万円を切ります。初心者でも始めやすい価格設定なのが嬉しいですよね。

・ジム(フィットネスエリア)を併設!(※一部店舗は無し)ヨガスタジオ以外に、筋トレやランニングが出来るフィットネスエリアが完備されているので、ヨガ前に体を動かしたり、様々なメニューを自分で組んで体を動かすことが出来ます。また、スタジオによっては岩盤浴を併設しているスタジオも。

・予約が不要。レッスンごとに予約をする必要が無いので、思い立った時にレッスンに行くことができます。スタジオによっては人気レッスンで整理券が配布されることもあるので確認してください。マットも無料レンタルなので、ヨガウェアさえあれば思い立った時に行けるので楽ちんですよね。

・CALDO(カルド)には男性も通えるスタジオが全国33店舗に舗用意されていますので、家族やカップルで通うことが出来ます。

男性OKのCALDO(カルド)ヨガスタジオ一覧
東京都 銀座、新宿、渋谷、池袋、吉祥寺、石神井公園、西葛西、府中
神奈川県 川崎、藤沢、溝の口、関内、綱島
埼玉県 浦和、川越、川口、志木、
千葉県 千葉中央、津田沼、五香、成田
中部 栄(愛知)、豊川(愛知)、静岡
近畿 天六(大阪)、堀江(大阪)、江坂(大阪)、草津滋賀(滋賀)、守山(滋賀)
中国四国九州沖縄 岡山、中洲(福岡)、大橋(福岡)、宮崎

料金について※店舗によって若干価格が異なります

月会費…6,980円~14,000円

入会金…0円(キャンペーン中)

事務手数料…0円(キャンペーン中)

体験レッスンは980円。入会時には入会金、事務手数料、月会費が2~2.5か月分必要です。現在新規入会キャンペーン中で入会金と事務手数料が0円です!


人数が多く混雑することもありますが、広いスタジオなのであまり気になりません。また、LAVAは暖房ストーブで室内を温めているのに対して、CALDOは遠赤外線の床暖房を使っているのも違いです。CALDOはレッスン開始前に岩盤浴のように寝っ転がって体を温めている人が多くいます。デトックス効果が期待できるスタジオです。

CALDO(カルド)の詳細&キャンペーン情報

・常温ヨガ&ホットヨガスタジオ ヨガプラス ※全国20店舗以上

東京エリアと関西エリアを中心に全国20店舗以上展開するヨガプラス。男性も全店利用可能。LAVAやCALDOは一部の店舗しか男性は使えないので、男性にとっては通いやすいですね!
「ホットヨガ」と「常温ヨガ」の両方から選ぶことができ、シャワー付きロッカールーム、ラウンジなどを完備した、開放感溢れるスタジオが多いことが特徴です。ホットの汗だらだらの環境ではなく、ヨガだけに集中したいという方々から「常温ヨガ」は人気を集めています。
姉妹ブランドのピラティス専門スタジオ「basi(バシ)ピラティス」からインストラクターを招きピラティスクラスも導入しています。老若男女問わず、幅広い層が利用しており初心者でも参加しやすいのが特徴です。妊婦さんも歓迎しています(医師の同意書が必要です)

他と比べてヨガプラスのここがすごい!

・常温22℃、身体のゆるみと発汗を促す27.2℃、発汗を促す40℃から自分に合った室温のクラスが選べます。暑すぎるのが苦手、常温で体を動かすことに集中したいという方にオススメです。

・レッスンのバリエーションが豊富。ヨガだけでなく体幹の力強さを鍛えていくピラティスや、最先端のボディワーク等が充実。気分によって飽きることなくレッスンを選ぶことが出来ます。

・LAVAやCALDOは一部のみ男性可ですが、ヨガプラスのスタジオはすべて男性利用可能です。夫婦や家族でレッスンに参加している人も多くいます。

料金について※店舗によって価格が異なります

月会費…6,980円~14,000円

入会金…0円(キャンペーン中)

フリー会員…14,500円(グループレッスンが無制限に受講可能)

デイタイムフリー会員:12,000円(平日9:00~18:00のグループレッスンが無制限で受講可能)
月4会員:9,250円(グループレッスンが月4回受講可能)

デイ月4会員:7,500円(平日9:00~18:00のグループレッスンが月4回受講可能)

体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


ほかのホットヨガスタジオに比べ、そこまでダイエット推しではなく、ヨガを通して体の使い方を学びたい、ヨガを深めたい人におすすめです。全米で人気のヨガスタジオ「Yogaworks」のヨガプログラムを取り入れているのも特徴です。

ヨガプラスの詳細&キャンペーン情報

・ホットヨガスタジオ loive(ロイブ) ※全国32店舗

全国に37店舗を展開する、loive(ロイブ)は女性専用のホットヨガスタジオです。
どこのスタジオもナチュラルな木目調の床や壁で雰囲気も明るく、清潔感のある施設なのが特徴的です。女性のみのスタジオなので、徹底的に清潔感にこだわっていたり、提携の託児所を用意していたりと、女性に嬉しいサービスが多くあります。

他と比べてloive(ロイブ)のここがすごい!

・全店駅の近くで通いやすい!スタジオをはじめシャワールーム、パウダールームなどが清潔で女性人気が高い。

・本格的なヨガレッスンの他、ビートドラムダイエットやホットボクササイズ、サーフエクササイズなど話題のエクササイズレッスンが充実。ホットの環境で、フィットネスジムで提供されているスタジオプログラム並みのバリエーションが人気の理由。

・一般的なホットヨガスタジオのレッスン時間は45分~60分ですが、loive(ロイブ)では70分や90分のロングレッスンが用意されており、大量のカロリー消費とたっぷり発汗。

料金について※店舗によって若干価格が異なります

フルタイム会費…9,530円~15,000円(通い放題)

デイタイム会員:7,680円~13,000円(平日15時スタートのレッスンまで)
月4会員:7,700円~9,900円

 

体験レッスンは60分500円で体験レッスンを受けられます。

今なら、体験レッスン当日のご入会で入会金(通常1,000円)手数料(通常5,076円)が今なら無料です。


ヨガはもちろん、サーフエクササイズ、ボクシング、瞑想、ピラティス等と充実したレッスンプログラムを用意しているため、飽きることなく毎日楽しんで通えます。ダイエット目的から、リラックスまで様々な方が気軽に通えるヨガ・フィットネススタジオです。

ホットヨガスタジオLOIVE(ロイブ)の詳細&キャンペーン情報

・ピラティススタジオ BASIピラティス ※関東に28店舗以上

↑BASIピラティスの中でも特に人気のグループ「Flow」クラス

関東を中心に全国28店舗展開するBASIピラティス。「ヨガ」と「ピラティス」の違いは、ヨガがインドの文化から始まったものに対し、ピラティスはドイツで「リハビリ」を目的に始まったもの。起因は違うものの、呼吸に合わせ、身体と心のコントロールを行う点は両方とも一緒です!

ただ、ヨガはストレッチ効果の高いポーズも多く入ってくるのに対し、ピラティスは体幹やコアを使うポーズやエクササイズが中心。体が硬すぎてヨガを諦めてしまった…という方にもおすすめです。

↑ピラティスマシンを利用したプライベートレッスン

BASIピラティスでは、グループレッスンとプライベートレッスンの二種類が用意されています。人数でいえば、グループレッスンに参加されるお客さんの方が多いですが、マシン(リフォーマー)を使い、関節の可動域を広げ、通常の運動では強化できない部位を、強化していくプライベートレッスンも人気です。

他と比べてBASIピラティスのここがすごい!

・自分の身体をどのように扱えばいいのか、といった体の動かし方の正確性を学び、コントロールすることができるようになります。もちろんヨガも同様にできますが、ヨガの様々なポーズを取る中で体の動かし方を学ぶヨガに対し、リハビリ目的で生み出されたピラティスはよりダイレクトに体の使い方を習得できると言えます。インストラクターも全員正社員と、専門的に勉強した面々が揃います。

・年齢や健康状態、体の固さに関わらず、誰でも行なうことが出来ます。男女比は店舗にもよりますが6(女性):4(男性)程度の割合。年齢層は30代~50代が多く見られます。

・アップテンポな音楽に合わせて身体を動かすファンクラスや、様々なピラティスの道具(ボール・フォームローラー・セラバンド・バランスクッションなど)を使って体を動かす「FOCUS」クラスなどバリエーションが豊富。

料金について

入会金…30,000円(体験当日入会の場合無料)

全店フリー会員…18,500円(全店利用可)
フリー会員…16,500円(一店舗のみ)
月4会員…10,800円
※その他、都度購入タイプのチケットも用意があります。
マットレンタルはいつでも無料。

グループ体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


姿勢改善や肩こり・腰痛といった体の不調解消だけでなく、身長が伸びた、足が美脚ラインになった、といった他にも様々な効果を感じるお客さんが多いそう。正しい体の使い方を知るために、他のスポーツと併用される方が多いのもBASIピラティスの特徴です。

basiピラティスの詳細&キャンペーン情報

・ピラティススタジオ ピラティススタイル ※全国55店舗以上

関東、関西、東海、北海道と全国55店舗展開する「ピラティススタイル」。上で紹介した「basiピラティス」と同じ会社が経営しています。よりピラティスをデイリーに感じてもらうための空間として、店舗数もレッスン数もインストラクター数も規模を拡大して提供しているのが「ピラティススタイル」です。いずれも、ピラティス専門会社が運営するスタジオなので、ピラティスをきちんと学びたい方にはどちらもおすすめです!

他と比べてピラティススタイルのここがすごい!

・ピラティスの専門スタジオとしては、世界最大級の店舗数を誇ります。(日本で例えるならLAVAのピラティス版みたいな感じでしょうか)レッスン数やレッスンの種類も多く、どこも駅近なので、自分の都合や好みに合わせて柔軟に通うことができます。もちろん、全店舗男性も利用可能です。客層は老若男女問わず様々な年齢層の方が参加しています。

イベントや特別レッスンが充実しているのも大規模スタジオならでは。例えば門前仲町では毎週ママピラティスをやっていたり、阿佐ヶ谷では毎週50代からのピラティスをやっていたりします。

・グループレッスンはもちろん、プライベートレッスンも充実。全店にピラティスマシンが設置されています。ピラティスはリハビリ生まれ。身体に負担をかけて鍛える運動とは違い、抑制しながら筋肉を使うエクササイズは年齢や健康状態に関わらず、誰でも安全に行うことが出来ます。

料金について※店舗によって値段が若干変わります

入会金…20,000円(体験当日入会の場合無料)

全店フリー会員…16,000円(全店利用可)
フリー会員…14,000円(一店舗のみ)
月4会員…9,250円
※その他、都度購入タイプのチケットも用意があります。
マットレンタルはいつでも無料。

グループ体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


他店舗利用料300円を払えば、全店使えたり、姉妹店のBASIピラティスも500円で利用可能。
姉妹店のヨガスタジオ「ヨガプラス」、「ビクラムヨガ」も300円で利用が可能と嬉しいオプションがたくさんあります。

ピラティススタイルの詳細&キャンペーン情報

広島県在住。 東京から移住し、最近の言葉で言うところの「スローライフ」をのんびり送っています。 ヨガは日々の習慣になっていて、特に呼吸法(プラーナーヤマ)を意識・大切にし体を動かしています。 YOGAHACKを通してヨガの楽しさ・魅力が伝えられればと思います。