【初心者必見!】ヨガの種類別おすすめウェアブランドと確認しておきたいポイント・持ち物・マナー

「ヨガを始めたいけど、どんな格好で行けばいいのだろう…」そんな風に悩んでいる方は少なくないと思います。また、ヨガにはさまざまな種類があるので適した格好がどういったものなのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。 今回は、ヨガの種類別におすすめのウェアブランドをご紹介していきたいと思います。

ヨガの種類によって服装・スタイルもさまざま     

「そもそもヨガってどういうものなの?」という疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。ヨガにはダイエット、筋肉をつける、体を柔らかくする、リラックスなどの効果があるとされています。ピラティスと比較されることも多いのですが、ヨガは精神面にもアプローチするため、より高いリラックス効果が期待できるのです。

ただ、そんなヨガにもさまざまな種類があります。たとえばダイエット目的で行われるパワー系のヨガ。パワー系のヨガは、体を激しく動かすことも多いため、できるだけ動きやすい格好で参加するのがよいでしょう。

また、リラックス効果を目的としたヨガもあります。ハタヨガ、インヨガ、リストラティブヨガなどはゆったりとしたヨガのため、パワー系のヨガよりも動きが少ないのが特徴です。そのため、パワー系のヨガの格好でリラックス系のヨガに参加してしまうと、少し肌寒く感じてしまう可能性があります。逆に、リラックス系のヨガの服装でパワー系のヨガに参加してしまうと動いにくいので、自分が参加するヨガに合った服装を選ぶのがよいでしょう。

リラックス系のハタヨガ・インヨガなどはゆったりめのウェアでOK

リラックス系のヨガとして知られているハタヨガ、インヨガ、リストラティブヨガなどは、激しく動くわけではありません。そのため、比較的ゆったりめのウェアで参加する人が多い傾向にあります。

また、リラックス系のヨガは激しく動かないため、大量に汗をかくことはありません。なので、自分の服装で温度調節をする必要があります。もし寒ければパーカーを着たり、暑ければ緩めのTシャツを着たりと、自分にとって最適な服装で参加するとよいでしょう。下は、ウエスト周りが緩めのパンツなど、こちらも動きやすいものがおすすめです。

おすすめのリラックス系ヨガウェアブランド


出典: suria

「リラックス系のヨガにどのようなウェアを着ていけばいいのか分からない…」という方も多いと思いますので、おすすめのリラックス系ヨガウェアをご紹介していきます。

リラックス系ヨガウェアでおすすめのブランドは、「スリア」「ジュリエ」「ヴェドラス」です。トップス・ボトムともに伸縮性のあるものを選ぶとよいでしょう。また、ブラカップ付きのボトムスも販売されていますので、こちらもおすすめです。

ただし、あまりにもゆったりしすぎたウェアだと、頭を下にするポーズの際、襟元が垂れ下がってしまいます。それが原因で集中できなくなってしまう可能性もありますので、適度にゆったりとしたウェアを選んでみてください。

ちなみに、最近はオールインワンのウェアも人気です。お腹や背中がめくれる心配もありませんし、上下のコーディネートを考える必要もありませんので、おすすめです。

また、髪型ですが、ロングヘアーの方は髪の毛が邪魔になることもありますので、後頭部で1つにまとめるとよいでしょう。

suria(スリア)

【初心者向け】リラックス系ヨガのプチプラコーディネート

 
出典:GU スポーツ

「せっかくヨガを始めるからには、きちんとした格好で参加したい!でも、いきなり高いウェアに手を出すのはなぁ…」

そんな悩みをお持ちの方も少なくないでしょう。その場合は、しまむら、ユニクロ、FOREVER21GUなどでウェアを揃えるのがおすすめ。いわゆる「プチプラ」ですが、最近は非常におしゃれなウェアが多くなっているからです。

たとえばGUの「ヨガパンツ」は、ウエスト周り、腰回りがゆったりしたデザインですが、パンツの裾にゴムが入っているので、ストレスなく動くことができます。価格も税込1,609円とリーズナブルなので、非常におすすめです。また、FOREVER21にはSportsラインがあり、パーカーやレギンスなどが数多く取り揃えられていますので、デザインを重視したい方には特におすすめといえるでしょう。

運動量の多いパワーヨガ・ホットヨガなどは汗染み対策・速乾性・フィット感がポイント

リラックス系ヨガは激しい動きがないため、大量に汗をかくことはありません。しかし、運動量の多いパワーヨガや、温度39度湿度70%程度で行うホットヨガの場合は、大量に汗をかくことが予想されます。ですから、よりフィット感のあるウェア選びが必要になるでしょう。

上半身は、カップ付きのキャミソールやタンクトップやブラトップ。下半身はフィット感のあるレギンスがおすすめです。
また、お腹や背中がめくれる心配のないオールインワンもおすすめです。
Tシャツだとめくれあがって邪魔になる他、汗で肌に張り付いてしまい、ストレスを感じるからです。速乾素材のウェアであれば、汗染みも目立ちにくいので、心置きなくヨガを楽しむことができます。

運動量の多いパワーヨガ・ホットヨガ向けおすすめヨガウェアブランド

出典: lululemon

先ほどもお伝えしたようにダイエット系ヨガの場合、リラックス系ヨガよりも動きが多くなります。また、汗の量も多くなりますので、フィット感のある動きやすいウェアがよいでしょう。そのため、トップスはブラキャミソールやタンクトップ、パンツはレギンスがおすすめです。

おすすめのブランドは、世界的にも有名なカナダのヨガウェアブランド「lululemon(ルルレモン)」、インストラクターさんでも愛用者が多い「EASYOGA(イージーヨガ)」、希少なメリノーウールを使用したスイスの「[sn]super.natural(スーパーナチュラル)」、デザイン性が高いことで定評がある「AUMNIE(アムニー)」。どのブランドも、運動量の多いヨガを行う方に向けた、体にフィットするウェアを上下とも揃えています。

ヨガインストラクターから愛用される「EASYOGA(イージーヨガ)」。綺麗な発色とエレガントなデザイン、そして生地が強いのでどれだけ洗ってもへたらないのが人気の秘訣です。
値段は10,000円以上のものが多いですが、何年も使えるので結果的に「コスパ良し」とインストラクターの声がよく聞かれます。

 

easyoga(イージーヨガ) 公式オンラインショップ

 

スイスで誕生した[sn]super.natural(スーパーナチュラル)はすべてのアイテムに希少なメリノーウールを使用。上質で機能的なアイテムは、瞬く間にヨーロッパ圏、そして日本にも広がり、本物志向のユーザーから高い評価を得ています。サステイナビリティ(持続可能性)にも力を入れているブランドです。

[sn]super.natural(スーパーナチュラル)

 

人気ヨガ講師の方やモデルさんなどおしゃれな人が着ていることが多い「AUMNIE(アムニー)」は、カナダ発のヨガウェアブランドです。女性らしいデザインとシルエットに特徴があり、身につけるだけでテンションが上がります。特に、上下セットの柄ウェアがどれも素敵で目移りしてしまいます。おしゃれな上に生地も厚めで長持ちするので、1着は持っておきたいブランドです。

AUMNIE(アムニー)

選ぶときのポイントは、ヨガに集中できる体にフィットしたものかどうか。
特にトップスは試着時に、

  • 前かがみになってみて胸元がガバッと見えないか
  • 頭を下に向けたときにお腹が見えてしまわないか

など確認してみましょう。周りの目を気にしていては集中力も切れてしまいます。楽しいヨガを満喫するために、自分の体に合うウェアを選びましょう。

出典:http://www.uniqlo.com/jp/

胸元の開きが気になる場合は、スポーツブラやカップ付インナーのタンクトップを中に着るのもおすすめです。もちろん1枚で着てもOKです。ただ、締め付け過ぎも禁物ですので楽に呼吸できるものを選ぶようにしましょう。

写真はユニクロの人気ブラトップですが、身体にフィットするデザインだけど、締め付け過ぎない快適な付け心地と評判です。

おすすめのヨガインナー (Puravida!)

 

【初心者向け】運動量の多いヨガ向けのプチプラコーディネート

 
出典: ユニクロ

こちらも同様に、「いきなり高いウェアを買うのはなぁ…」という方は、ユニクロやFOREVER21などでウェアを揃えてみてください。

たとえばユニクロの場合、エアリズムという速乾素材のウェアが販売されています。速乾素材のウェアは汗染みが目立ちにくいですし、肌に張り付くことも少ないため、ダイエット系ヨガのウェアとしては非常におすすめです。トップスの「エアリズムレーサーバックブラタンクトップ」という商品は税込1,070円、パンツの「エアリズムレギンス」という商品は税込2,150円とお求め安い価格なので、ぜひ店頭でご覧になってみてください。どのお店のウェアも、カラーバリエーションが非常に豊富なので、自分好みのスタイリングが可能です。また、ユニクロやFOREVER21ではSALEも行われるため、値下がりしている時期を狙って購入するのもよいでしょう。

ユニクロ アクティブウェア

 

マタニティヨガの服装は産後も使える仕様のヨガウェアがおすすめ

最近は、妊婦さんが参加可能な「マタニティヨガ」も人気です。マタニティヨガは、安定期に入った16周目ころから参加するのが最適だとされています。それ以前は、つわりや流産なども心配があるためです。ただ、場所によっては妊娠10周目から参加可能なクラスもありますので、もし参加を希望する場合は、医師やインストラクターと相談の上、決めるようにしてください。

そんなマタニティヨガですが、お腹が大きくなった人への効果を想定してプログラムが組まれているため、妊娠中の運動不足を解消することができるのです。妊娠中に運動不足になることで、ストレスが溜まってしまう人も少なくありません。なので、妊娠中にも体を動かしたい人には特におすすめといえるでしょう。

また、マタニティヨガの服装は、お腹の部分がゆったりしていて、伸縮性があるものがおすすめです。とくにおすすめなのは「授乳ウェア」で、授乳口がついているため、産後も着用することができます。妊娠中から産後まで着ることができれば節約にもつながるため、経済的にも優しいウェアなのです。

 おすすめのマタニティヨガウェアブランドとコーディネートのポイント

マタニティヨガのウェアを選ぶときのポイントとしては、当たり前ではありますが、お腹の部分がゆったりしたものを選ぶことが大切です。また、保温性のあるウェアを選ぶことも重要といえるでしょう。特に妊娠期間中は身体を冷やしてはなりません。そのため、冬場は長袖のウェアを着用したり、レッグウォーマーを着用したり、身体を冷やさないように注意しながらヨガを行いましょう。

夏場の場合は、薄着でヨガを行うことも多くなると思いますが、汗をかいたらすぐにタオルで拭き取るようにしましょう。汗が冷えて体温を奪ってしまう可能性があるからです。そのため、タオルで汗を拭くのはもちろんのこと、速乾素材のウェアを着用するのもよいでしょう。

また、パンツはウエストにゴムが入っているものがおすすめです。ウエストにゴムが入っているものは、お腹が大きくなっても無理なく履くことができます。

また、おすすめのマタニティヨガウェアブランドは、「ヨギー・サンクチュアリ」や「gap」です。どちらもマタニティ用ヨガウェアとして販売しており、ヨガレッスンだけでなく、家でもお出かけ時でも使えるデザイン性の高さが魅力となっています。

style-yoggy.com

もちろん、プチプラのファストファッションブランドの大き目サイズで対応することも可能です。ただ、肩幅や胸の開きなども大きくなるので、はだけてしまう恐れもあります。体を冷やすのは禁物なので、運動時はマタニティ用のウェアが一枚あると良いですね。

おすすめのマタニティヨガウェア (Puravida!)

 

メンズヨガウェアのおすすめブランドとコーデポイント

ヨガは女性人気が高いと思われがちですが、最近はメンズヨガも人気です。ただ、まだ割合的には女性の方が圧倒的に多いのが現実です。あまりにも露出が多いウェアだと、女性に不快感を与えてしまう可能性がありますので、露出が少なく、リラックスできるウェアがおすすめです。

メンズのヨガウェアもたくさん販売されていますので、メンズのヨガウェアを着用することをおすすめします。おすすめブランドは、世界的に有名なカナダのヨガウェアブランド「lelelemon(ルルレモン)」やヨガマットが大人気の「マンデュカ」や絶妙なカラーリングでデザイン性が高い「チャコット」です。

おすすめのメンズヨガウェア (Puravida!)

 

【ヨガ初心者】1 日体験や初めてのレッスンのための持ち物と注意点

1日体験や初めてのレッスンには何を持っていけばいいんだろう?」「他の人と違う格好で浮いてしまったらどうしよう…」などの不安をお持ちの方も少なくないでしょう。

まずはヨガの格好についてここまでのおさらい

  • ヨガウェアはヨガの種類に合ったものを着用することをおすすめ。
  • リラックス系のヨガであれば、ゆったりしたTシャツやパンツなど
  • 運動量の多いヨガは汗の量も多くなるため、フィット感のあるタンクトップやレギンス
  • マタニティヨガの場合は、お腹の部分にゆとりがあるウェアや、保温性があるウェア
  • メンズのヨガウェアは、露出量を気にした動きやすい恰好

ヨガレッスンに参加するときのマナーは?

  • 遅くとも、5分前には教室に到着しておくこと。レッスン前に心を落ち着かせるよう準備をしている人もいます。バタバタとした入室は避けましょう。
  • 匂いの強い香水は使わない。自分は良いかもしれませんが、レッスン中その匂いをずっとかぐ隣の人の気持ちになってみましょう。
  • 髪の毛が長い方は、お団子にまとめたり結ぶなどしましょう。邪魔になってレッスンに集中できません。
  • ヨガの直前1時間前は食事をとらないように。内臓を刺激するポーズもあるので気持ち悪くなる恐れがあります。
  • レッスン後は、マットを拭く、床に汗がついてないか、など次に使う人の気持ちを考え片付けを行いましょう。
  • ヨガ後は、吸収率が高まってるので1時間後までは食事の内容は気を付けましょう。

ヨガレッスンに参加するときの持ち物は?

ヨガマットやフェイス用タオルなど、貸し出しを行っているスタジオも多いため、スタジオにあらかじめ確認しておきましょう。

  • ヨガウェア
  • ヨガマット(スタジオに要確認)
  • タオル(スタジオに要確認)
  • お水(ホットヨガの場合は汗を大量にかくのでスポーツドリンクやアミノ酸ドリンクでも良い)
  • 髪の毛をまとめるゴム

まとめ

ヨガを初める際は、ご自分が参加するヨガの種類に合ったウェアを選ぶようにするということが分かっていただけたかと思います。

また、ヨガマットやフェイス用タオルも必要ですが、貸し出しを行っているスタジオが多いため、面倒な方はレンタルをおすすめします。(すべてのスタジオが貸し出しを行っているわけではないため、事前に確認や予約などをするようにしてください)

また、ヨガの開始時間に遅れないようにしたり、匂いの強い香水を使わないようにしたり、他の人の集中力を落とす行動を取らないようにしたりと、最低限のマナーを守るようにすれば、楽しくヨガを行うことができるでしょう。

無料体験レッスンに行ってみよう!全国展開する大手ヨガ・ピラティススタジオ

・ホットヨガスタジオ LAVA(ラバ) ※全国340店舗以上

全国に350店舗ほど展開する日本最大のホットヨガスタジオ「LAVA(ラバ)」。最近だと、土屋太鳳さんをイメージキャラクターとしたCMも人気ですね。LAVAでは、室温を38度、湿度を55%程度の状態にしてヨガを行うため、汗を大量にかけデトックス・美容効果が高いことで人気のスタジオです。

他と比べてLAVA(ラバ)のここがすごい!

・レッスン構成は、同一のクラス名であれば、全国どこのスタジオでも同様。徹底した研修システムによりレッスンの質にインストラクターごとのばらつきが出ないようにしています。

・通い放題コースでは、2店舗選択して通うことができます。会社の近くと自宅の近くなど自分のライフスタイルに合わせて、スタジオを使い分けられるのがメリット。

・インストラクターが、レッスン中にポーズのアジャスト(補正、サポート)を行ってくれるので、正しいポーズの感覚を身に付けることが出来ます。

・LAVAには男性も通えるスタジオが全国に141店舗用意されていますので、家族やカップルで通うことが出来ます。

料金について※店舗によって価格が異なります

入会金…5,000円(税込)

施設利用料…2,000円(税込)

マンスリーメンバー登録金…5,000円(税込)

月会費…8,300円~16,300円(税込)

体験レッスンは1,000円。体験当日入会をすると入会金やマンスリーメンバー登録金が0円になります。入会時には二か月分の月会費が必要です。

 
値段は多少CALDOよりお高めではありますが、2店舗通えるのは嬉しいですね。また、ヨガマットは自身で持参しなければいけないのでちょっと面倒と思う方も。(料金を支払えばスタジオに置きマットも可能)
日本最大級のホットヨガスタジオなので、特別レッスンやイベントなども充実していて飽きずに通えることができます!
 

LAVA(ラバ)の詳細&キャンペーン情報

・ホットヨガスタジオ CALDO(カルド) ※全国60店舗以上

事前予約不要で通える全国60店舗程度を展開するホットヨガスタジオのCALDO(カルド)。こちらもLAVA(ラバ)同様にホットヨガスタジオになります。

他と比べてCALDO(カルド)のここがすごい!

・値段が安い!店舗ごとに値段は多少異なるのですが、都内で通い放題コースを選択しても9,180円と一万円を切ります。初心者でも始めやすい価格設定なのが嬉しいですよね。

・ジム(フィットネスエリア)を併設!(※一部店舗は無し)ヨガスタジオ以外に、筋トレやランニングが出来るフィットネスエリアが完備されているので、ヨガ前に体を動かしたり、様々なメニューを自分で組んで体を動かすことが出来ます。また、スタジオによっては岩盤浴を併設しているスタジオも。

・予約が不要。レッスンごとに予約をする必要が無いので、思い立った時にレッスンに行くことができます。スタジオによっては人気レッスンで整理券が配布されることもあるので確認してください。マットも無料レンタルなので、ヨガウェアさえあれば思い立った時に行けるので楽ちんですよね。

・CALDO(カルド)には男性も通えるスタジオが全国33店舗に舗用意されていますので、家族やカップルで通うことが出来ます。

男性OKのCALDO(カルド)ヨガスタジオ一覧
東京都 銀座、新宿、渋谷、池袋、吉祥寺、石神井公園、西葛西、府中
神奈川県 川崎、藤沢、溝の口、関内、綱島
埼玉県 浦和、川越、川口、志木、
千葉県 千葉中央、津田沼、五香、成田
中部 栄(愛知)、豊川(愛知)、静岡
近畿 天六(大阪)、堀江(大阪)、江坂(大阪)、草津滋賀(滋賀)、守山(滋賀)
中国四国九州沖縄 岡山、中洲(福岡)、大橋(福岡)、宮崎

料金について※店舗によって若干価格が異なります

月会費…6,980円~14,000円

入会金…0円(キャンペーン中)

事務手数料…0円(キャンペーン中)

体験レッスンは980円。入会時には入会金、事務手数料、月会費が2~2.5か月分必要です。現在新規入会キャンペーン中で入会金と事務手数料が0円です!


人数が多く混雑することもありますが、広いスタジオなのであまり気になりません。また、LAVAは暖房ストーブで室内を温めているのに対して、CALDOは遠赤外線の床暖房を使っているのも違いです。CALDOはレッスン開始前に岩盤浴のように寝っ転がって体を温めている人が多くいます。デトックス効果が期待できるスタジオです。

CALDO(カルド)の詳細&キャンペーン情報

・常温ヨガ&ホットヨガスタジオ zen place (旧ヨガプラス) ※全国20店舗以上

東京エリアと関西エリアを中心に全国20店舗以上展開するzen place。男性も全店利用可能。一般的なヨガスタジオは一部の店舗しか男性は使えないので、男性にとっては通いやすいですね!
「ホットヨガ」と「常温ヨガ」の両方から選ぶことができ、シャワー付きロッカールーム、ラウンジなどを完備した、開放感溢れるスタジオが多いことが特徴です。ホットの汗だらだらの環境ではなく、ヨガだけに集中したいという方々から「常温ヨガ」は人気を集めています。
姉妹ブランドのピラティス専門スタジオ「basi(バシ)ピラティス」からインストラクターを招きピラティスクラスも導入しています。老若男女問わず、幅広い層が利用しており初心者でも参加しやすいのが特徴です。妊婦さんも歓迎しています(医師の同意書が必要です)

他と比べてzen placeのここがすごい!

・常温22℃、身体のゆるみと発汗を促す27.2℃、発汗を促す40℃から自分に合った室温のクラスが選べます。暑すぎるのが苦手、常温で体を動かすことに集中したいという方にオススメです。

・レッスンのバリエーションが豊富。ヨガだけでなく体幹の力強さを鍛えていくピラティスや、最先端のボディワーク等が充実。気分によって飽きることなくレッスンを選ぶことが出来ます。

・一般的なヨガスタジオは一部のみ男性可ですが、ヨガプラスのスタジオはすべて男性利用可能です。夫婦や家族でレッスンに参加している人も多くいます。

料金について※店舗によって価格が異なります

月会費…6,980円~14,000円

入会金…0円(キャンペーン中)

フリー会員…14,500円(グループレッスンが無制限に受講可能)

デイタイムフリー会員:12,000円(平日9:00~18:00のグループレッスンが無制限で受講可能)
月4会員:9,250円(グループレッスンが月4回受講可能)

デイ月4会員:7,500円(平日9:00~18:00のグループレッスンが月4回受講可能)

体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


ほかのホットヨガスタジオに比べ、そこまでダイエット推しではなく、ヨガを通して体の使い方を学びたい、ヨガを深めたい人におすすめです。全米で人気のヨガスタジオ「Yogaworks」のヨガプログラムを取り入れているのも特徴です。

zen placeの詳細&キャンペーン情報

・ホットヨガスタジオ loive(ロイブ) ※全国32店舗

全国に37店舗を展開する、loive(ロイブ)は女性専用のホットヨガスタジオです。
どこのスタジオもナチュラルな木目調の床や壁で雰囲気も明るく、清潔感のある施設なのが特徴的です。女性のみのスタジオなので、徹底的に清潔感にこだわっていたり、提携の託児所を用意していたりと、女性に嬉しいサービスが多くあります。

他と比べてloive(ロイブ)のここがすごい!

・全店駅の近くで通いやすい!スタジオをはじめシャワールーム、パウダールームなどが清潔で女性人気が高い。

・本格的なヨガレッスンの他、ビートドラムダイエットやホットボクササイズ、サーフエクササイズなど話題のエクササイズレッスンが充実。ホットの環境で、フィットネスジムで提供されているスタジオプログラム並みのバリエーションが人気の理由。

・一般的なホットヨガスタジオのレッスン時間は45分~60分ですが、loive(ロイブ)では70分や90分のロングレッスンが用意されており、大量のカロリー消費とたっぷり発汗。

料金について※店舗によって若干価格が異なります

フルタイム会費…9,530円~15,000円(通い放題)

デイタイム会員:7,680円~13,000円(平日15時スタートのレッスンまで)
月4会員:7,700円~9,900円

 

体験レッスンは60分500円で体験レッスンを受けられます。

今なら、体験レッスン当日のご入会で入会金(通常1,000円)手数料(通常5,076円)が今なら無料です。


ヨガはもちろん、サーフエクササイズ、ボクシング、瞑想、ピラティス等と充実したレッスンプログラムを用意しているため、飽きることなく毎日楽しんで通えます。ダイエット目的から、リラックスまで様々な方が気軽に通えるヨガ・フィットネススタジオです。

ホットヨガスタジオLOIVE(ロイブ)の詳細&キャンペーン情報

・zen place pilates by basi pilates(旧BASIピラティス) ※関東に28店舗以上

関東を中心に全国28店舗展開するzen place pilates by basi pilates。「ヨガ」と「ピラティス」の違いは、ヨガがインドの文化から始まったものに対し、ピラティスはドイツで「リハビリ」を目的に始まったもの。起因は違うものの、呼吸に合わせ、身体と心のコントロールを行う点は両方とも一緒です!

ただ、ヨガはストレッチ効果の高いポーズも多く入ってくるのに対し、ピラティスは体幹やコアを使うポーズやエクササイズが中心。体が硬すぎてヨガを諦めてしまった…という方にもおすすめです。

zen place pilates by basi pilatesでは、グループレッスンとプライベートレッスンの二種類が用意されています。人数でいえば、グループレッスンに参加されるお客さんの方が多いですが、マシン(リフォーマー)を使い、関節の可動域を広げ、通常の運動では強化できない部位を、強化していくプライベートレッスンも人気です。

他と比べてzen place pilates by basi pilatesのここがすごい!

・自分の身体をどのように扱えばいいのか、といった体の動かし方の正確性を学び、コントロールすることができるようになります。もちろんヨガも同様にできますが、ヨガの様々なポーズを取る中で体の動かし方を学ぶヨガに対し、リハビリ目的で生み出されたピラティスはよりダイレクトに体の使い方を習得できると言えます。インストラクターも全員正社員と、専門的に勉強した面々が揃います。

・年齢や健康状態、体の固さに関わらず、誰でも行なうことが出来ます。男女比は店舗にもよりますが6(女性):4(男性)程度の割合。年齢層は30代~50代が多く見られます。

・アップテンポな音楽に合わせて身体を動かすファンクラスや、様々なピラティスの道具(ボール・フォームローラー・セラバンド・バランスクッションなど)を使って体を動かす「FOCUS」クラスなどバリエーションが豊富。

料金について

入会金…30,000円(体験当日入会の場合無料)

全店フリー会員…18,500円(全店利用可)
フリー会員…16,500円(一店舗のみ)
月4会員…10,800円
※その他、都度購入タイプのチケットも用意があります。
マットレンタルはいつでも無料。

グループ体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


姿勢改善や肩こり・腰痛といった体の不調解消だけでなく、身長が伸びた、足が美脚ラインになった、といった他にも様々な効果を感じるお客さんが多いそう。正しい体の使い方を知るために、他のスポーツと併用される方が多いのもBASIピラティスの特徴です。

zen place pilates by basi pilatesの詳細&キャンペーン情報

・zen place pilates(旧ピラティススタイル ) ※全国55店舗以上

関東、関西、東海、北海道と全国55店舗展開する「zen place pilates」。上で紹介した「zen place pilates by basi pilates」と同じ会社が経営しています。よりピラティスをデイリーに感じてもらうための空間として、店舗数もレッスン数もインストラクター数も規模を拡大して提供しているのが「zen place pilates」です。いずれも、ピラティス専門会社が運営するスタジオなので、ピラティスをきちんと学びたい方にはどちらもおすすめです!

他と比べてzen place pilatesのここがすごい!

・ピラティスの専門スタジオとしては、世界最大級の店舗数を誇ります。(日本で例えるならLAVAのピラティス版みたいな感じでしょうか)レッスン数やレッスンの種類も多く、どこも駅近なので、自分の都合や好みに合わせて柔軟に通うことができます。もちろん、全店舗男性も利用可能です。客層は老若男女問わず様々な年齢層の方が参加しています。

イベントや特別レッスンが充実しているのも大規模スタジオならでは。例えば門前仲町では毎週ママピラティスをやっていたり、阿佐ヶ谷では毎週50代からのピラティスをやっていたりします。

・グループレッスンはもちろん、プライベートレッスンも充実。全店にピラティスマシンが設置されています。ピラティスはリハビリ生まれ。身体に負担をかけて鍛える運動とは違い、抑制しながら筋肉を使うエクササイズは年齢や健康状態に関わらず、誰でも安全に行うことが出来ます。

料金について※店舗によって値段が若干変わります

入会金…20,000円(体験当日入会の場合無料)

全店フリー会員…16,000円(全店利用可)
フリー会員…14,000円(一店舗のみ)
月4会員…9,250円
※その他、都度購入タイプのチケットも用意があります。
マットレンタルはいつでも無料。

グループ体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


他店舗利用料300円を払えば、全店使えたり、姉妹店のBASIピラティスも500円で利用可能。
姉妹店のヨガスタジオ「zen place」、「zen place hot yoga」も300円で利用が可能と嬉しいオプションがたくさんあります。

zen place pilatesの詳細&キャンペーン情報

ヨガ・ピラティスに関するさまざまな情報をお届けします。