専門家おすすめオーガニック美容オイル8選!高品質オイルで肌をチャージ

顔や体など皮膚につけるオーガニック美容オイルはオーガニックなどこだわりたいですよね。また、様々なオーガニックオイルがある中でそれぞれの効能を知って効果的に使えるように紹介します。

 

美容オイルで使われるキャリアオイルとは

 アロマを普段から生活に取り入れている方には馴染みが多い言葉だと思います。アロマ精油などは濃度が濃いものなので、直接肌につけることはできず、アルコールやキャリアオイル(植物油)で薄めて使います。ベースオイルと呼ばれることもありますね。もちろんアロマの効能も大事ですが、このキャリアオイルの保湿力や含まれるビタミンなども私たちの体に及ぼす影響は高いです。今回はキャリアオイルの中でもオーガニックのオイルやバター(固形)を紹介します。

オススメのオーガニックオイル

本当に沢山のオイルがある中で、オーガニックかつ効能の期待できるおススメのオイルを紹介します。

・NATURAL ORCHESTRA (ナチュラル オーケストラ) ホホバオイル

フランス有機認証機関ecocertとeu統合有機認証機関cosmosからオーガニック認定を受けたホホバオイル。

 ホホバオイルは反バクテリアの効果からニキビなどの吹き出物の原因のアクネ菌にも効くということで若い人からも人気がありますね。ほぼ無臭のオイルなのでクレンジングから、保湿剤としても普段使いしやすいですね。

NATURAL ORCHESTRA(ナチュラル オーケストラ)は世界的なオーガニック認証を受けていますが、日本の工場にて生産されているので美しいゴールドのホホバオイルを安定した品質で手に入れることができます。

NATURAL ORCHESTRA(ナチュラル オーケストラ) ホホバオイル 

・WELEDA(ヴェレダ) スイートアーモンドオイル

50ヶ国以上で愛されるオーガニックオイルブランドのWELEDA(ヴェレダ)。

 敏感肌の方や赤ちゃんへの肌の保湿にも使える優しいオイルです。ビタミンEが豊富で肌を柔らかく保ってくれ、マッサージオイルとしてもぴったりです。香りは優しくアーモンドのような香りかすかにがするほどです。

WELEDA(ヴェレダ)の人気オイルの一つカレンドラなどと組み合わせて妊婦さんの妊娠線対策オイルとして使うこともおススメします。

WELEDA(ヴェレダ) スイートアーモンドオイル 

・ABYSSAL(アビサル) 植物性スクワラン

天然のシュガースクワランオイル。

数滴を顔全体になじませると、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を正常にしてキメの細かい肌へ導きます。ドライアー後の毛先に揉みこめばリンス代わりになります。

深海鮫の肝油から抽出して作られた動物性のスクワランも多いですが、こちらはシュガースクワランオイルはお砂糖から誕生した肌にも自然にもやさしい植物性スクワランです。

ABYSSAL(アビサル) 植物性スクワランオイル

・Melvita(メルヴィータ) アルガンオイル

アンチエイジングも期待できるモロッコ原産のアルガンオイル。

 髪や肌に必要なオレイン酸やリノール酸などの必須脂肪酸が含まれ、髪のパサつきや肌のくすみ予防に使われています。最近ではウェット感のあるヘアセットにも若い人を中心に愛用者が増えていますね。

日本でも人気のMelvita(メルヴィータ)はエコサート認証獲得だけでなく、フェアトレードを実施し地域サポートもしています。食用オイルでも話題になるオイルの抽出法ですが、低温圧搾の一番搾りだけを使用している点も素晴らしいですね。

Melvita(メルヴィータ) アルガンオイル 

・PRIMAVERA(プリマヴェーラ) アプリコットカーネルオイル

あんずの種子から抽出した杏仁(キョウニン)とも呼ばれるオイル。

オイルはベタベタする印象を持っている方も多いですが、アプリコットカーネルの軽くサラサラとした使用感は気になる方へおススメできます。少し高価ですが、乾燥して荒れた肌なども保湿してくれます。使うバラ科のアレルギーのあるお子さんなどは使用を避けてください。

1986年の創立以来、プリマヴェーラ・ライフ社はオーガニックの高品質な商品を取り扱い、世界でオーガニック栽培のプロジェクトを行っています。植物療法フィトテラピー)界でも存在感のあるブランドですね。

PRIMAVERA(プリマヴェーラ) アプリコットカーネルオイル 

・Acure Organics(アキュア オーガニクス) マルラオイル

老化防止オイルとして世界中が注目するオイル。

出典: iHerb

 抗酸化力がオリーブオイルの約10倍としてアンチエイジングや、ビタミンEの豊富さ、ビタミンCはオレンジの約4倍という点で話題のオイルです。美容効果だけでなく、乾燥やあかぎれにもよく効きます。

Acure Organics(アキュア オーガニクス)は農薬なしの野生育ちのマルラオイル100%であり、南アフリカの女性たちに経済支援も提供しています。 

Acure Organics(アキュア オーガニクス) マルラオイル 

 固形系(バター系)オーガニックオイル

 液状のオイルは伸びも良くて使いやすいですが、しっかりとした保湿力や持ち運びにも便利な固形の油も使いやすいシチュエーションがあるので紹介します

・CATTIER(カティエ) シアバター

 体温で溶ける植物性バター。

ハンドクリームやリップクリームなどに使われるシアバターは肌につけて伸ばすとスーっと程よく溶けて保湿力も長いことが有名です。原産地アフリカでは、紫外線と乾燥から肌を守るために使われていたため普段のUVケアにも効果があります。

パリのコスメブランドCATTEIR(カティエ)はECOCERTとCOSMEBIOの有機認証を獲得し、石油原料や遺伝子組み換え原料、人口香料なども使っていないので安心して使えますね。

CATTEIR(カティエ) シアバター 

・sunfood(サンフード) カカオバター

 チョコレートを使う際の食品としても使われるバター。

出典: iHerb

保湿作用に優れているのでリップクリームの材料にもおススメです。肌を柔らかくするエモリエント作用のおかげて潤いのある肌を保ってくれますよ。

sunfood(サンフード)は有機JAS認証取得のカカオバターをタブレット型で販売しています。カカオ豆から抽出したピュアな油を使った未加工のカカオバターなので栄養も豊富ですが、独特の香りが気になる方は精製したものを選んでください。

sunfood(サンフード) カカオバター

・Dastony(ダストニー) ヘンプシードバター 

 麻の実(ヘンプシード)から作られるサラッとしたバター。

ヘンプシードオイルも日本で浸透してきましたが、固形のバタータイプもネットで手に入るようになりました。マッサージオイルとしてだけでなく、皮膚の免疫機能も強化してくれるヘンプシードバターはアトピーの方などへも効果を発揮してくれます。

Dastony(ダストニー)社はUSDA(米国農務省)認定を獲得しているだけでなく、ナッツやシードの本来の風味が消されない石臼挽きのおいしさを提案しています。食品としてもクリーミーなヘンプシードバターは食べられます。

 Dastony(ダストニー) ヘンプシードバター

購入する前には、ぜひパッチテストなどをして自分の肌への刺激や相性などを試すことをおススメします。季節に合わせて使い分けたり、そのままでも、アロマなどを加えて香りも楽しめるオイルにするなどしてみてはいかがでしょうか。

世界中を旅しながら、オーガニック商品を輸入をしています。
日本ではまだ珍しい、乳製品(チーズ)や海藻(シーウィード)のオーガニック認証獲得商材をお探しの方は連絡ください。
ママライターとして世界中のキッズの為になることもしていきます♡
https://facebook.com/gnrcheese/
https://facebook.com/organicseaweed/
https://instagram.com/mai_furuya/