ママたちの強い味方!「マザーズバッグ」は見た目と機能性が大事!

ママたちが頭を悩ませるのが子供を連れたお出かけ。特に小さい子がいる方はおむつやおしりふき、着替えなどなど自然に大荷物になってしまいます。そんな時に助けてくれるのがマザーズバックです!

子連れのお出かけに、多すぎる荷物がしっかり収納できて、お洒落も妥協しないママたちの味方「マザーズバック」を紹介します。 

 

機能性抜群のマザーズバック

 人気の高い定番のマザーズバックブランドを紹介します。

・L.L.Bean(エルエルビーン)

イニシャル入れマザーズバックの定番。
 
子供のイニシャルを入れるマザーズバックとして定番のブランドといったらカジュアルでどんなシチュエーションでも比較的使いやすいL.L.Beanです。 100年以上の歴史のあるアウトドアブランドなので、重い荷物を入れても安心できる強度があります。
モノグラム(イニシャル刺繍)は通常800円ほど料金がかかりますが、無料キャンペーンもよく開催されているのでウェブをぜひチェックしてみてください!
 
 

・MAISON KITSUNE(メゾンキツネ)

幅広い年代から愛されているフランス発のブランド。

マザーズバックには欠かせない長い持ち手や大きめのマチ、そして使いやすいサイズ感が魅力的なメゾンキツネのキャンパストートバック。中の収納機能はあまり豊富ではありませんがカラーやフォントにこだわったシックなデザイン、そして私服に合わせやすいデザインが人気を集めています。

メゾンキツネ

・MIKI HOUSE(ミキハウス)

子供服の人気ブランドのマザーズバッグは機能性抜群。
 

トートバックのデザインですが、ショルダーベルトが付いているものが多く、肩にかけて両手が使いたいシーンでも活躍します。マチが広く、収納力がバツグンでポケットが多いことも子供のものを整理整頓するのに助かります。個人的にミキハウスのリバーシブルタイプのマザーズバックを使っていました。シンプルなデザインと、子供が喜びそうな色合いが鮮やかなデザインのセットで、一つで二役買ってくれておススメです!

ミキハウス

・State of Escape(ステート オブ エスケープ)

防水や強さのある人気急上昇中のブランド。
 ブリジット・マガウアンとデズリー・メイドメントが2013年からスタートしたオーストラリア発のバッグブランドのState of Escapeはマザーズバックだけでなく、仕事で荷物が多い方などからも好評です。
細くて弱くも見える紐は、セーリングでも使われるロープを採用していて強度は抜群、表面は防水性もあって、コンパクトにたたむこともできるという高機能なバックなんです!カラーバリエーションも豊富なのでお気に入りを探してみてください。
 
 

・pottery barn(ポッタリーバーン)

NY発の人気インテリアショップが出すマザーズバック。マザーズバックで人気のあるイニシャル入れもできるポッタリーバーンは、しっかりとした作りだけでなく、哺乳瓶をさっと入れられるようなポケットやオムツかえシートなどもついていてお母さんたちのことをよく考えてくれているバックです。 

Pottery Barn

・Mammy ROO (マミールー)

2WAYで使え、コンパクトにもなるマザーズバック。 

 マミールーのマザーズックは豊富なデザインなので人気のブランドですが人と被りにくいということもおススメです。取り外し可能な紐が付いていてショルダーバックにも変身します。おそろいのポーチもついていてオムツ入れなどに重宝しそうですね。

マミールー

・WHOLE FOODS(ホールフーズ)

アメリカの食料品スーパーマーケットチェーン店。

ハワイやアメリカ本土などに行ったことがある人なら必ずお世話になったことがあるはずの「WHOLE FOODS」。こちらのエコバックはマチがとっても広く、持ち手もしっかりとしているため、少し重たいものを入れたくらいでは壊れません。また、デザインもとってもキュートなので、持っているだけで少し自慢できちゃうかも!

WHOLE FOODS 

ちょっと自慢できるハイブランド系

ママになったからといって汚れるから良いものを持てないなんて妥協したくない方も多いのではないでしょうか。ハイブランドのバックは素材も良くて丈夫で機能的なものもおおいのでマザーズバックとして意外とマッチするんです。 
 

・MARK BY JACOBS(マークバイマークジェイコブス)

ポケットも豊富で芸能人ママも愛用。
 
マークバイマークジェイコブスは衣類だけでなく、小物やバックまで独特なデザインも豊富で日本でも人気のブランドの一つですね。実はナイロンのbabybagという名前もマザーズバックなシリーズも出ていて、外出時に役立つオムツ替えシート付きです。軽量でソフトに作られているなど荷物の多いお母さんのことを良く考えてくれているバックですよ。
 
 

・BARENCIAGA(バレンシアガ)

シンプルなキャンパス地にバレンシアガのロゴがマッチ。
 

海外セレブや日本の芸能人ママも多く愛用しているのがバレンシアがのマザーズバックです。バレンシアがというとかっこいいデザインのハンドバックも多いですが、キャンバス生地にロゴがシンプルについたトートバッグも出しているんです。なんといってもたっぷり荷物が入る容量も人気の秘密です。

バレンシアが

・BOTTEGA VENETA (ボッテガヴェネタ)

 ボッテガヴェネタの特徴のイントレチャート(編み込み)はブランドのロゴなどを前面に主張したくない方にもおススメです。サイズも様々ありますが、どれもしっかりとした縫製で丈夫な作りなので扱いやすいだけでなく、軽量という点もマザーズバックとして使いやすいポイントです。
 

・PRADA(プラダ)

大人気PRADAからも、マチが大きめな可愛いバックが登場しています。しっかりした持ち手、ショルダーに加えて、派手なPRADAのロゴが映え、上品なイメージが湧いてきますね♪とにかくたくさんの荷物が入るので、毎日たくさんのものを持ち歩くママさんにはオススメです。

ママリュックも外せない

マザーズバックというとトートバックのデザインが主流ですが、両手がフリーになるリュックはやはり人気が高いです。
 

・anello(アネロ)

四角の形が可愛いロングセラー商品。
 
2005年という最近誕生したanelloは、そのシンプルなデザインと収納能力の高さという機能性の高さから一気に人気リュックブランドとしてメジャーになりました。荷物の多い高校生から、資料の多いサラリーマンなど愛用者は幅広いですね。マザーズバックとしても大活躍すること間違いなしです。大きな特徴はがま口のように口ががばっと開くので、素早く荷物を入れやすいので忙しいお母さんも助けてくれます。
 

・KATE SPADE(ケイトスペード)

シンプルで可愛いお母さん像にぴったりなリュック。 

 
anello同様に、がま口のように口が大きく開き、人気の四角タイプのリュックも多く展開するケイトスペードのリュックはマザーズバックとしても人気が高いです。ケイトスペードからは母子手帳ケースや、トートバック型のマザーズバック専用としても商品を出しているのでママのことをよく考えてくれているブランドです。
 

・D'colle(ディーコレ)

機能性抜群の二層式のリュック。
 ママリュックの専門ブランドということでかなり信頼できるのがD'colleさんです。表面はトート型のマザーズバックではメジャーな、リュックでは珍しいキルティングデザインです。
http://dcolle-mothersbag.jp/?pid=104472519
 
2層式のリュックでは、片方に自分の荷物、もう一方には子供のものなど使いやすい分け方をいろいろ考えられそうですね!
 

 

自分のお出かけスタイルにフィットするマザーズバックは見つかりましたか。子供が大きくなるにつれて使いやすいデザインも変化してくると思いますが、丈夫で長持ちして、もちろん一人でのお出かけの際もお洒落に使えるマザーズバックを選びたいですね。

世界中を旅しながら、オーガニック商品を輸入をしています。
日本ではまだ珍しい、乳製品(チーズ)や海藻(シーウィード)のオーガニック認証獲得商材をお探しの方は連絡ください。
ママライターとして世界中のキッズの為になることもしていきます♡
日本化粧品検定1級資格取得 https://facebook.com/gnrcheese/
https://facebook.com/organicseaweed/
https://instagram.com/mai_furuya/