オーガニック米の専門家おすすめ厳選ブランド8選!主食こそオーガニックに。

お寿司におにぎり、お米は私たち日本人の主食であり、欠かせない食材の一つですね。最近ではグルテンフリーといてパンの原料の小麦などのグルテンをダイエットやアレルギー対策として控える人たちが世界中で増えているので、お米はその場面でも注目の主食として世界で愛されていますね。今回はその中でもオーガニック米を紹介します。

オーガニックライスや有機米とは?

有機JASマークをご存知ですか?日本の農林省が定めるこちらのマークは、オーガニック(有機)食品と認められたものに付けられるものです。加工の際に特定の添加物や保存料を使用しないことだけでなく、原料の例えば野菜などについても無農薬・無化学肥料で作られた材料を使用することなどが規定としてあります。つまり、有機JASマークが付いているお米がオーガニックというわけです。

 オススメのオーガニック米を紹介

 産地やコメの品種、栽培の仕方などそれぞれこだわりの有機米を提供されています。ぜひお気に入りのブランドを見つけてもいいですし、お寿司やおにぎり、炒め物など料理の用途に合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。

・こめ高田

有機JASの兵庫県丹波産コシヒカリや岩手県産あきたこまちを提供。
東北だけでなく、兵庫県丹波市は冷涼な地域で気候にも恵まれていて美味しいお米ができると、近年人気が上がっていますよね。
農薬・化学肥料を使用しないで自然のままに育てられた「有機JASマーク」付きの「JAS有機栽培米」 だけでなく、「減農薬・減化学肥料特別栽培米」、まったく農薬・化学肥料を使用しない「無農薬栽培米」などを展開していて、消費者に選択肢が与えられています。
 

・あいだ農場の米

新潟県産ヴァイオリンの生音で育ったお米。
 新潟の戦前から歴史が物語る伝統の名産地である「加治川米」です。有機栽培で育てて有機JASマークがついているだけでなく、お米にバイオリンの生の音を聴かせているというなんとも素敵なこだわりです。植物に音楽を聞かせるとよく成長すると言いますよね!
 

・有機つや姫

 山形の人気ブランド米のつや姫からもオーガニックが登場。
 
 
山形が生んだ名品種「つや姫」は、この緑と赤の参画や丸の独特なデザインも有名な人気米ですよね!出羽庄内特産のつや姫は、オリジナル手作り有機肥料「米ぬかぼかし肥」を使用しながら、3種類の有機栽培法で育てられます。化学肥料を一切使用しないで大きく水分量や粘りも強いオーガニックつや姫です。
 

・竜源米

大粒を厳選した岩手県の「ひとめぼれ」や 「あきたこまち」のお米。
 四季折々の豊かな自然があるこの素晴らしい岩手県の雫石町には、岩手山水系と駒ケ岳水系の二つの水系があり、「ひとめぼれ」は岩手山水系、「あきたこまち」は駒ケ岳水系の澄んだ水を引いて育てています。大粒を厳選したシリーズは本当にふっくらと食べごたえもあって大人気です。
 

白米以外のオーガニックライス

 白米を食べる方が多いですが、せっかく有機栽培で育てられたお米であれば、すべての栄養が残っているオーガニック玄米などもおススメします。また、最近では改めて黒米や古代米なども見直されていますよね。

・酵素玄米専用玄米雑穀ブレンド 圧力名人

玄米を超える栄養価が特徴の酵素玄米ブレンド。そのまま炊くだけでとっても美味しいと評判です。

手間を惜しまず、昔から伝わる伝統製法のみで穀物加工品が作られており、合成添加物は一切使用されていません。また、厳選された、無農薬・無科学肥料、安心安全の有機JAS認定玄米コシヒカリに、大麦・はと麦・黒米・高きび・赤米・黒豆・小豆が美味しくなる黄金比率でブレンド。もちろん全て国産です。

もちもちプチプチの食感で、美味しく続けやすいと評判です。一袋で13合入りで、今ならミネラル豊富な佐渡のみしお50g付き。一緒に炊くとより美味しくいただけます。

酵素玄米専用玄米雑穀ブレンド 圧力名人

・浦部農園

有機の古代赤米や古代黒米を作る群馬県の農園。
 栽培しやすい改良品種ではなく、登熟期が遅くて倒伏しやすく、脱粒性も高いなど、栽培は困難で収量も一反あたり3~4俵でふつうの米の半分以下という大変さもありながらも、生命力の強い原種に近いものを厳選して栽培しています。
「古代赤米」からポリフェノールの一種アントシアニンを含む「古代黒米」、「緑米」や麦系まで幅広いラインナップを育てています。そのままでも、雑穀ご飯として白米に混ぜて炊いても色合いが綺麗ですし、炊き方も特別ではないので調理も簡単です。
 

・有機活性発芽玄米

 マクロビオティックで有名なオーサワジャパンが提供する秋田や山形産等のオーガニックの発芽玄米。 
出典: ama-eco - 国内産有機活性発芽玄米

 

発芽玄米は、玄米を一定の温度と時間、水に浸漬して芽が0.5m~1mm程度出た状態のもので、普通の玄米に比べて非常に栄養成分が豊富な状態になっています。これは発芽によって、玄米中に眠っていた各種酵素が一斉に活性化して発芽に必要な非常に高い栄養が用意されるためです。そんなパワフルな栄養がたっぷりなオーガニック発芽玄米はぜひ子供から大人まで力をあげたい方に食べさせてあげたいですね。

有機活性発芽米

・井村さんのオーガニック米

コシヒカリからバスマティ米まで幅広い種類を作る石川県井村さんのお米。
 
加賀百万石の米所、金沢と能登半島の2つのエリアで育てられる井村さんのオーガニック米はファンも多いお米です。メインの「あきだわら」という品種のお米は、コシヒカリやひとめぼれといった定番品種と比べると、収穫時期はやや遅く、その分、太陽の光をいっぱいに浴びて粒が丸く大きく育ちます。味はコシヒカリと似ていて、粘りのあるしっかりとした食べごたえがあって、甘みが感じられます。 その他バスマティなどカレーや外国の料理に合わせやすい品種もありますよ。
 
 

おわりに

さまざまなブランドから、ユニークなオーガニック米が登場していますね。
音楽を聞かせて育てていたり、大粒を厳選していたり、それぞれの気候の特徴を最大限に生かしたお米、気になったものも多いのではないでしょうか。ぜひ味わってみてくださいね。

関連記事

丁寧な暮らしのプロに聞く!お米の旨味を感じるオーガニックな日本酒「ビオ酒」のおすすめ7選

【お米編】アーユルヴェーダの体質別食事について

楽天ユーザーもオーガニックママも注目!「楽天市場 オーガニック・ナチュラルフード」から厳選8商品を紹介

世界中を旅しながら、オーガニック商品を輸入をしています。
日本ではまだ珍しい、乳製品(チーズ)や海藻(シーウィード)のオーガニック認証獲得商材をお探しの方は連絡ください。
ママライターとして世界中のキッズの為になることもしていきます♡
日本化粧品検定1級資格取得 https://facebook.com/gnrcheese/
https://facebook.com/organicseaweed/
https://instagram.com/mai_furuya/