専門家おすすめオーガニックシャンプー14選!国産やドラッグストアで買えるものも!

直接皮膚につけるシャンプーこそ安心のオーガニック製品を使いたいもの。沢山あるオーガニックシャンプーの中から専門家おすすめのブランドと見分けるポイントをご紹介します!

もくじ

オーガニックコスメの定義とは?

食べ物に関わるオーガニックは日本では農林水産省の「有機JASマーク」の有無で大体は見分けられますね。
シャンプーはじめオーガニックコスメについては残念ながら日本では法律的な規制は決められていません。
有機栽培された農産物を少しでも使っていればオーガニックシャンプーであるとすると、成分の中に人工香料や着色料、保存料はじめ安全性が疑わしい添加物が無添加かどうか消費者が見分ける必要があるということです!

安心できるオーガニックシャンプーの3つの見分け方!

1、成分表示をチェック

成分表示の箇所に、「何%オーガニック成分」かどうかというオーガニック原料の割合が記載してあるので見てみましょう。また、どの成分が人口ではなく「自然由来の成分」なのか表示していることもあるのでチェックしてみてください!最終手段は、メーカーに問い合わせることです。きちんと教えていただけますよ。
キャリーオーバー(原料表には載らない製造過程で使われる薬品など)も確認できるものがさらに安全です。例えば天然の植物エキスと書いてあっても、そのエキスを抽出するための溶媒が危ないものなら少なからずその成分が残っているので怖いですよね。

2、海外のオーガニックコスメの認証マークを確認

シャンプーはじめオーガニックコスメについては残念ながら日本では法律的な規制は決められていません。そのため、海外の認証マークを取得している日本のコスメが多く存在します。
フランスのECOCERT(写真左)やCOSMEBIO(写真右)が有名なオーガニックコスメ認証機関で、取得していればこちらのマークがパッケージについています。その他、ドイツ化粧品医薬工業企業連盟BDHIや、BDHIナチュラル化粧品の中でさらに細かくオーガニックルールが定められたNaTrueなども有名です。

イタリアですとICEAなどがあったり、日本でも最近人気のオーストリア出身のシュタイナーが提唱したバイオダイナミック農法を利用したdemeterというマークがあったりと、ヨーロッパではオーガニックの認証機関が多く確立されていますね。

また、オーストラリアもオーガニックコスメは盛んで、認証基準ACOがありますよ。

3、動物実験をしていない!マークを確認

ECOCERTなどの基準でも禁止されている動物実験について。人間に使って皮膚が荒れたり問題がないかを動物で実験することはやはり悲惨ですよね。動物実験をしていないことを示す「Cruelty Freeマーク」などがあり、うさぎの絵がよく使われます。
近年、LUSHというブランドが動物実験を反対し、店頭で人間が動物の代わりに実験に使われるパロディをしたことも有名ですね。動物実験をしていないというマークがあるのでぜひ確認して見てください。また、食べ物だけでなく化粧品にも動物性の原料を使っていないという「ヴィーガンマーク」がつけられているいる時があります。

よく使われる成分の知識を持つことも大切!

・界面活性剤について

界面活性剤とは、水と油のように混じり合わないものを、混ぜ合わせるのに役に立ち、汚れを落とす洗浄の働きをするものです。2,000〜3,000種類くらいあると言われ、シャンプーだけではなく、洗剤や食品や化粧品などにも多く使われています。
人や環境の影響・危険性について日々研究が進んでいますが、自身でも代表的な界面活性剤の種類については知っておきたいですね。
主にシャンプーの「水」の次に書かれている成分を見てください。人によって反応は様々ですが、「石油系界面活性剤」のラウリル硫酸〜やラウレス硫酸〜、スルホン酸〜などが入ってるものより、ラウロイル〜やココイル〜など「アミノ酸系界面活性剤」の洗浄成分が低刺激だと言われています。
また、「コカミドプロビルベタイン」と聞くと長くて難しいですが、これは天然由来の成分を元にして作られる「両性界面活性剤」で泡立ちを良くしてシャンプーの洗浄力を向上させてくれ、安全性の高いものです。もちろん塩や泥で髪を洗うのも良いですが、効用が認められている自然由来成分の界面活性剤は洗い心地もいいですよね。

・自分自身でも知識を持つことが大切

まれにアレルギー等の肌トラブルを引き起こす危険性のある102種類の「旧表示指定成分」と言われる成分が入っていないものは、無添加化粧品と言えます。成分の安全性の有無は「化粧品成分ガイド」などを一度読んでみるのもオススメです!

専門家がおすすめするオーガニックシャンプー

沢山あるオーガニックシャンプーの中から、実際に使ってみて良かったものをここで紹介します。 オーガニック認証を取得しているものについては【認証有】と記載をしていますので参考にしてください。

・【認証有】LOGONA(ロゴナ)

厳しいナチュラルコスメの基準「ネイトゥルー」を満たすシャンプー

オーガニックの植物オイルやエキスが使われています。ドイツのブランドなので上記で紹介したNaTrueやBDHIなど厳しいオーガニック認証がつけられているので見分けやすいですね!
特に「ロゴナボリュームシャンプー・ビール&はちみつ」はふわっと髪にコシを与えてくれるとのことで口コミでも人気です!
 
250ml 2,000円(税抜)

LOGONA (ロゴナ)

・【認証有】WELEDA(ヴェレダ)オーガニック シャンプー 190ml

引用:公式サイト
ダメージやパサつきを補修してくれるヴェレダのシャンプーはミモザのフローラルな香りが毎日をバスタイムを楽しく変えてくれるアイテム。保水力にすぐれるオート麦エキスとオーガニック植物成分が、乾燥や摩擦でパサつき傷んだ髪のキューティクルを潤し、しなやかな質感の髪を実現してくれます。
 
190ml 2,160円(税込)

・Giovanni(ジョバンニ)

1979年に当時革新的だった「自然化粧品」というジャンルをいち早く進めたブランドで、ビバリーヒルズのセレブ中心に愛されています。
giovanniの中でも、スタイリッシュでシンプルなボトルがお風呂のインテリアを邪魔しないecochicシリーズが個人的に好みで使っていました。オーガニックシャンプーで気になるキシキシ感などは全くないですよ!

710ml 5,400(税込)

・Aesop (イソップ) NT シャンプー 500ml

1987年にオーストラリア・メルボルンで生まれたイソップ。

引用:bettysbeauty

高品質の植物成分にこだわりながらも、安全性と有効性が確立された成分は慎重を期した上で積極的に取り入れており、一度使用すると虜になる香りで五感に訴えかけるスキンケアです。クリーミーな感触で、まとまりにくい髪を扱いやすい状態に洗い上げます。髪につやとやわらかな手触りを与え、頭皮を清潔に洗い上げます。認証はありませんが、すべての製品には、着色料、人工香料、鉱物油、シリコン、パラベン。パーリング剤を一切使用していません。

500ml 15%OFF 4,485円(税込)

Aesop (イソップ)

・オールインワン アンチエイジングシャンプーhugm(ハグム)ナチュラルシャンプー

年齢とともに身体のコンディションが変化していくように、髪や頭皮も少しずつ変化していきます。女性の頭皮は男性以上に乾燥しやすく敏感。毎日のシャンプーコンディショナー、ゴシゴシ洗いや刺激の強い成分が含まれていると、かえって頭皮にダメージを与え、頭皮環境の悪化(抜け毛、匂い、パサつき)を引き起こしかねません。
こちらは、オールインワンでシンプルに、生き生きとした髪を育ててくれるアンチエイジングシャンプーです。
静岡県の茶畑で丁寧に絞った茶の実油をふんだんに使用。茶の実油はビタミンEの含有量がココナッツオイルの46倍と、アンチエイジングに嬉しい成分です。10個の無添加成分にこだわり、お子様にもお使いいただけるやさしいシャンプーなのでお子様にも安心してお使いいただけます。忙しいバスタイムを過ごすママの味方です。 

値段:初回半額1,836円(税込) ※送料初回無料
容量:500ml

 

hugm(ハグム) ナチュラルシャンプー

・【認証有】VANESSA MEGAN(バネッサミーガン) タンジェリンシャンプー

世界的にも審査基準が厳しいと言われているオーストラリアのオーガニック認証機関「ACO」の審査をクリアしたオーガニック成分を使用しているので安全です。また、オーガニックブランドの「バネッサミーガン」は、「口に出来ないものは肌にもつけない」というコンセプトの基に製品開発を行っているため、オーガニック成分以外の成分にも気を使って造られているそうです。
しかも、通常のシャンプーに含まれてる「コーティング成分」を一切含んでいないため、髪をナチュラルな本来の状態へと戻すことができ、使っていくうちに髪が切れにくくなっていくのを実感できます。
250ml 3,234円(税込)

バネッサミーガン タンジェリンシャンプー

・uka(ウカ)

15種類ものアミノ酸成分が贅沢に入ったシャンプー!

ホームページには全成分が表示されていて、どれがアミノ酸系成分なのか、かつ天然由来成分もしっかりと示されています。天然由来原料は97%です!ukaは朝のシャンプー、ナイトシャンプーなどの種類があり、時間帯によってベストなシャンプーを展開していますよ。ネイルやヘアサロンなども全国に展開されているので、ぜひお店の詳しいかたにアドバイスをもらいながら実際に試して選ぶこともいいですね。
300ml  3,000円(税抜)

 

・【認証有】John Master Organics(ジョンマスターオーガニック)

世界中で愛されるUSDA認証のオーガニックシャンプー。

オーガニック認証成分を原料の中でどれなのかをすべて表示してあります!ジョンマスターオーガニックではヘアサイクルに合わせたヘア診断も行っていますので、ダメージやエイジングケアなどこだわりたいところや、オイリーや乾燥など自分の基質にあったベストなシャンプーが見つけやすいですね。
236ml 2700円(税込)

John Master Organics (ジョンマスターオーガニック) 

・HANAオーガニック リセットシャンプー

加齢と白髪染めで傷んだ頭皮を優しくいたわるアミノ酸系シャンプー。全成分もホームページで紹介されています。

 

98%天然成分のオーガニック処方で、ノンシリコン。きしまずすっきり洗い上げるこのリセットシャンプーは、繰り返される白髪染めで弱った頭皮を癒し、しっかりふんわりとした髪質に導きます。今なら全額返金保証あり!お試しのチャンスです!

 

280ml(約2か月分)3,145円(税抜き)

HANA オーガニック リセットシャンプー

・ドットエヌ ボリュームアップシャンプー

欧州発のオーガニック世界基準『COSMOS認定』を獲得した、こだわりの国産シャンプー

 フケ・かゆみの原因となる乾燥を徹底的に予防するシャンプー。加齢やカラーリング、季節の代わり目やホルモンバランスの乱れで揺らぎがちな女性のコンディションに寄り添い、日々のヘアケアで美しい髪を目指すことができます。

公式ホームページでは契約農園のオーナーさんたちがお顔写真付きでお仕事のこだわりを教えてくれていて、安心感がありますね。

ドットエヌ ボリュームアップシャンプー

・BIO HOTEL(ビオホテル) ハーバルシャンプー

BIO HOTEL JAPAN監修の100%自然由来のシャンプー

香りが重要視されるシャンプー業界では、ほぼ自然由来の成分であっても人工香料だけは使っていたりします。こちらは天然のアロマを使い、キャリーオーバー(原料にならない製造工程で使われるような薬品)まで目を向け、アロマの抽出剤も不使用または水のみに限定されています!

BIO HOTEL JAPANさんでは食事、衣服、ホテルなどはじめ住まいという衣食住ライフスタイルすべてに関わるオーガニックの関連を提案していて興味深いですよ。

 300ml  2,916円(税216円)

 

・Organic Hemp Shampoo(オーガニックヘンプシャンプー)

パーム(石油系)フリーのヘンプオイルシャンプー。全成分もサイト上で公開されています。

 

麻の実のヘンプシードは食品業界でも注目されていますが、オーストラリアのヘンプのオイルをたっぷり使ったシャンプーです。すべてパームフリーなのと、サスティナブルな原料など環境にも配慮していますよ。naturacartなど海外系通販で購入することができます。

500ml 4474円(税込)
 

・nature's gate(ネイチャーズゲイト)

良心的な価格とラインナップの豊富さが世界的に愛されるシャンプー。

ネイチャーズゲート シャンプー&コンディショナー BIO【ポンプ付】

引用:公式サイト

遺伝子組換え成分やシリコン、パラベン、ラウリル/ラウレス硫酸Na、ココアルキル硫酸、フタル酸、ブチレングリコール、合成着色料不使用と徹底された商品ですが、良心的な価格で人気があります。さらにアレルギーのひとも安心のグルテン、ソイ フリーシャンプーでもあり、動物実験もしていません。

種類が豊富なので、私自身柿(パーシモン)の香りが好きで使ってました。なかなか柿の匂いのシャンプーは日本のメーカーではないですよね!

 532ml 1600円 (税抜き)

・haru(ハル) kurokamiスカルプ

天然由来100%の頭皮環境を考え抜いたシャンプー。

刺激の強いシリコン・カチオン界面活性剤を使わないノンシリコンだけでなく、石油系界面活性剤や合成のフレグランスや色も排除しています。
ただ安全なだけではなく、髪の発育を考えてキャピキシル(ミノキシジルの約3倍の育毛率)やリンゴ果実培養細胞エキス・最近育毛効果が立証されたサクラ葉なども配合しています。
さらには白髪のケアに関して、褐藻や海塩のミネラル、植物由来の美容成分が入っていたり、黒髪へ導くためにメラニン生産酵素を活性化させる「ヘマチン」も入っていたりと、贅沢すぎる成分が使われています。
400ml3,600円(税抜)
 

・isis(アイシス) オーガニックシャンプー

 石鹸シャンプーの有名ブランド。

植物エキス成分はすべて無農薬栽培、または野生のものが使われていて、合成防腐剤なども使われていません。ラベンダーやティーツリー、カミツレの他数多くのアロマが配合されているので香りがとても良さそうですね。
石鹸系のシャンプーの賛否は本当に様々ですよね。石鹸カスの洗い残りが気になったり、地肌が乾燥する方もいらっしゃるので、使ってみて体質に合わせて判断して欲しいですが、買う前に気をつけたい上記のポイントは先にチェックしてみてください!石鹸系は価格が良心的なのは利点ですね。
300ml 1944円(税込)

アイシス オーガニックシャンプー

・【国産】SINCE beaute(シンスボーテ) オーガニックヘアケア

産前・産後の地肌ケアをして、健やかな髪を保つことをサポートする、天然素材・純国産の「シンスボーテ」もとてもオススメです。海藻ミネラル成分で地肌を集中保湿し、高保湿成分など栄養成分が浸透するので、髪トラブルを軽減してくれます。

300ml 5,800円(税抜) 

シンスボーテ オーガニックヘアケア 

あなたに一番合う商品に出会えますように。

 様々なシャンプーが登場している中で、肌への負担が低いものや、泡立ちや洗浄力、自然由来のハーバルな香りなど個々のシャンプーに重視する点を比べなながら自分のベストな商品に出会えるといいですね!ぜひ化粧品成分の知識を持って環境負担や動物実験の有無なども考慮できればなおいいですね。

世界中を旅しながら、オーガニック商品を輸入をしています。
日本ではまだ珍しい、乳製品(チーズ)や海藻(シーウィード)のオーガニック認証獲得商材をお探しの方は連絡ください。
ママライターとして世界中のキッズの為になることもしていきます♡
https://facebook.com/gnrcheese/
https://facebook.com/organicseaweed/
https://instagram.com/mai_furuya/