マタニティヨガポーズ辞典 マタニティヨガポーズ辞典

妊娠中に行うと、様々な効果が期待できるマタニティヨガ。このマタニティヨガポーズ辞典では、初心者の方や体が硬い方でも、無理なくできるマタニティヨガのやり方と、それぞれの効果などを解説します。最初に、以下の基本情報をご確認の上で、マタニティヨガポーズにチャレンジしてみてください!

花輪のポーズ マラーサナ / Garland Pose

足を開くことから股関節や骨盤はもちろん、両手で押し合うことで肩周りにも効果があるポーズです。婦人科系の症状にも効果があるので、妊娠中だけでなく産後にもおすすめです。しゃがんだ時にグラつく場合は、無理をせずにお尻の下にブロックを置いて座ってポーズをとりましょう。

花輪のポーズ
ジャンル
座位
妊娠期
妊娠期32週〜(後期〜臨月)
お悩み
肩こり / 尿もれ
安産力UP
骨盤周りを整える / 股関節の柔軟性 / 姿勢改善

花輪のポーズのやり方

花輪のポーズ

STEP 1

腰幅に足を開いて立ち、息を吐きながら腰を落としてしゃがみます。
息を吸いながら両手を腕の前で合わせ、息を吐きながら両ひじで足を開くように押します。1〜3呼吸キープします。

監修・実演:永久千尋(えいきゅう ちひろ)

永久千尋

学生時代は器械体操、チアリーディング選手として全国大会で活躍。
2014年ニューヨークで全米ヨガアライアンス認定インストラクターRTY200を取得。

その後ニューヨークのマンハッタンで世界各国の顧客を抱えるプライベートヨガインストラクターとして活躍。1人1人にカスタマイズされたレッスンや赤ちゃんと一緒に楽しむMommy&Me YOGAのレッスンはスイス・アメリカ・フランス・イギリス・・・など世界中のママたちに愛されている。

Instagram: https://www.instagram.com/nycprivateyoga/

マタニティヨガ
ポーズ辞典TOP(一覧)へ

会社概要 広告掲載について お問い合わせ・プレスリリース送付先 プライバシーポリシー Copyright © YOGA HACK All Rights Reserved.