日本は猫背大国!猫背をヨガで改善!矯正効果のある6ポーズを紹介!

猫背の人は自分は意識していないことが多いですが、周囲からみると非常に「格好の悪い」ものです。それは見た目が悪いだけではなく、自信がなさそうにも見えてしまいます。ですから、猫背の人はぜひ矯正を目指しましょう。 実はヨガでも猫背の矯正に効果のあるポーズがいくつもあります。そこでここでは、猫背矯正効果のあるヨガのポーズを4つご紹介します。

猫背の原因とは?

ではまず猫背の原因をしっかり把握しておきましょう。それは主に3つあります。

そもそもは頭の重さを支えきれていないから

頭の重さはどれくらいあるかご存知ですか?実は頭は骨の塊なので、ボーリングの球1個分もの重さがあるのです。

それを首の骨とそこにつながる筋肉で支えているので、その筋肉が衰えると、支えきれなくなった頭が前に垂れて来て猫背になるのです。

更には日常生活の中で、パソコンやスマホ、あるいは家事などで頭はただでさえ、前傾しがちです。ですからさらに筋肉が頭を支えきれなくなって、猫背になるのです。

インナーマッスルが弱っているから

さらにその根幹はインナーマッスルが弱っていることにも原因があります。

インナーマッスルは、身体の内部から背骨とそこについている筋肉のバランスを取って、頭も含めて重たい上半身を骨盤の上に直立させています。

したがって、インナーマッスルが弱ると、そのバランスが崩れ、背中が丸まり、上半身全体がうつむいていしまいます。それによって背骨が曲がって、頭が前傾しますから、結果的に猫背になるのです。

骨盤の位置がずれているから

また、その上半身が乗っている骨盤そのものの位置がずれている場合もあります。

骨盤は足の上に乗っていますが、本来の位置よりも前にずれていると、腰が反り返ります。するとそのバランスを取るために背中が丸まり、あとは上記と同様に頭が前に出て猫背になるのです。

逆に骨盤が後ろにずれていても、乗っている上半身が前に丸まってきて、同じく猫背になります。

猫背を治すとこんなにいいことが!5つの改善メリット

このような原因で発生する猫背ですが、ぜひ治した方がいい、とおすすめするのは治すことによって以下のような5つのメリットがあるからです。

1 疲れにくくなる

猫背が治ると、骨と筋肉のバランスがとれた状態になります。これが人間の身体にとって1番負担のない姿勢なので、余計なエネルギーを使わずに済むようになります。1つにはその省エネ効果によって疲れにくくなります。

さらに猫背になると、筋肉が固まり、血行とリンパの流れが悪化した状態になります。それは老廃物が体内に滞留してしまうことなので、内臓に負荷がかかり、疲れてしまいます。

逆に猫背解消によって血行とリンパの流れが良くなれば、老廃物が体外へ排出されますので、内臓の負担も減り疲れにくくなるのです。

2 冷え性が改善される

血行が改善すると、身体の末端まで血液が流れ、細胞が活性化し、エネルギーと熱を発散しますから、冷え性も改善します。

さらに内臓への負担が減って、内臓の動きも活発になるので、体温が上がり、それによっても手足の冷えが改善されます。

3 精神が安定する

猫背とは言いかえれば、頭を支える頚椎が歪んでいることです。それはその頸椎の中を通る脳脊髄液の流れが悪くなることなので、脳は栄養不足になります。

栄養不足によって脳の働きが衰えると、頭痛や集中力の低下などが起こるばかりか、自律神経の働きも崩れて自律神経失調症や抑うつ症状が現れるのです。

猫背を改善すると、そのようなことがなくなるので、気分が落ち込むことも減り、精神的に安定します。

4 痩せやすい体質になる

冷え性の改善で体温が1度上がると、生きているだけで内臓、筋肉、脳などの全ての細胞が消費しているエネルギーである「基礎代謝量」も10%以上アップします。

したがって、普通に食事をとっても、消費されるカロリーが10%増えますから痩せやすい体質になるのです。

5 ボディラインが美しくなる

正しい姿勢になるということは、普通に暮らしていても適度に筋肉を使い鍛えることになります。それによって胸やお尻の筋肉が発達して、垂れがちだったバストやヒップもアップし、メリハリのついたボディラインが手に入ります。

さらに血行やリンパの流れが改善することでむくみも解消されるので、小顔になり、一層スタイルがよく見えるようになります。

猫背改善に効果があるヨガポーズ5選!

このように猫背を矯正させると良いことばかりが起こりますから、ぜひ実現させましょう。その矯正のための効果的なヨガのポーズを4つご紹介します。

猫の背伸びのポーズ

ポーズのポイント

猫の背伸びのポーズはどこでも簡単にできて、インナーマッスルを強化してくれ、猫背の矯正に効果を発揮します。さらに肩回りの筋肉をほぐすので、肩こりや頭痛も解消します。

ポーズの取り方

  1. 正座になって、前方に両手をつきます。
  2. 両手をさらに前方に滑らせます。
  3. 座った姿勢のまま膝を一緒に伸ばしていき、身体も一緒に伸ばします。
  4. 腰を高く上げ、猫の伸びのように背中を伸ばします。
  5. 静止して深呼吸を5回します。

ねじりのポーズ

ポーズのポイント

座った状態で身体をひねるポーズです。それもただひねるのではなく、同時に胸を張ることが大切です。それによって、骨盤が立ち、安定した正しい位置に戻っていきます。それは猫背矯正に効果的です。

ポーズの取り方

  1. 胡坐をかきます。
  2. 左側の足を右側の足の太ももの外に出して膝を立てます。
  3. 立てた膝とお腹を近づけて背筋を伸ばします。
  4. 右腕のひじを、立てた膝の外側へ引っ掛け身体をねじります。
  5. 息を吸いながら背筋を伸ばし、息をはきながらさらにねじります。
  6. それを5呼吸間繰り返し、反対側も行います。

三日月のポーズ

ポーズのポイント

デスクワークなどで長時間座っていると、股関節の前側が縮んだ状態で固定されてしまいます。それは骨盤のずれにつながるので、猫背だけではなく、腰痛も引き起こします。

三日月のポーズをすると、股関節が前後に伸び、骨盤の位置が矯正されます。さらに、両手を上げることで体側も伸び、背骨の位置も矯正され、首が頭をしっかり支えられるようになります。

ポーズの取り方

  1. 足を前後に開きます。
  2. 前側の膝を曲げ、股関節を前後に開きます。
  3. 後ろ足はまっすぐ伸ばして床につけ、両手の指先は床につけます。
  4. 腰が反らないようにお腹の奥に力を入れます。
  5. 下半身と上半身が安定したら両手を上げます。

ラクダのポーズ

ポーズのポイント

ラクダのポーズも股関節を伸ばして骨盤の位置を矯正する効果があります。しかし一方で、腹筋の力が弱いと腰を痛める可能性あるので注意しながら行いましょう。

ポーズの取り方

  1. 腰幅くらいに足を開いて、膝で立ちます。
  2. お腹に力を入れます。
  3. 両手を腰にあて、ゆっくり上半身を反らせていきます。腰で反るのではなく、胸を開いていくイメージ行います。
  4. 余裕があれば両手を足首に持ってきます。

魚のポーズ

 

 

ポーズのポイント

肩こりや不眠解消に効果があると言われています。呼吸器系を活発にさせると言われていますので、リフレッシュ効果も期待できるかもしれません。

ポーズの取り方

  1. まず仰向けで床に横になり、足を揃えて伸ばしておきます。足の指をくるぶしから指先までしっかり合うように気をつけます。
  2. 息を吸いながらお尻を浮かせるようにし、手にひらを下に向けてお尻の下に入れます。
  3. 両腕が胸の下側近くまで寄るようにして肘を伸ばしたままにしておきます。
  4. 息を吸いながら胸を天井に向けて持ち上げるようにして、頭のてっぺんが床につくように首を伸ばしていきます。
  5. かかとを床につけたまま肩甲骨を引っ張った態勢で30秒くらい深呼吸をしながらポーズをとりつづけ、その後ゆっくりと姿勢を戻していきます。

舟のポーズ(ナバーサナ)

ポーズのポイント

腸腰筋を鍛えることが出来るので、猫背改善に効果がありますよ!
背中が丸まっていないか、骨盤が後傾し腰が丸まっていないか確認しましょう。

ポーズの取り方

  1. ひざを立てて座ります。
    体を後ろに倒しながら、片足ずつ足を上げてバランスをとります。
  2. お腹に力を入れて両足を伸ばし、両手を伸ばします。

 

その他のポーズを知りたい方へ

そのほかにも姿勢矯正、猫背矯正ポーズを知りたい方はこちらへどうぞ。

ヨガで姿勢矯正!ヨガで猫背などの姿勢を改善して美スタイルをキープしよう

猫背を治して姿勢美人に!

猫背が矯正されると、見た目に美しい立ち姿にあるだけではなく、気分も明るくなって爽やかな言動が生み出されます。それは外見も内面も美しくなることです。

ですから猫背を治してそのような姿勢美人を目指しましょう。

・夏の準備はOK?ヨガで背肉や猫背を解消して、目指そう背中美人!

・ヨガで姿勢矯正!ヨガで猫背などの姿勢を改善して美スタイルをキープしよう

・ヨガの効果についてお探しの方におすすめのその他の記事

・︎ヨガポーズ情報をお探しの方におすすめのその他の記事

旅、蕎麦と酒(全ジャンル)、落語、そして猫をこよなく愛する大阪在住ライターです。
最近は肩こりがさらにひどくなり、デスクでPCに向かいながら上半身ヨガで何とかしのいでいる日々。
しかしそのおかげで左半身のだるさが取れました!