ヨガで生理痛は軽くなる?生理の時にヨガをやってもよい?ヨガと生理にまつわるお悩み解決!

これからヨガを始める方も、もうヨガを取り入れている方も、気になる生理の事。実はヨガは生理中の身体と心に変化をもたらし、生理にまつわるお悩みに嬉しい効果があります。生理にまつわるヨガの事気になる事、解決していきましょう。

 
 

ヨガと生理の関係

ヨガの本質

自然のパワーを受け取り、調和して身体と心の両方のバランスを整えて本来の自分に整えるもの。月のリズムによって自分の身体と向き合うこともまたヨガの実践であり、月とヨガは深い関係と言われています。月の満ち欠けの影響を受けている生理はやはり自然のサイクルのひとつであり、ヨガを通して生理中の身心を整える、と、ヨガと生理は切り離せない関係なのです。

月に一度の大事なデトックス期間、ヨガを通して自分の心身を整え、辛い生理中の悩みを解決していきましょう。

ヨガで生理痛は軽くなる?

生理痛は身体も心も、重たくて辛く、明るい事なんて考えられないですよね。

生理痛の原因

  • 大きな原因は血行不良と骨盤の歪み。
  • 冷え性
  • 姿勢が悪い
  • きつい下着や衣類を身に着けている。
  • PC作業等で同じ姿勢を長時間取る事が多い。
  • 喫煙や過度の飲酒。

ヨガをする事で生理痛が減ったり軽くなるなどの効果が見られます。筋肉をほぐし、ヨガのポーズと深い呼吸で血行を良くし、骨盤の歪みを和らげる、姿勢も良くなっていくため生理痛の緩和にもつながります。ぜひ効果のあるポーズを取り入れてみて下さい。

ちなみに似ているピラティスとの違いは、ヨガはストレッチや精神安定などの精神面を重視しているこに対してピラティスは筋肉を鍛えたり骨の矯正と、肉体面を重視する目的になっています。ピラティスの消費カロリーは一般的なハタ ヨガより少し高いと言われています。ヨガは消費カロリーは高くはありませんが、続ける事によって代謝を高め、痩せやすく太りにくい身体づくりができると言われています。

生理痛に効果のあるといわれるポーズ

【弓のポーズ】

1.うつぶせの状態からポーズをとって20秒キープ。腰や腹部の痛みがひどい時には逆効果になるので控えて下さいね。

 

 【猫のポーズ】

生理痛緩和効果があると言われています。また骨盤を動かす事で子宮の働きを高めます。

1.床と垂直によつんばいになる。

2.息を吐きながらお腹を見えるように背中を丸める。

3.お腹をへこませ頭を両腕の辺りまで持っていき、呼吸しながら30秒キープ。

4.息を吸いながら顔を上げ、背中を反らし30秒キープ。

 

 【赤ちゃんのポーズ】

生理中の腰痛の緩和にもおすすめです。便秘解消効果もあると言われています。

1.仰向けに寝て両膝を抱える。

2.息を吐きながら膝を胸の方に引き寄せる。

3.息を吐きながら上体を浮かせ、おでこと膝を引き寄せ、この状態で5回程深呼吸。

 
 

【ひばりのポーズ】

生理痛によく効くと言われています。血行促進、生理中のむくみにも効果的です。

1.正座をしたら左足を後ろへ伸ばす。右足のかかとは内側、お尻は床に。

2.息を吸いながら両手を上に上げ、息を吐きながら胸を開くように身体を反らす。目線は上に。このまま30秒キープ。反対側も同様に。

※イラストでは両足を開いていますが実際は伸ばすのは片足だけです。

【コブラのポーズ】

腰痛予防にも。

1.うつぶせになり、足を腰幅に開き、両手を胸の横に置く。

2.息を吸いながら両手を床に押すように身体を起こし、30秒キープ。

 

 【死体のポーズ】

1.頭から背中がまっすぐになるように仰向けになりゆっくりと深呼吸。

ヨガの最後の仕上げに行っても良い。

 

 生理不順にヨガは効果はある?

生理不順の原因

  • 大きな原因はホルモンバランスの乱れ。
  • ストレス
  • 身体の歪み
  • 冷え性

生理不順の緩和にとても大事なのはホルモンバランスを整える働きのあるハッピーホルモンと言われる、「セロトニン」の分泌。なんとこのセロトニンの分泌を促すぴったりの方法が、軽めの運動をしながらゆっくりと呼吸する、まさにヨガなのです。ですので ”ヨガを続けて生理不順が治った” という声は少なくありません。

生理不順に効果のあるといわれるポーズ

【やさしい鳩のポーズ】

PMSの緩和、冷えやむくみにも効果的です。骨盤調整効果も。

1.四つん這いの姿勢から、両手の間から左膝を出し、右足は後ろにまっすぐ。

2.床を押しながら頭を天井の方に上げ、5回程呼吸する。反対の足も同様に。

 【椅子のポーズ】

子宮をあるべき場所に戻し、活性化します。体幹を良くする効果も。

1.足を腰幅に開き、腰を斜め後ろに下げ、手は斜め前にし、視線はその間に。

 

 

生理中のイライラはヨガで軽くできる?

生理前や生理中のイライラ。生理のせいと分かっていてもつい自分や他人を責めて落ち込んでしまい、さらにイライラがつのってしまう...

そんな悩みもヨガを通して穏やかに過ごせるようになっていきます。ヨガで大事なのは呼吸。自律神経のバランスを整え、ゆったりとリラックスを感じ、イライラを鎮めてくれます。呼吸を整えると気持ちがゆったりとして、自分を肯定できるようになり、結果的にストレスに負けない心に変化していきます。

ヨガの呼吸法

ヨガでの基本の呼吸は鼻ですること。鼻から空気を取り込みお腹のおへそ下5cm程の部分にたまるよう意識しながら深く吸い、今度はお腹がへこんで腰にくっつくような意識をしながら吐ききります。いつでもどこでもできるので普段から意識しておくと良いですね。

 

生理の時に常温ヨガをやってもよい?

ヨガの種類によってはお休みするものもありますが、生理中はやはり身体が冷えたりむくんだりしますので、やさしくて穏やかな、生理に効果的なポーズを取り入れてみてください。深く呼吸し、きれいになっていく子宮やデトックスをイメージしながら、のんびりと心身ともにリラックスする事が大事です。

生理に効果的なポーズをとる事で身体が温まる、むくみが取れる、リラックスできる、安眠などの効果があります。生理中の気分転換にもなりますので無理の無いよう、気持ちの良い範囲で行って下さい。またポーズがとれない時には、深く呼吸するだけでも違います。

ホットヨガも体が温まるので行っても大丈夫ですが、生理が重たい日や激しいポーズは控えて下さいね。ヨガをすると代謝があがり、経血の量が増える事がありますので普段から経血の量が多い方、貧血気味の人は注意すること。個人差がありますので常に自分の身体の声を聞きながら少しずつ行ってください。

 生理の時に控えた方がいいポーズは?

生理中のヨガでは控えた方が良いポーズがあります。

頭が下にくる逆転のポーズは経血の逆流が懸念されていることと、体力を使う事から控えた方が良いとされています。出そうとしている自然の流れには逆らわない方が良いという事です。またきつくハードなポーズも控えて下さいね。

 

生理の時にヨガ教室に行っても大丈夫?

生理中にヨガ教室に行く事で気分が明るくなったりゆったりできるようであれば行って構いません。ただ生理中のヨガは「ゆるーく、ゆったーり」が基本なので、通常のメニューはやはり控える方が無難です。インストラクターの方に伝えてから取組んで下さいね。またウェアも普段より締め付けの少ない、ゆるめを心がける事も大事です。

気分がのらないときはもちろんお休みを。生理中でもそうでないときも、身体の声を聞きながら、無理なく、自分が一番気持ちの良い方法でヨガをする事が一番大事。

ヨガを続ける事で血流が良くなり生理周期を整え、ハッピーホルモンを分泌しながら健康的な身体に変化し、とにかくメリットたくさんなので、生理のお悩みへの嬉しい効果を期待して、ぜひ取り入れ続けてみて下さい。

▷インストラクターが解説!便秘解消!お腹すっきりヨガのポーズ5選

▷ヨガの効果はいつから出るの?効果的な時間帯は?身体的・精神的な効果をまとめてみました

ヨガの効果についてお探しの方におすすめのその他の記事

ヨガの勉強をしている方におすすめのその他の記事

心とからだの健康のために日常にヨガを取り入れています。
海や森、自然の中でヨガをする事が大好き。
瞑想やスピリチュアル、ナチュラルな食事や美容にも興味を持ち、よりクリアでナチュラルな自分を目指して日々ヨガライフを実践中。