【全25種類!】ヨガの種類にはどのようなものがあるの?目的や体質に合わせて自分に合ったヨガを選ぼう!

健康や美容を促し、メンタルバランスも整えてくれるヨガ。そんなヨガには一体どんな種類があり、それぞれどんな特徴や運動量を持つのでしょう。全25種類のヨガを紹介します。

心身にバランスをもたらすヨガ。しかし一口にヨガといっても、想像以上に多くの種類があることはご存知ですか?

ヨガ教室に通ってみたい!と思った方は様々な種類のヨガがあることは何となく認識していますよね。

自分がどんな体質で、どんな目的を持ってヨガをしたいのか?これを認識しておくことはとても大事です。

今回は、25種類のヨガがどんな特徴を持ち、どれくらいの運動量なのか、またそれぞれの目的に沿ったヨガはどんなものなのかを詳しく解説します!

基本のヨガとはどんなもの?ヨガにはどんな種類があるの?

さて、全てのヨガの基本となったのはどんなものなのでしょう。ヨガとはサンスクリット語で「繋がり」を意味します。肉体と精神を呼吸によって繋げるというものなのです。

様々な種類のヨガの基本となるヨガは「ハタヨガ」と呼ばれるもの。現在行われている様々な流派のヨガは、このハタヨガを基本としています。

ハタヨガの「ハ」は吸う息・太陽を意味し、「タ」は吐く息・月を意味します。肉体の「姿勢」と「呼吸法」をセットにした最初の行法として知られています。

現代のヨガのルーツとなるハタヨガをベースとしたヨガはどんなものがあるのでしょう。

ヨガの種類と特徴・運動量の違い

ここでは、25あるヨガの種類・それぞれの運動量の違いを見ていきましょう!

1.ハタヨガ

先に述べた通り、全てのヨガのルーツとなるハタヨガ。ハタヨガの「ハ・HA」は吸う息の他に太陽・男性・陽・動・凝縮という意味も込められます。

対して「タ・TA」は吐く息の他に月・女性・陰・静・拡大という意味も込められます。

10~13世紀頃に発祥、運動量は普通。というより、ハタヨガが全てのヨガのルーツとなるのでこのハタヨガの運動量をベースとして、他のヨガを紹介していきます。

深い呼吸とともに様々なポーズを行います。

  • 運動量★★★☆☆
  • 熟練度★☆☆☆☆
  • リラックス度★★★★☆

2.アシュタンガヨガ

現パワーヨガの元となった、運動量の多いヨガ。元々は若い男性向けにアレンジされたヨガです。パタンジャリによって「ヨーガ・スートラ」としてまとめられ、実践されています。

現在行われているアシュタンガヨガは、インドのパタビジョイスという人によってアレンジ。

  • 運動量★★★★★
  • 熟練度★★★★☆
  • リラックス度★☆☆☆☆

【徹底解説!】アシュタンガヨガとは?初心者でも挑戦できる?

3.パワーヨガ

パワーヨガはアイアンガーヨガ・アシュタンガヨガをベースとし、エクササイズ要素が強いヨガ。

呼吸×動き、筋肉のトレーニングを重視したヨガですが、初心者でも存分に行うことができます。

運動量は通常のハタヨガに比べて少しだけハード。

  • 運動量★★★★★
  • 熟練度★★★☆☆
  • リラックス度★☆☆☆☆

4.アイアンガーヨガ

アイアンガーヨガは様々な道具を使うという特徴があります。たとえばヨガブロックやヨガポーズベルト・ボルスターなど。

インドの「B・K・S・アイアンガー」という人によって編み出され、身体に負担がかからないポーズをキープします。

運動量としてはハタヨガと同じくらい、しかし身体に負担がかからないため、年齢幅などの制限がありません。

  • 運動量★★★★☆
  • 熟練度★☆☆☆☆
  • リラックス度★☆☆☆☆

5.アヌサラヨガ

生理学と解剖学をベースとし、身体に負担がかからず、個々の持つ潜在能力を引き出すヨガ。

アイアンガーヨガを元に、米・ジョン・フレンド氏によって考案されました。

身体に負担がかからないポーズが基本となるため、初心者や高齢者でも安心してできるものです。

  • 運動量★★★★☆
  • 熟練度★★☆☆☆
  • リラックス度★★★★☆

6.シヴァナンダヨガ

2種類の呼吸法・太陽礼拝・瞑想・12のポーズで構成されているヨガ。「スワミ・ビシヌ・デバナンダ」により考案されました。

メンタル・フィジカルともにアプローチするヨガで、運動量や身体への負担は少なめ。初心者や高齢者でも安心して行えるヨガです。

  • 運動量★★☆☆☆
  • 熟練度★★☆☆☆
  • リラックス度★★★★☆

7.ヴィンヤサヨガ

アシュタンガヨガをベースとし、より自由に独創的に行うもの。流れに沿ってポーズを取り、インナーマッスルを鍛え、メンタルに集中をもたらすもの。

運動量はハタヨガより多少多いですが、深い呼吸によってリラックス効果も抜群です。

  • 運動量★★★★☆
  • 熟練度★★★☆☆
  • リラックス度★★☆☆☆

8.イシュタヨガ

「イシュタヨガ」とは「個人」という意味を持ちます。つまり、個人に合わせたヨガということ。

呼吸・ポーズ・瞑想が組み込まれ、個人に合ったものなので、自分のペースで行うことができます。従って運動量も個々の素質に合わせたものとなります。

  • 運動量★★★☆☆
  • 熟練度★★★☆☆
  • リラックス度★★☆☆☆

9.インテグラルヨガ

インテグラルとは「統合・総合」の意味を持ちます。ヨガには様々な流派がありますが、それらに囚われずヨガ自体を総合的に考えるもの。

運動量はハタヨガと変わらず、静と動の動きを交互に行い、初心者でも取り組めるヨガです。

  • 運動量★★★☆☆
  • 熟練度★★☆☆☆
  • リラックス度★★★★☆

10.ビクラムヨガ

ビクラムヨガは温度40°前後・湿度40%前後という環境の中で26種類のポーズを取るヨガ。ホットヨガのベースとなったものです。

ハタヨガがアレンジされたもの。運動量はハタヨガと同じくらいですが、暑いと感じる環境で行うため、持病を持つ人・高血圧の人・妊娠中などは避けた方が良いでしょう。

  • 運動量★★★★★
  • 熟練度★★★☆☆
  • リラックス度★★☆☆☆

11.ラージャヨガ

姿勢やポーズをメインとせず、「瞑想」を中心としたヨガ。「ラージャ」とはサンスクリット語で「王」の意味を持ちます。

本来ヨガは肉体と精神を呼吸によって繋げるもの。他のヨガより精神面にアプローチするヨガです。

  • 運動量★★☆☆☆
  • 熟練度★★★★☆
  • リラックス度★★★★☆

12.クンダリーニヨガ

呼吸法・ポーズ・マントラ・瞑想によって構成されたヨガ。数あるヨガの種類の中でも完成度が高いことで人気。

人間の根源的なエネルギーに注目し、パワフルな「火の呼吸」とともに行い、さらには精神状態までも追求するヨガです。

  • 運動量★★★★☆
  • 熟練度★★★☆☆
  • リラックス度★★☆☆☆

13.マタニティヨガ

妊娠中に行うマタニティヨガには、分娩時の体力作り、効果的な呼吸法、妊娠中のメンタルバランスを整えるなどの効果があります。

運動量はマタニティ時期に合わせたものなので少なめで、快適に過ごすことができます。

  • 運動量★☆☆☆☆
  • 熟練度★☆☆☆☆
  • リラックス度★★★★★

14.産後ヨガ

産んで終わりではない出産後。身体内外の変化・メンタルバランスだって様々なことが起こります。

そんな時におすすめの産後ヨガ。骨盤の歪み矯正はもちろん、身体の回復・メンタルの不安定さにもアプローチします。

開始は産後少なくとも1ヶ月後から。医師に相談し、問題がなければ開始することができます。

  • 運動量★☆☆☆☆
  • 熟練度★☆☆☆☆
  • リラックス度★★★★☆

15.陰ヨガ

1つのポーズを5分ほどキープするヨガ。動きが盛んなヨガではなく、じっくりゆっくり瞑想しながら、身体をほぐしていくヨガです。

身体の深部・関節周辺へとアプローチし、動き・運動量は少ないため、高齢者にもおすすめのヨガ。

  • 運動量★☆☆☆☆
  • 熟練度★☆☆☆☆
  • リラックス度★★★★☆

16.アロマヨガ

天然のアロマオイルが炊かれた環境の中で行うヨガ。

アロマ成分でリラックスが充分にでき、それぞれの精油成分が持つ身体への効果もばっちり。

運動量は多くないので、アロマでリラックスしたい人におすすめのヨガです。

  • 運動量★★★☆☆
  • 熟練度★★☆☆☆
  • リラックス度★★★★★

17.リラックスヨガ

身体を大きく伸ばす動きと緩めるポーズを交互に行うことで心身にリラックスをもたらすヨガ。

癒しが得られるのはもちろん、運動量も少ないため、よく身体を動かす人のメンテナンスとしても使えるヨガです。

  • 運動量★★★☆☆
  • 熟練度★★☆☆☆
  • リラックス度★★★★★

18.ホットヨガ

温度38~39°前後・湿度60%前後という環境の中で行うヨガ。

最大の特徴は汗を大量にかくこと。運動量はハタヨガと変わりませんが、暑い中での運動なので健康な人でないと苦しくなるかもしれません。

高血圧・妊娠中・偏頭痛持ちの人は避けた方が良く、気になる症状がある人は医師に相談してから行うと良いでしょう。

  • 運動量★★★★☆
  • 熟練度★★★☆☆
  • リラックス度★★☆☆☆

19.ハリウッドヨガ

ヨガとエアロビクスの要素を取り入れたヨガ。軽快な音楽にのって行われ、「美・健康」をもたらすとしてハリウッドセレブにも人気です。

軽快な音楽にのって行うため、運動量はやや多め。基礎代謝を上げ、インナーマッスルを強化できます。

  • 運動量★★★★☆
  • 熟練度★★☆☆☆
  • リラックス度★★☆☆☆

20.ハワイアンヨガ

ハワイの音楽をBGMで流しながら、肉体にも精神にも負担をかけず身体の基礎代謝を促すヨガ。

ハワイ独特の雰囲気の中で充分リラックスできます。運動量は多くなく、リラックスに重点が置かれているので万人に向いています。

  • 運動量★★★☆☆
  • 熟練度★★☆☆☆
  • リラックス度★★★☆☆

21.骨盤矯正ヨガ

文字通り骨盤矯正に効果があるヨガ。寝たままのポーズで行え、その日の内に骨盤の歪みを取ることを目的として行われます。

運動量は多くなく、初心者や高齢者でも楽しみながら骨盤を整えます。

  • 運動量★★★☆☆
  • 熟練度★★☆☆☆
  • リラックス度★★☆☆☆

22.SUPヨガ

ヨガとマリンスポーツである「SUP」を組み合わせたSUPヨガ。

浮力が高い「SUPボード」に乗ってヨガを行うことで体幹が鍛えられ、フィットネスの効果が高いです。

  • 運動量★★★★☆
  • 熟練度★★★★☆
  • リラックス度★☆☆☆☆

23.エアリアルヨガ

空中に吊るしたシルクのような柔らかい布に少しずつ身体を預けていくヨガ。

体幹を鍛える・深いリラックスを得る・背骨の詰まりや歪みを取るなどの効果があります。

運動量はハタヨガより少なめ、初心者から高齢者まで行えるヨガです。

  • 運動量★★☆☆☆
  • 熟練度★★☆☆☆
  • リラックス度★★★★☆

24.アクロヨガ

アクロヨガとは、「アクロバティック・パートナーヨガ」の略。タイマッサージ・ヨガ・アクロバットの要素を取り入れ、2人以上で行います。

パートナーとの絆が深まると人気のヨガで、運動量はハタヨガより少し多い程度。初心者にも楽しめるヨガです。

  • 運動量★★★★☆
  • 熟練度★★☆☆☆
  • リラックス度★★★☆☆

25.キッズヨガ

ゲーム・レクリエーション要素を取り入れながら、子供の柔軟性・集中力を養うヨガ。3歳頃から12歳頃まで行います。

独創的なポーズを取ったり、など豊かな心を育むためのヨガ。

  • 運動量★★★☆☆
  • 熟練度☆☆☆☆☆
  • リラックス度★★☆☆☆

目的や体質などから、あなたに合うヨガの選び方

ダイエットしたい人におすすめのヨガ  
  • ホットヨガ
  • アクロヨガ
  • ハリウッドヨガ
  • ビクラムヨガ

体幹・骨盤の歪みを整えたい人におすすめのヨガ  

  • ハタヨガ
  • エアリアルヨガ
  • 骨盤矯正ヨガ
  • ヴィンヤサヨガ

メンタルバランスを整え、リラックスしたい人におすすめのヨガ  

  • リラックスヨガ
  • アロマヨガ
  • シヴァナンダヨガ
  • イシュタヨガ
  • ハワイアンヨガ
  • ラージャヨガ

発汗&デトックスしたい人におすすめのヨガ  

  • アシュタンガヨガ
  • パワーヨガ
  • ホットヨガ
  • アクロヨガ
  • ハリウッドヨガ

自分に合ったヨガを選んで快適な毎日を!

ここまで読んだあなたは多種類のヨガがあることに驚いたのではないでしょうか。

時期が異なれば自分の状態も変化がありますが、その状態に沿ったヨガも様々用意されています。

深い呼吸でポーズを行うことで体幹やインナーマッスルを鍛える・骨盤や背骨の歪み矯正など良い効果がもたらされるので、自分の状態に合ったヨガを生活に取り入れましょう!

▷あなたにぴったりなヨガスタイルがわかる!「おすすめヨガスタイル診断」

▷【ヨガの服装のポイント】ヨガの種類別おすすめウェアと初心者が準備しておきたいポイント

ヨガ初心者の方におすすめのその他の記事

ゆっくりとした深い呼吸を意識しながら身体を動かすヨガ、自然由来のコスメやスキンケア、身体に優しく美味しい食事を生活に取り入れて、本来の人間の力を引き出すことを日々実践しています。
神秘的な自然治癒力に興味津々!