ヨガは風邪の予防にも治療にも効果的!オススメポーズ4選!

風邪を引いた時には安静にしていないさいと言う人と、多少の汗を出させる運動をしなさいという人がいますが、それはどちらが正しいのでしょうか。そしてもしも後者が正しい場合、ヨガはその運動の範疇に入るでしょうか。またあるいは、ヨガその物は風邪の予防になるのでしょうか。ここでそのような風邪とヨガにまつわる疑問にお答えします。

風邪の時には身体の中で何が起こっているか?

まず風邪を引いた、その時に身体の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか。ヨガをしてもよいかどうかはそれを理解したうえでのことになります。

風邪の主な原因はウイルス

風邪は単に身体が冷えてかかるものもありますが、しかし風邪患者が100人いたらそのうちの約80〜90人はウイルスに感染して発症していると言えます。そしてひとくちにウィルスと言っても、実は何種類もあるのです。

  • ライノウイルス:大人の風邪のほとんどがこれが原因です。一年中感染しますが冬は比較的減少します。
  • コロナウイルス:ライノウイルスに次いで多いウイルスです。逆に冬に感染者が増えます。
  • バラインフルエンザウイルス:子供の風邪の多くはこのウイルスです。その場合は大人よりも重症化しやすくなります。
  • アデノウイルス:これも子供が感染しやすいウィルスです。夏に多く、「プール熱」や「はやり目」の原因にもなります。
  • RSウイルス:冬に多いウィルスです。乳幼児が感染した場合、気管支炎や肺炎を併発して重症化します。

感染経路は飛沫や接触

この風邪のウィルスは主に感染者のくしゃみなどで口から飛んだツバなどによる飛沫感染と、保菌者が触ったものを触ることで感染する接触感染で広がります。

そのようにして体内に侵入したウイルスは、免疫力や体力が落ちているという条件が整っていれば、鼻やのどの粘膜で増殖し、炎症を起こします。それが頭痛、発熱、鼻水、のどの痛みを起こすのです。

風邪の症状は身体の防御反応

ただしそのような症状は正確に言うと風邪の症状というよりは、風邪のウイルスによる感染を身体が防御して起こしている防御反応なのです。特に鼻水や咳、たん、くしゃみなどは身体に入ってきたウイルスを排出しようという反応ですし、発熱は熱でウィルスを死滅させようという反応です。

ですから、その防御反応をさらに高めることができるのであれば、必ずしも安静にしている必要はないのです。いくつかある方法の中で、とりあえずマイナスにはならないために、身体を温かくし、安静にしていることが推奨されているのです。

風邪の時の1番望ましい対処方法は?

では具体的に風の時にはどのように対処すれば良いのでしょうか。

とりあえずは安静

消極的ですが、身体がウィルスと戦っているのを、「静かに見守る」ことが安静です。つまり防御反応をしっかり働かせるための対処です。安静にすることで体力がほかに使われないために、身体は思い切ってウィルスとの戦いに集中できるのです。

身体を温めることもその一環です。身体が冷えると免疫機能が低下するので、免疫機能が十分に発揮できる温度として部屋を20~25℃くらいに保ち、かつウイルスの活性化を防ぐために加湿器などで保湿をするわけです。

栄養補給をしっかりと

身体がウィルスと戦うパワー補充するためには食事でしっかり栄養を補給することも重要です。特に発熱は体力を急激に消耗させるので、体内がウィルス優位の環境になってしまいます。それを避けるためには、消化のいい良質のタンパク質、ビタミンやミネラルなどを使った料理を食べましょう。

また発熱による発汗も脱水症状を起こしやはりウィルスの格好の繁殖環境になってしまいますから、水分補給も行うことが重要です。

風邪の時にヨガはしてもいいの?

風邪というものの実態と、一般的に行われている対処方法の意味が分かったところで、ヨガはその中でどのような位置づけになるのでしょうか。

風邪の時にしてもいい運動とは?

まず一般的には、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど軽い症状の場合には、運動をして汗をかくことは代謝機能を上げることなので、してもよいと言われています。ただしこれは首から上の風邪に限ったことなので、ネックルールと呼ばれています。

しかしここに発熱や吐き気が伴う場合は、体力を温存したほうがよいので運動は控えるべきだとされてます。

風邪の時のヨガの効果は?

では風邪の時に、仮にヨガをした場合はどのようなことになるのでしょうか。

まず身体の中で身体とウィルスがと戦っているときは、ストレスホルモンであるコルチゾールが盛んに分泌されています。実はヨガで行う呼吸法はストレスを軽減させながら、このコルチゾールの分泌を促進し、免疫力を高めるのです。さらに、激しく動かないヨガであれば、風邪による関節痛などを緩和してもくれます。

ですから風邪を引いた時に、ゆっくり動くヨガを行うことはむしろ風邪対策としてはプラスに働くことなのです。

風邪の時にホットヨガはOK?

以上のヨガは基本的に「常温で行うヨガ」でしたが、ホットヨガはどうなのでしょうか。

ホットヨガで身体を温めても風邪には逆効果

風邪をひいた時の発熱はウィルスを死滅させるための防御反応であり、また身体を温めることはウィルスにとって生存しにくい環境を作るためです。ここから推し進めて、ホットヨガであれば、身体も温まるのでさらによいのではないかという考えが出てきますが、実はこれは逆効果です。

室温を38~40℃、湿度を55~65%にして行うホットヨガは、風邪には逆効果なのです。

風邪の時のホットヨガがNGなわけは?

なぜ逆効果になるのかというと、ホットヨガのレッスンはおおよそ1時間を1コマとして設定されています。この中でホットヨガでも比較的運動量の少ないものを行ったとしても、大量の汗をかき、初めての人の場合は頭痛やめまいを起こすこともあります。つまりそれだけ体力を使うということです。

風邪の時にそれだけの体力を使ってしまうと、身体のエネルギーがそちらにすべて向けられてしまい、ウィルスとの戦いに割けるエネルギーがなくなってしまいます。ですから風邪の時にホットヨガをすると、風邪が悪化してしまうのです。

中にはホットヨガするようになって風邪をひきにくくなったケースもありますが、それはあくまで健康体で体力をすべてそちらに振り向けても大丈夫な時だからです。それであれば、ホットヨガのもたらす免疫力のアップ効果が、風邪に対する抵抗力を身体につけてくれるでしょう。

病み上がりにヨガをしても大丈夫?

病み上がりの時には、逆に言えば身体はまだ半分衰弱している状態です。したがって、治ったからと言ってすぐに激しい動きのヨガは禁物です。

むしろ風邪をひいている時と同様に、呼吸法とゆったりしたストレッチを中心のヨガをおすすめします。それによって風邪の時に分泌していたストレスホルモンが早く分泌を止め、ヨガの深い呼吸が免疫力を高めて、風邪の「引き戻し」を防いでくれるでしょう。

ヨガで風邪を予防!オススメポーズ3選

このように軽いヨガは風邪と戦う体内の環境を整ることにプラスになります。そして同時に、ヨガのもつ免疫力のアップ効果は風邪をひきにくい身体にする、つまり風邪を予防することにつながるのです。ここではその風邪を予防するオススメポーズを3つご紹介します。

猫のポーズ

  1. 両膝を床についた状態から、両手の肘も床につけます。
  2. 息を吸いながらお腹を膨らませます。
  3. ゆっくり息を吐きながらおなかをへこませます

猫のポーズは呼吸が深くでき、自律神経のバランスが整えられるので、代謝がよくなり風邪の菌を早く体外に排出するのを促します。

ダウンドッグのポーズ

  1. 両手両足を床につけ腰を高く引き上げます。
  2. 息を吸いながらかかとを上げます。
  3. 息を吐きながら背骨をひとつづつ曲げるようなつもりでゆっくり背中を丸め、重心を前に移します。
  4. 肩が手首の真上まで来たら、腰を下げます。
  5. 息を吸いながら腰を下げ、背骨を反らせて犬が遠吠えをするように上を向きます。
  6. 息を吐きながらあごを引き、背骨をひとつづつ意識して背中を丸め、ながら重心を移動し、1に戻ります。

ダウンドッグのポーズも猫のポーズと同様に自律神経を整えますので、代謝改善による菌の排出を促進してくれます。また股関節をストレッチするので免疫力も高まります。

魚のポーズ

  1. 両膝を曲げたまま仰向けになり、両足を床の上に置きます。
  2. 息を吸いながら骨盤を床からやや持ち上げます。
  3. 手のひらを下向きにして両手をお尻の下に入れます。
  4. 両手の甲にお尻をのせます。
  5. 息を吸いながら、前腕と肘を強く床に対して押します。
  6. 次に肩甲骨で背中を押します。
  7. 息を吸いながら胴体上部を持ち上げて頭を床から離すし、静止後、頭をゆっくり床に戻します。

魚のポーズは風邪で凝り固まった背中の筋肉をストレッチし、歪んだ骨格を強制してくれますので、免疫力が向上し風邪が快方に向かいます。

子犬の伸びのポーズ

  1. 床に四つん這いになって、両ひじを床について伸ばします。
    両手を少しずつ前に伸ばし、顎を床につけます。

無料体験レッスンに行ってみよう!全国展開する大手ヨガ・ピラティススタジオ

・ホットヨガスタジオ LAVA(ラバ) ※全国340店舗以上

全国に350店舗ほど展開する日本最大のホットヨガスタジオ「LAVA(ラバ)」。最近だと、土屋太鳳さんをイメージキャラクターとしたCMも人気ですね。LAVAでは、室温を38度、湿度を55%程度の状態にしてヨガを行うため、汗を大量にかけデトックス・美容効果が高いことで人気のスタジオです。

他と比べてLAVA(ラバ)のここがすごい!

・レッスン構成は、同一のクラス名であれば、全国どこのスタジオでも同様。徹底した研修システムによりレッスンの質にインストラクターごとのばらつきが出ないようにしています。

・通い放題コースでは、2店舗選択して通うことができます。会社の近くと自宅の近くなど自分のライフスタイルに合わせて、スタジオを使い分けられるのがメリット。

・インストラクターが、レッスン中にポーズのアジャスト(補正、サポート)を行ってくれるので、正しいポーズの感覚を身に付けることが出来ます。

・LAVAには男性も通えるスタジオが全国に141店舗用意されていますので、家族やカップルで通うことが出来ます。

料金について※店舗によって価格が異なります

入会金…5,000円(税込)

施設利用料…2,000円(税込)

マンスリーメンバー登録金…5,000円(税込)

月会費…8,300円~16,300円(税込)

体験レッスンは1,000円。体験当日入会をすると入会金やマンスリーメンバー登録金が0円になります。入会時には二か月分の月会費が必要です。

 
値段は多少CALDOよりお高めではありますが、2店舗通えるのは嬉しいですね。また、ヨガマットは自身で持参しなければいけないのでちょっと面倒と思う方も。(料金を支払えばスタジオに置きマットも可能)
日本最大級のホットヨガスタジオなので、特別レッスンやイベントなども充実していて飽きずに通えることができます!
 

LAVA(ラバ)の詳細&キャンペーン情報

・ホットヨガスタジオ CALDO(カルド) ※全国60店舗以上

事前予約不要で通える全国60店舗程度を展開するホットヨガスタジオのCALDO(カルド)。こちらもLAVA(ラバ)同様にホットヨガスタジオになります。

他と比べてCALDO(カルド)のここがすごい!

・値段が安い!店舗ごとに値段は多少異なるのですが、都内で通い放題コースを選択しても9,180円と一万円を切ります。初心者でも始めやすい価格設定なのが嬉しいですよね。

・ジム(フィットネスエリア)を併設!(※一部店舗は無し)ヨガスタジオ以外に、筋トレやランニングが出来るフィットネスエリアが完備されているので、ヨガ前に体を動かしたり、様々なメニューを自分で組んで体を動かすことが出来ます。また、スタジオによっては岩盤浴を併設しているスタジオも。

・予約が不要。レッスンごとに予約をする必要が無いので、思い立った時にレッスンに行くことができます。スタジオによっては人気レッスンで整理券が配布されることもあるので確認してください。マットも無料レンタルなので、ヨガウェアさえあれば思い立った時に行けるので楽ちんですよね。

・CALDO(カルド)には男性も通えるスタジオが全国33店舗に舗用意されていますので、家族やカップルで通うことが出来ます。

男性OKのCALDO(カルド)ヨガスタジオ一覧
東京都 銀座、新宿、渋谷、池袋、吉祥寺、石神井公園、西葛西、府中
神奈川県 川崎、藤沢、溝の口、関内、綱島
埼玉県 浦和、川越、川口、志木、
千葉県 千葉中央、津田沼、五香、成田
中部 栄(愛知)、豊川(愛知)、静岡
近畿 天六(大阪)、堀江(大阪)、江坂(大阪)、草津滋賀(滋賀)、守山(滋賀)
中国四国九州沖縄 岡山、中洲(福岡)、大橋(福岡)、宮崎

料金について※店舗によって若干価格が異なります

月会費…6,980円~14,000円

入会金…0円(キャンペーン中)

事務手数料…0円(キャンペーン中)

体験レッスンは980円。入会時には入会金、事務手数料、月会費が2~2.5か月分必要です。現在新規入会キャンペーン中で入会金と事務手数料が0円です!


人数が多く混雑することもありますが、広いスタジオなのであまり気になりません。また、LAVAは暖房ストーブで室内を温めているのに対して、CALDOは遠赤外線の床暖房を使っているのも違いです。CALDOはレッスン開始前に岩盤浴のように寝っ転がって体を温めている人が多くいます。デトックス効果が期待できるスタジオです。

CALDO(カルド)の詳細&キャンペーン情報

・常温ヨガ&ホットヨガスタジオ ヨガプラス ※全国20店舗以上

東京エリアと関西エリアを中心に全国20店舗以上展開するヨガプラス。男性も全店利用可能。LAVAやCALDOは一部の店舗しか男性は使えないので、男性にとっては通いやすいですね!
「ホットヨガ」と「常温ヨガ」の両方から選ぶことができ、シャワー付きロッカールーム、ラウンジなどを完備した、開放感溢れるスタジオが多いことが特徴です。ホットの汗だらだらの環境ではなく、ヨガだけに集中したいという方々から「常温ヨガ」は人気を集めています。
姉妹ブランドのピラティス専門スタジオ「basi(バシ)ピラティス」からインストラクターを招きピラティスクラスも導入しています。老若男女問わず、幅広い層が利用しており初心者でも参加しやすいのが特徴です。妊婦さんも歓迎しています(医師の同意書が必要です)

他と比べてヨガプラスのここがすごい!

・常温22℃、身体のゆるみと発汗を促す27.2℃、発汗を促す40℃から自分に合った室温のクラスが選べます。暑すぎるのが苦手、常温で体を動かすことに集中したいという方にオススメです。

・レッスンのバリエーションが豊富。ヨガだけでなく体幹の力強さを鍛えていくピラティスや、最先端のボディワーク等が充実。気分によって飽きることなくレッスンを選ぶことが出来ます。

・LAVAやCALDOは一部のみ男性可ですが、ヨガプラスのスタジオはすべて男性利用可能です。夫婦や家族でレッスンに参加している人も多くいます。

料金について※店舗によって価格が異なります

月会費…6,980円~14,000円

入会金…0円(キャンペーン中)

フリー会員…14,500円(グループレッスンが無制限に受講可能)

デイタイムフリー会員:12,000円(平日9:00~18:00のグループレッスンが無制限で受講可能)
月4会員:9,250円(グループレッスンが月4回受講可能)

デイ月4会員:7,500円(平日9:00~18:00のグループレッスンが月4回受講可能)

体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


ほかのホットヨガスタジオに比べ、そこまでダイエット推しではなく、ヨガを通して体の使い方を学びたい、ヨガを深めたい人におすすめです。全米で人気のヨガスタジオ「Yogaworks」のヨガプログラムを取り入れているのも特徴です。

ヨガプラスの詳細&キャンペーン情報

・ホットヨガスタジオ loive(ロイブ) ※全国32店舗

全国に37店舗を展開する、loive(ロイブ)は女性専用のホットヨガスタジオです。
どこのスタジオもナチュラルな木目調の床や壁で雰囲気も明るく、清潔感のある施設なのが特徴的です。女性のみのスタジオなので、徹底的に清潔感にこだわっていたり、提携の託児所を用意していたりと、女性に嬉しいサービスが多くあります。

他と比べてloive(ロイブ)のここがすごい!

・全店駅の近くで通いやすい!スタジオをはじめシャワールーム、パウダールームなどが清潔で女性人気が高い。

本格的なヨガレッスンの他、ビートドラムダイエットやホットボクササイズ、サーフエクササイズなど話題のエクササイズレッスンが充実。ホットの環境で、フィットネスジムで提供されているスタジオプログラム並みのバリエーションが人気の理由。

・一般的なホットヨガスタジオのレッスン時間は45分~60分ですが、loive(ロイブ)では70分や90分のロングレッスンが用意されており、大量のカロリー消費とたっぷり発汗

料金について※店舗によって若干価格が異なります

フルタイム会費…9,530円~15,000円(通い放題)

デイタイム会員:7,680円~13,000円(平日15時スタートのレッスンまで)
月4会員:7,700円~9,900円

 

体験レッスンは60分500円で体験レッスンを受けられます。

今なら、体験レッスン当日のご入会で入会金(通常1,000円)手数料(通常5,076円)が今なら無料です。


ヨガはもちろん、サーフエクササイズ、ボクシング、瞑想、ピラティス等と充実したレッスンプログラムを用意しているため、飽きることなく毎日楽しんで通えます。ダイエット目的から、リラックスまで様々な方が気軽に通えるヨガ・フィットネススタジオです。

ホットヨガスタジオ「LOIVE(ロイブ)」の詳細&キャンペーン情報

・ピラティススタジオ BASIピラティス ※関東に28店舗以上

↑BASIピラティスの中でも特に人気のグループ「Flow」クラス

関東を中心に全国28店舗展開するBASIピラティス。「ヨガ」と「ピラティス」の違いは、ヨガがインドの文化から始まったものに対し、ピラティスはドイツで「リハビリ」を目的に始まったもの。起因は違うものの、呼吸に合わせ、身体と心のコントロールを行う点は両方とも一緒です!

ただ、ヨガはストレッチ効果の高いポーズも多く入ってくるのに対し、ピラティスは体幹やコアを使うポーズやエクササイズが中心。体が硬すぎてヨガを諦めてしまった…という方にもおすすめです。

↑ピラティスマシンを利用したプライベートレッスン

BASIピラティスでは、グループレッスンとプライベートレッスンの二種類が用意されています。人数でいえば、グループレッスンに参加されるお客さんの方が多いですが、マシン(リフォーマー)を使い、関節の可動域を広げ、通常の運動では強化できない部位を、強化していくプライベートレッスンも人気です。

他と比べてBASIピラティスのここがすごい!

・自分の身体をどのように扱えばいいのか、といった体の動かし方の正確性を学び、コントロールすることができるようになります。もちろんヨガも同様にできますが、ヨガの様々なポーズを取る中で体の動かし方を学ぶヨガに対し、リハビリ目的で生み出されたピラティスはよりダイレクトに体の使い方を習得できると言えます。インストラクターも全員正社員と、専門的に勉強した面々が揃います。

・年齢や健康状態、体の固さに関わらず、誰でも行なうことが出来ます。男女比は店舗にもよりますが6(女性):4(男性)程度の割合。年齢層は30代~50代が多く見られます。

・アップテンポな音楽に合わせて身体を動かすファンクラスや、様々なピラティスの道具(ボール・フォームローラー・セラバンド・バランスクッションなど)を使って体を動かす「FOCUS」クラスなどバリエーションが豊富。

料金について

入会金…30,000円(体験当日入会の場合無料)

全店フリー会員…18,500円(全店利用可)
フリー会員…16,500円(一店舗のみ)
月4会員…10,800円
※その他、都度購入タイプのチケットも用意があります。
マットレンタルはいつでも無料。

グループ体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


姿勢改善や肩こり・腰痛といった体の不調解消だけでなく、身長が伸びた、足が美脚ラインになった、といった他にも様々な効果を感じるお客さんが多いそう。正しい体の使い方を知るために、他のスポーツと併用される方が多いのもBASIピラティスの特徴です。

basiピラティスの詳細&キャンペーン情報

・ピラティススタジオ ピラティススタイル ※全国55店舗以上

関東、関西、東海、北海道と全国55店舗展開する「ピラティススタイル」。上で紹介した「basiピラティス」と同じ会社が経営しています。よりピラティスをデイリーに感じてもらうための空間として、店舗数もレッスン数もインストラクター数も規模を拡大して提供しているのが「ピラティススタイル」です。いずれも、ピラティス専門会社が運営するスタジオなので、ピラティスをきちんと学びたい方にはどちらもおすすめです!

他と比べてピラティススタイルのここがすごい!

・ピラティスの専門スタジオとしては、世界最大級の店舗数を誇ります。(日本で例えるならLAVAのピラティス版みたいな感じでしょうか)レッスン数やレッスンの種類も多く、どこも駅近なので、自分の都合や好みに合わせて柔軟に通うことができます。もちろん、全店舗男性も利用可能です。客層は老若男女問わず様々な年齢層の方が参加しています。

イベントや特別レッスンが充実しているのも大規模スタジオならでは。例えば門前仲町では毎週ママピラティスをやっていたり、阿佐ヶ谷では毎週50代からのピラティスをやっていたりします。

・グループレッスンはもちろん、プライベートレッスンも充実。全店にピラティスマシンが設置されています。ピラティスはリハビリ生まれ。身体に負担をかけて鍛える運動とは違い、抑制しながら筋肉を使うエクササイズは年齢や健康状態に関わらず、誰でも安全に行うことが出来ます。

料金について※店舗によって値段が若干変わります

入会金…20,000円(体験当日入会の場合無料)

全店フリー会員…16,000円(全店利用可)
フリー会員…14,000円(一店舗のみ)
月4会員…9,250円
※その他、都度購入タイプのチケットも用意があります。
マットレンタルはいつでも無料。

グループ体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


他店舗利用料300円を払えば、全店使えたり、姉妹店のBASIピラティスも500円で利用可能。
姉妹店のヨガスタジオ「ヨガプラス」、「ビクラムヨガ」も300円で利用が可能と嬉しいオプションがたくさんあります。

ピラティススタイルの詳細&キャンペーン情報

まとめ

いかがですか。

風邪を引いたら1番無難なのはやはり安静にして、身体がウィルスと戦うのを邪魔しないようにすることです。しかし、ヨガのゆっくりした動きはその戦いをさらに支援することができるエクササイズです。ですから初期の風邪であれば、することをおすすめします。

ただし、やはり医師の診断がベストですから、よく医師に相談してするようにしてください。

▷ヨガで生理痛は軽くなる?生理の時にヨガをやってもよい?ヨガと生理にまつわるお悩み解決!

ヨガの効果についてお探しの方におすすめのその他の記事

ヨガポーズ情報をお探しの方におすすめのその他の記事

旅、蕎麦と酒(全ジャンル)、落語、そして猫をこよなく愛する大阪在住ライターです。
最近は肩こりがさらにひどくなり、デスクでPCに向かいながら上半身ヨガで何とかしのいでいる日々。
しかしそのおかげで左半身のだるさが取れました!