ヨガが生理痛を緩和!ヨガで血流をよくして、生理痛を軽くしよう

女性にとって生理時の心身の状態は重要なもの。長い年月にわたって毎月訪れるものであるからこそ、快適に過ごしたいものです。

しかし多くの女性が生理痛に悩んでおり、中には寝込んでしまうほど身体の状態が酷くなってしまう人も。反対に生理痛をほとんど感じたことのないという女性もいます。

また、生理中の痛みだけでなく、生理前のメンタルの落ち込み、お腹がもやもやする…などの状態を毎月感じる人も多くいるのではないでしょうか。

重くて痛い生理痛を何とか和らげたい…。生理痛軽減のために普段からできることは何かある?そんな人におすすめなのが「ヨガ」。

今回はなぜヨガが生理痛の緩和に役立つのか、どんなヨガが生理痛に効くのか、またより効果的なポーズは?など、気になる疑問を解説していきます。

ヨガが生理痛を緩和してくれる効果とその理由

ヨガとは、深い一定リズムの呼吸をしながら様々なポーズを一連の流れで行うもの。美容・健康に効果があることは聞いたことがあるけれど、一体なぜヨガが生理痛の緩和へと繋がるのでしょうか。

生理痛が起こる理由として、身体が冷えていて血行が悪いということがまず挙げられます。女性は身体、特にお腹を冷やして良いことはありません。締め付けのキツい下着や衣服は血行を悪くしますし、薄い下着1枚で生活するのも身体を冷やします。

冷えは万病の元、といわれるほど、身体に良くないのです。ヨガを行うと、血行が良くなり、新陳代謝にも効果があり、続けることで姿勢や骨盤の歪みなどが矯正されます。身体がほぐされ、温かくなるのですね。

また、深い呼吸をすることは精神面へ良い効果があります。お腹の中の空気を吐ききり、お腹いっぱいに空気を吸い込むというのを繰り返すことで、脳内にセロトニンが出てメンタルストレスが軽減されるのです。

ホットヨガと普通のヨガ、どちらが生理痛には効果的?

身体を温める方が良いなら、常温で行うヨガよりホットヨガのが効果ありそうだけどどうなの?せっかくヨガをするなら生理痛に効果がある方がいいんだけど…。

常温ヨガとホットヨガの違いはその環境。常温ヨガは通常の部屋の温度の中で行いますが、ホットヨガは 温度39°・湿度60%前後という環境の中で行います。

常温ヨガは1つずつのポーズを深い呼吸で行い、自分の体内から熱を生み出します。対してホットヨガは「暑いと感じる温度」の中で行うため、あまり深い呼吸はできません。

外部から熱を与えられるホットヨガは必然的に身体が温まった状態で行うので汗をかきやすく有酸素運動ともなり、新陳代謝が活発になり血行も良くなります。

冷えから来る生理痛を軽減したい場合、ホットヨガの方が効果を感じられる人が多いようです。暑いからちょっとキツい…とはじめは感じますが、身体から老廃物が出やすく、継続することで生理痛を緩和できるのです。

生理痛の大敵は冷え&血行不良、ヨガで血流をよくしよう

前述したように生理痛を引き起こす大きな原因は冷えと血行の悪さ。生理痛だけでなく、身体の冷えと血行不良は身体に良いものをもたらしません。できるだけ身体を温め、平均体温は36.5°をキープできると良いのです。

生理痛が酷い時に、お腹にカイロを貼ったりしますよね。冬の寒い日に、ただでさえ生理でお腹の調子が良くないのに、さらに制服で冷えちゃう…という経験は多くの女性がしてきたものではないでしょうか。

部分的にお腹を温めるのは、何もしないよりも生理痛の緩和に効果があります。しかし、もっと大事なのは基礎体温・基礎代謝を上げること。自分の標準体温を上げていくには自らの新陳代謝を活性化する必要があります。

ヨガを行うことで一定的に体温を上げる時間が増え、さらに継続することでインナーマッスルが鍛えられて筋肉が正しく付き、より良い代謝が得られ、その結果基礎体温が身体の理想へと近づきます。

つまり、1度のヨガ体験も生理痛軽減には良いですが、続けることでより身体が変化し、代謝が良くなるので、生理痛対策だけでなく身体に対しての全体的な良い効果が高まります。

生理痛軽減のために、ヨガとともに心がけた方が良いこと

生理にまつわる症状には様々なものがあります。何となく憂鬱、お腹が空く、甘いものを食べちゃう、眠い、お腹が重い、気持ち悪い、頭も痛い、だるくて起きていられない…などなど。

まずは身体の冷えを軽減するのに「適度な運動は新陳代謝が促されてスッキリ」&「身体を温める食品を摂取する」というメンタル・フィジカルともにアプローチする方法があります。

ヨガとともにストレッチを行う・お風呂に浸かる、などより血行をよくするためには様々な方法がありますが、お灸を据えてツボを刺激したり、身体を温める生姜を摂取するのもその1つ。

また生理前や生理時の陰鬱なメンタルを吹き飛ばすためにハーブティーを飲んだり、自分がリラックスできる香りのアロマオイルを炊くのも気持ち良くリラックスに繋がります。

身体がしんどい時に一気にやろうとするととても大変ですが、日常生活の中で習慣化することでルーティン化を図れます。身体を大事にする=身体を温めると考えると自ずと答えが得られますね。

生理痛に効果があるヨガポーズ5選

生理痛を引き起こす原因として「身体の冷え」を挙げましたがもう1つ重要なポイントが「骨盤の歪み」。

生理痛を軽減するには、実際ヨガを行う際にどんなポーズを行うと効果的なのでしょうか。

猫のポーズ

ホルモンバランスが整えられます。また、老化防止にも繋がります。

 

 

四つん這いになり、息を吐きながら背中を猫のように丸め、おへそをのぞき込みます。

 

 

息を吸いながら四つん這いへと戻し、上体をそらしてお尻を突き出します。

三日月のポーズ(アンジャネーヤ・アーサナ)

生理痛を和らげ、生理不順へもアプローチするポーズです。骨盤矯正の効果も。

 

 

足の親指が重ならないように正座をします。その姿勢から左足を後ろに真っ直ぐのばし、右足のかかとを内側に、お尻は床につけます。

息を吸いながら両腕を真っ直ぐ上にあげ、息を吐きながら上体を後に反らし自然呼吸で30秒ほどキープします。

弓のポーズ(ダヌーラーサナ)

 

 

うつ伏せに寝て、両腕は身体に沿って掌をを上にします。膝を曲げ、息を吐きながら上体を反らしながら両手で足首を掴みます。

息を吸いながらかかとをお尻から離し、太ももも床から離します。胸を開き、顔を前に向けてポーズ完成。

自然呼吸で20~30秒キープ。息を吐きながら身体を戻します。

バタフライのポーズ/合せきのポーズ(バッダコナーサナ)

又関節の柔軟性を高め、自律神経を整えます。

背筋を伸ばし、両足裏をくっつけて座ります。両手で足の親指を持ち、かかとを手前に引き寄せます。

息を吐きながら骨盤から骨が伸びるように前屈、ひじから先を床につけます。そのまま自然呼吸で30秒ほどリラックス。

橋のポーズ(セツバンダーサナ)

腰周りの冷えや血行不良に効果的なポーズ。

仰向けに寝て膝を立てます。なるべくかかとがお尻に近づくように。足は腰幅に開きます。

ゆっくりと背中を上げ、両手を床の上で組みます。息を吸いながらさらに背中を上げます。

ヨガで血流をよくしてリラックス、生理痛を軽くしよう

 生理痛やそれに伴う心身の不調を持つ人は、今回の内容に興味を持ち、あれこれと試したくなったのではないでしょうか。

適度に身体を動かすことは、生理痛に悩む人だけでなく万人に推進されるものであり、やはり基礎代謝や体温を高めることも老若男女に良い効果を及ぼします。

生理痛で寝込んでいる時に運動なんて無理…せいぜいお腹を温めるだけ。それは女性なら理解できること。

しかし、継続的にヨガを行うことで、もう少し身体の内部から末端の動きへとアプローチすることができるのです。

生理痛が酷い時には食品も身体温めるものを取り入れ、メンタルが安らぐ香りを嗅ぐなど5感をフル活用させましょう。そして、生理時以外でもヨガを続ければ、肉体的に良い効果が得られるので、必然的に「生理痛が軽くなった!」となります。身体に優しい・なおかつ健康効果を得られるヨガ、始めてみませんか?

ヨガ効果情報をお探しの方におすすめのその他の記事

ゆっくりとした深い呼吸を意識しながら身体を動かすヨガ、自然由来のコスメやスキンケア、身体に優しく美味しい食事を生活に取り入れて、本来の人間の力を引き出すことを日々実践しています。
神秘的な自然治癒力に興味津々!