おしゃれにヨガしたい!ヨガウェアの人気国内&海外ブランド9選

ホットヨガやハタヨガ、マタニティヨガ…というように、さまざまなタイプがあるヨガは、どんなヨガウェアを着ていけばいいのか迷う人も多いはず。今回は、そんな悩みがちなヨガウェアについて、選び方のポイントやヨガタイプ別のおすすめウェア、人気ブランドをまとめてみました。早速、チェックしてみましょう!

もくじ

ヨガウェアを選ぶときポイント

ヨガを始めたい人の多くが悩むヨガウェアについて、選ぶ際のポイントをいくつかご紹介しましょう。

着心地の良さ

ヨガの基本は、心身ともにストレスフリーな状態をつくること。ウェアを選ぶときも、締めつけすぎないシルエットや肌ざわりのいい素材、適度な通気性など、着心地のよいものを選ぶようにしましょう。

適度なフィット感

屈んだときに胸元が見えてしまうものや、動くたびにお腹や裾がめくりあがるデザインのウェアでは、周囲の目が気になってなかなかヨガに集中できません。適度なフィット感があるものを選ぶといいでしょう。ブラ付きのトップスも、胸元が見えにくくなるので、おすすめです。

吸湿性や速乾性

深く呼吸をしながら体を動かすヨガは、多くの汗をかくことになります。汗をかいて衣服が体に張りつく…ということがないように、吸湿性と速乾性に優れたウェアを選ぶようにしましょう。

ヨガウェアの種類

 ヨガウェアについて悩む人が多い理由のひとつは、その種類の多さ。まずは、基本的なウェアについてご紹介しましょう。

トップス

・ブラカップ付きトップス

ヨガでは、普段使うようなワイヤー入りのブラジャーは向きません。ワイヤーの硬さや締め付け感が、ストレスになってしまうこともあります。大きく動いてもストレスなく、しっかりとバストをホールドするには、ブラカップ内蔵のキャミソールやタンクトップがおすすめです。

・ブラトップ

主にホットヨガなど、アクティブに動くヨガのときに重宝されるのがこのタイプ。布面積が少なく、汗をかいたときにも張り付きません。適度なフィット感で、バスト部分をしっかりとホールドします。

・レイヤードウェア

キャミソールやタンクトップなどの露出が気になるときや、休憩中などに重宝するのが、重ねて着られるタイプのもの。体が温まるまでの寒さ対策としても使えるだけでなく、そのまま外出したいときにも役立ちます。

ボトムス

・レギンス

体の動きにフィットしやすく、伸縮性もあるレギンスは、ヨガには最適なボトムス。それだけで着るのに抵抗があるという人は、ショートパンツを重ねて履くといいでしょう。

・サルエルパンツ

ヨガウェアとして、人気が高いのがサルエルタイプ。ゆったりと足を開きやすいシルエットでありながら、裾は絞られているのでめくれる心配もありません。体型が気になるという人にも、おすすめです。

ヨガタイプ別の最適なウェアとは?

ヨガにはさまざまなタイプがあり、それぞれ最適なウェアが異なります。それぞれのヨガの特徴に合わせて、ウェアも使い分けるようにしましょう。

ホットヨガ

高温多湿のスタジオで行うホットヨガは、大量の汗をかくことになります。吸湿性と速乾性があるだけでなく、汗をかいても肌に張りつかないよう、布面積が少なくフィット感のあるものを選ぶといいでしょう。

常温ヨガ

常温ヨガは、呼吸法に重点をおくものから、激しくポーズをとるようなものまでさまざまなタイプに分けられます。運動量によってウェアを使い分けるといいでしょう。

・リラックス系ヨガ:着心地のよい、ゆったりとしたウェア。

・アクティブ系ヨガ:伸縮性があり、汗をかいても速乾性のあるウェア。

空中ヨガ

空中ヨガは、天井から吊るした布にぶら下がったり逆さまになったりして行うもの。体にフィットするもので、逆さまになってもめくりあがらないものを選ぶようにしましょう。常に布と肌が接している状態になるため、露出が少ないウェアの方が摩擦を抑えられるのでおすすめ。布を傷つけないように、飾りが少ないものを選ぶということもポイントです。

マタニティヨガ

マタニティヨガは、妊婦の人を対象としたヨガのため、とにかく体への負荷を少なくすることが重要です。体を締め付けないことはもちろん、お腹を冷やさないようにすることも大切。プチプラかつ肌触りの良さから「UNIQLO(ユニクロ)」が人気のようです。ゆったりとしたウェアで、リラックスした状態になれるようにしましょう。

ピラティス

ヨガと動きが似ていることから混同されがちなピラティス。精神的な安定に重きを置くヨガに対し、ピラティスは体幹を鍛えるなどの身体的なパワーアップに重点を置いています。ただ、使用するウェアに大きな違いはありません。ヨガのときと同様に、適度なフィット感のあるもの、伸縮性のあるものを選ぶようにしましょう。

有名な国内&海外ヨガウェアブランド5選

 ・【日本】yoggy sanctuary(ヨギー・サンクチュアリ)

https://www.style-yoggy.com/fs/styleyoggy/c/yoggysanctuary

yoggy sanctuary

yoggy sanctuary」は、「凛々しく生きる女性」をコンセプトに美しいシルエットと着心地を追求したヨガウェアブランド。メイドインジャパンにこだわった上質なウェアが揃っており、オーガニックコットンブランド「天衣無縫」とのコラボラインなども展開しています。

・【日本】suria(スリア)

http://online.suria.jp/

suria

デザインや素材、色など、すべてにおいて着心地のよさを追求したウェアが「suria」の魅力。優しい色合いの女性らしいものから、主役級のハイセンスなものまで豊富なデザインが揃っています。

・【カナダ】lululemon(ルルレモン)

https://www.buyma.com/item/33341274/

lululemon公式オンラインショップ

 カナダで生まれた「lululemon」は、機能性が高いだけでなく、デザインもキュートなものが多いのが魅力。動きやすさも大切ですが、オシャレにヨガを楽しみたいという女性から人気のブランドです。

・【ハワイ】LILY LOTUS(リリーロータス)

https://axf-axisfirm.com/products/detail.php?product_id=223

LILY LOTUS公式オンラインショップ

ハワイ発のヨガウェアブランド「LILY LOTUS」は、南国ムード漂うハッピーなデザインが特長。着心地の良さも抜群で、程よくフィットするシルエットは女性の体型を美しく見せてくれます。

・【カナダ】AUMNIE(アムニー)

ILLUSION BRA 2.0, BLACK/BLACK MESH

2007年カナダ西海岸で誕生。最新技術の素材・デザイン・耐久性の高い生地×トレンドスタイルを融合したアイテムを発売。個性的なカットや豊富な柄やカラーバリエーションに富み、スタイリッシュで都会的なデザインは多くのヨギーニから愛されています。ボディラインも美しく整えてくれるウェアです。

AUMNIE(アムニー)

プチプラなヨガウェアブランド4選

 ・UNIQLO(ユニクロ)

http://www.uniqlo.com/jp/

UNIQLO公式オンラインショップ

プチプラかつ高機能な「UNIQLO」のスポーツウェアは、ヨガにも最適。定番人気商品となったブラトップや、速乾素材のTシャツなど、シンプルで使いやすいアイテムが充実しています。

GU(ジーユー)

http://www.gu-japan.com/jp/pc/

GU公式オンラインショップ

トレンド感のあるアイテムがプチプラで購入できるところが「GU」の魅力。スポーツブラやショートパンツなどの機能的でかわいいスポーツアイテムが、ヨガウェアとしても人気です。

FOREVER21(フォーエバー21

http://www.forever21.co.jp/Default.aspx

FOREVER21公式オンラインショップ

プチプラブランドとして人気の高い「FOREVER21」では、個性あふれるハイセンスなスポーツウェアが揃っています。さりげなく遊び心のきいたデザインは、オシャレにヨガを楽しみたい人にもおすすめです。

 ・GAP(ギャップ)

http://www.gap.co.jp/

GAP公式オンラインショップ

カラフルでキュートなデザインが揃うのが「GAP」のヨガウェア。かわいいだけではなく、吸湿発散性を備えた素材やしっかりと体型をサポートする作りなど機能面でも優れたものが豊富にあります。

豊富な品揃え「楽天」もプチプラヨガウェアの宝庫!

https://item.rakuten.co.jp/style-depot/er0004/

「ブランドに特にこだわらないので、とにかく安く揃えたい!」という人には、楽天がおすすめ。18,000件を超えるヨガウェアの中から、お気に入りの一着を購入することができます。さまざまな種類のものを見てから選びたいという人は、早速チェックしてみましょう。

無料体験レッスンに行ってみよう!全国展開する大手ヨガ・ピラティススタジオ

・ホットヨガスタジオ LAVA(ラバ) ※全国340店舗以上

全国に350店舗ほど展開する日本最大のホットヨガスタジオ「LAVA(ラバ)」。最近だと、土屋太鳳さんをイメージキャラクターとしたCMも人気ですね。LAVAでは、室温を38度、湿度を55%程度の状態にしてヨガを行うため、汗を大量にかけデトックス・美容効果が高いことで人気のスタジオです。

他と比べてLAVA(ラバ)のここがすごい!

・レッスン構成は、同一のクラス名であれば、全国どこのスタジオでも同様。徹底した研修システムによりレッスンの質にインストラクターごとのばらつきが出ないようにしています。

・通い放題コースでは、2店舗選択して通うことができます。会社の近くと自宅の近くなど自分のライフスタイルに合わせて、スタジオを使い分けられるのがメリット。

・インストラクターが、レッスン中にポーズのアジャスト(補正、サポート)を行ってくれるので、正しいポーズの感覚を身に付けることが出来ます。

・LAVAには男性も通えるスタジオが全国に141店舗用意されていますので、家族やカップルで通うことが出来ます。

料金について※店舗によって価格が異なります

入会金…5,000円(税込)

施設利用料…2,000円(税込)

マンスリーメンバー登録金…5,000円(税込)

月会費…8,300円~16,300円(税込)

体験レッスンは1,000円。体験当日入会をすると入会金やマンスリーメンバー登録金が0円になります。入会時には二か月分の月会費が必要です。

 
値段は多少CALDOよりお高めではありますが、2店舗通えるのは嬉しいですね。また、ヨガマットは自身で持参しなければいけないのでちょっと面倒と思う方も。(料金を支払えばスタジオに置きマットも可能)
日本最大級のホットヨガスタジオなので、特別レッスンやイベントなども充実していて飽きずに通えることができます!
 

LAVA(ラバ)の詳細&キャンペーン情報

・ホットヨガスタジオ CALDO(カルド) ※全国60店舗以上

事前予約不要で通える全国60店舗程度を展開するホットヨガスタジオのCALDO(カルド)。こちらもLAVA(ラバ)同様にホットヨガスタジオになります。

他と比べてCALDO(カルド)のここがすごい!

・値段が安い!店舗ごとに値段は多少異なるのですが、都内で通い放題コースを選択しても9,180円と一万円を切ります。初心者でも始めやすい価格設定なのが嬉しいですよね。

・ジム(フィットネスエリア)を併設!(※一部店舗は無し)ヨガスタジオ以外に、筋トレやランニングが出来るフィットネスエリアが完備されているので、ヨガ前に体を動かしたり、様々なメニューを自分で組んで体を動かすことが出来ます。また、スタジオによっては岩盤浴を併設しているスタジオも。

・予約が不要。レッスンごとに予約をする必要が無いので、思い立った時にレッスンに行くことができます。スタジオによっては人気レッスンで整理券が配布されることもあるので確認してください。マットも無料レンタルなので、ヨガウェアさえあれば思い立った時に行けるので楽ちんですよね。

・CALDO(カルド)には男性も通えるスタジオが全国33店舗に舗用意されていますので、家族やカップルで通うことが出来ます。

男性OKのCALDO(カルド)ヨガスタジオ一覧
東京都 銀座、新宿、渋谷、池袋、吉祥寺、石神井公園、西葛西、府中
神奈川県 川崎、藤沢、溝の口、関内、綱島
埼玉県 浦和、川越、川口、志木、
千葉県 千葉中央、津田沼、五香、成田
中部 栄(愛知)、豊川(愛知)、静岡
近畿 天六(大阪)、堀江(大阪)、江坂(大阪)、草津滋賀(滋賀)、守山(滋賀)
中国四国九州沖縄 岡山、中洲(福岡)、大橋(福岡)、宮崎

料金について※店舗によって若干価格が異なります

月会費…6,980円~14,000円

入会金…0円(キャンペーン中)

事務手数料…0円(キャンペーン中)

体験レッスンは980円。入会時には入会金、事務手数料、月会費が2~2.5か月分必要です。現在新規入会キャンペーン中で入会金と事務手数料が0円です!


人数が多く混雑することもありますが、広いスタジオなのであまり気になりません。また、LAVAは暖房ストーブで室内を温めているのに対して、CALDOは遠赤外線の床暖房を使っているのも違いです。CALDOはレッスン開始前に岩盤浴のように寝っ転がって体を温めている人が多くいます。デトックス効果が期待できるスタジオです。

CALDO(カルド)の詳細&キャンペーン情報

・常温ヨガ&ホットヨガスタジオ ヨガプラス ※全国20店舗以上

東京エリアと関西エリアを中心に全国20店舗以上展開するヨガプラス。男性も全店利用可能。LAVAやCALDOは一部の店舗しか男性は使えないので、そういった点では男性にとっては嬉しいですね。
「ホットヨガ」と「常温ヨガ」の両方から選ぶことができ、シャワー付きロッカールーム、ラウンジなどを完備した、開放感溢れるスタジオが多いことが特徴です。ホットの汗だらだらの環境ではなく、ヨガだけに集中したいという方々から「常温ヨガ」は人気を集めています。
姉妹ブランドのピラティス専門スタジオ「basi(バシ)ピラティス」からインストラクターを招きピラティスクラスも導入しています。老若男女問わず、幅広い層が利用しており初心者でも参加しやすいのが特徴です。妊婦さんも歓迎しています(医師の同意書が必要です)

他と比べてヨガプラスのここがすごい!

・常温22℃、身体のゆるみと発汗を促す27.2℃、発汗を促す40℃から自分に合った室温のクラスが選べます。暑すぎるのが苦手、体を動かすことに集中したいという方にオススメです。

・レッスンのバリエーションが豊富。ヨガだけでなく体幹の力強さを鍛えていくピラティスや、最先端のボディワーク等が充実。気分によって飽きることなくレッスンを選ぶことが出来ます。

・LAVAやCALDOは一部のみ男性可ですが、ヨガプラスのスタジオはすべて男性利用可能です。夫婦でレッスンに参加している人も多くいます。

料金について※店舗によって価格が異なります

月会費…6,980円~14,000円

入会金…0円(キャンペーン中)

フリー会員…14,500円(グループレッスンが無制限に受講可能)

デイタイムフリー会員:12,000円(平日9:00~18:00のグループレッスンが無制限で受講可能)
月4会員:9,250円(グループレッスンが月4回受講可能)

デイ月4会員:7,500円(平日9:00~18:00のグループレッスンが月4回受講可能)

体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


ほかのホットヨガスタジオに比べ、そこまでダイエット推しではなく、ヨガを通して体の使い方を学びたい、ヨガを深めたい人におすすめです。全米で人気のヨガスタジオ「Yogaworks」のヨガプログラムを取り入れているのも特徴です。

ヨガプラスの詳細&キャンペーン情報

・ホットヨガスタジオ loive(ロイブ) ※全国32店舗

全国に37店舗を展開する、loive(ロイブ)は女性専用のホットヨガスタジオです。
どこのスタジオもナチュラルな木目調の床や壁で雰囲気も明るく、清潔感のある施設なのが特徴的です。女性のみのスタジオなので、徹底的に清潔感にこだわっていたり、提携の託児所を用意していたりと、女性に嬉しいサービスが多くあります。

他と比べてloive(ロイブ)のここがすごい!

・全店駅の近くで通いやすい!スタジオをはじめシャワールーム、パウダールームなどが清潔で女性人気が高い。

本格的なヨガレッスンの他、ビートドラムダイエットやホットボクササイズ、サーフエクササイズなど話題のエクササイズレッスンが充実。ホットの環境で、フィットネスジムで提供されているスタジオプログラム並みのバリエーションが人気の理由。

・一般的なホットヨガスタジオのレッスン時間は45分~60分ですが、loive(ロイブ)では70分や90分のロングレッスンが用意されており、大量のカロリー消費とたっぷり発汗

料金について※店舗によって若干価格が異なります

フルタイム会費…9,530円~15,000円(通い放題)

デイタイム会員:7,680円~13,000円(平日15時スタートのレッスンまで)
月4会員:7,700円~9,900円

 

体験レッスンは60分500円で体験レッスンを受けられます。

今なら、体験レッスン当日のご入会で入会金(通常1,000円)手数料(通常5,076円)が今なら無料です。


ヨガはもちろん、サーフエクササイズ、ボクシング、瞑想、ピラティス等と充実したレッスンプログラムを用意しているため、飽きることなく毎日楽しんで通えます。ダイエット目的から、リラックスまで様々な方が気軽に通えるヨガ・フィットネススタジオです。

ホットヨガスタジオ「LOIVE(ロイブ)」の詳細&キャンペーン情報

・ピラティススタジオ BASIピラティス ※全国28店舗以上

↑BASIピラティスの中でも特に人気のグループ「Flow」クラス

関東を中心に全国28店舗展開するBASIピラティス。「ヨガ」と「ピラティス」の違いは、ヨガがインドの文化から始まったものに対し、ピラティスはドイツで「リハビリ」を目的に始まったもの。起因は違うものの、呼吸に合わせ、身体と心のコントロールを行う点は両方とも一緒です!

ただ、ヨガはストレッチ効果の高いポーズも多く入ってくるのに対し、ピラティスは体幹やコアを使うポーズやエクササイズが中心。体が硬すぎてヨガを諦めてしまった…という方にもおすすめです。

↑ピラティスマシンを利用したプライベートレッスン

BASIピラティスでは、グループレッスンとプライベートレッスンの二種類が用意されています。人数でいえば、グループレッスンに参加されるお客さんの方が多いですが、マシン(リフォーマー)を使い、関節の可動域を広げ、通常の運動では強化できない部位を、強化していくプライベートレッスンも人気です。

他と比べてBASIピラティスのここがすごい!

・自分の身体をどのように扱えばいいのか、といった体の動かし方の正確性を学び、コントロールすることができるようになります。もちろんヨガも同様にできますが、ヨガの様々なポーズを取る中で体の動かし方を学ぶヨガに対し、リハビリ目的で生み出されたピラティスはよりダイレクトに体の使い方を習得できると言えます。インストラクターも全員正社員と、専門的に勉強した面々が揃います。

・年齢や健康状態、体の固さに関わらず、誰でも行なうことが出来ます。男女比は店舗にもよりますが6(女性):4(男性)程度の割合。年齢層は30代~50代が多く見られます。

・アップテンポな音楽に合わせて身体を動かすファンクラスや、様々なピラティスの道具(ボール・フォームローラー・セラバンド・バランスクッションなど)を使って体を動かす「FOCUS」クラスなどバリエーションが豊富。

料金について

入会金…30,000円(体験当日入会の場合無料)

全店フリー会員…18,500円(全店利用可)
フリー会員…16,500円(一店舗のみ)
月4会員…10,800円
※その他、都度購入タイプのチケットも用意があります。
マットレンタルはいつでも無料。

グループ体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


姿勢改善や肩こり・腰痛といった体の不調解消だけでなく、身長が伸びた、足が美脚ラインになった、といった他にも様々な効果を感じるお客さんが多いそう。正しい体の使い方を知るために、他のスポーツと併用される方が多いのもBASIピラティスの特徴です。

basiピラティスの詳細&キャンペーン情報

・ピラティススタジオ ピラティススタイル ※全国55店舗以上

関東、関西、東海、北海道と全国55店舗展開する「ピラティススタイル」。上で紹介した「basiピラティス」と同じ会社が経営しています。よりピラティスをデイリーに感じてもらうための空間として、店舗数もレッスン数もインストラクター数も規模を拡大して提供しているのが「ピラティススタイル」です。いずれも、ピラティス専門会社が運営するスタジオなので、ピラティスをきちんと学びたい方にはどちらもおすすめです!

他と比べてピラティススタイルのここがすごい!

・ピラティスの専門スタジオとしては、世界最大級の店舗数を誇ります。(日本で例えるならLAVAのピラティス版みたいな感じでしょうか)レッスン数やレッスンの種類も多く、どこも駅近なので、自分の都合や好みに合わせて柔軟に通うことができます。もちろん、全店舗男性も利用可能です。客層は老若男女問わず様々な年齢層の方が参加しています。

イベントや特別レッスンが充実しているのも大規模スタジオならでは。例えば門前仲町では毎週ママピラティスをやっていたり、阿佐ヶ谷では毎週50代からのピラティスをやっていたりします。

・グループレッスンはもちろん、プライベートレッスンも充実。全店にピラティスマシンが設置されています。ピラティスはリハビリ生まれ。身体に負担をかけて鍛える運動とは違い、抑制しながら筋肉を使うエクササイズは年齢や健康状態に関わらず、誰でも安全に行うことが出来ます。

料金について※店舗によって値段が若干変わります

入会金…20,000円(体験当日入会の場合無料)

全店フリー会員…16,000円(全店利用可)
フリー会員…14,000円(一店舗のみ)
月4会員…9,250円
※その他、都度購入タイプのチケットも用意があります。
マットレンタルはいつでも無料。

グループ体験レッスンは1,000円。現在新規入会キャンペーン中で当日入会だと入会料が0円です。ただし、店舗によって若干異なりますので、よく確認してください。


他店舗利用料300円を払えば、全店使えたり、姉妹店のBASIピラティスも500円で利用可能。
姉妹店のヨガスタジオ「ヨガプラス」、「ビクラムヨガ」も300円で利用が可能と嬉しいオプションがたくさんあります。

ピラティススタイルの詳細&キャンペーン情報

まとめ

今回は、おススメのヨガ情報、ヨガウェアの選び方や種類、人気のヨガウェアブランドについてご紹介しました。お気に入りのヨガウェア選びも、ヨガにおいては欠かせない楽しみのひとつ。これからヨガを始めようという人は、ぜひさまざまなブランドをチェックして、とっておきのウェアを探してみましょう!

【ヨガの服装のポイント】ヨガの種類別おすすめウェアと初心者が準備しておきたいポイント

ヨガウェア情報をお探しの方におすすめのその他の記事

ホットヨガ情報をお探しの方におすすめのその他の記事

広島県在住。 東京から移住し、最近の言葉で言うところの「スローライフ」をのんびり送っています。 ヨガは日々の習慣になっていて、特に呼吸法(プラーナーヤマ)を意識・大切にし体を動かしています。 YOGAHACKを通してヨガの楽しさ・魅力が伝えられればと思います。