• 地域 ヨガのスタイル 条件 クーポン ヨガ教室、ピラティスの教室検索
  • ヨガのインストラクター養成講座、ピラティスのインストラクター養成講座
  • ヨガ関連求人情報
  • カレンダー リスト ヨガ、ピラティス関連のワークショップやイベントカレンダー
  • ヨガウェア・グッズ
  • ヨガ in フィットネスクラブ検索
  • 予約可能スタジオ
  • 仕事を探す [ Yoga Job! ]
  • 資格を極める [ Yoga College ]
HOME >  ヨガウェア&グッズ >  アイテムの選び方

アイテムの選び方

何を基準に選べばいいのか迷いがある人必見☆
マタニティヨガやホットヨガに適したウェアの選び方を解説します。買う前に絶対チェック!

トップスの選び方 Tops

トップスの選び方はヨガの種類や難易度にもよりますが、アシュタンガ・ヨガやパワー・ヨガなど、運動量も多く汗をかきやすいヨガは、伸縮性や吸水性のある素材、そして動きやすいデザインがオススメ。
ビギナー向けや瞑想中心のクラスなどは運動量が少なめなので、リラックス感が味わえる着心地の良い素材とデザインを。トップスは肩幅がきちんと自分のサイズにあってる方が綺麗に見えます。

パンツの選び方 Bottoms

上級ヨギーニほど膝丈やクロップド丈を好みます。脚さばきが良く、膝を曲げた時に邪魔にならないので、最近は秋冬でも短かめのパンツが人気。長めのものであれば、コットン100%よりも、伸縮するストレッチ素材をチョイスした方がポーズが決めやすいです。
黒いパンツは汚れも目立たず引き締まって見え、どんなトップスでも合わせやすいので一本持っておくと便利。

男性の場合 Men's

男性は女性よりも大量に汗をかくので、コットン素材のTシャツだと汗を流しながら難易度の高いポーズをした時に、生地が伸び切ってしまうので不向き。そのため吸水性に優れた素材を選んだ方が無難です。
デザインは、身体にフィットしたタイプの方が筋肉の動きが良く分かり、ヨギーとしての上達も早いそう。

マタニティヨガの場合 Maternity

レッスン中、ウェアから大きなお腹が出てしまうと気になるし、冷えの原因にもなるので、トップスはロング丈、ボトムは股上も深めでお腹をしっかりサポートしてくれるデザインを選びましょう。
しかし、全てがゆったり目だと身体の動きが分かりずらいため、適度なフィット感があるものをオススメします。また立ちポーズの時に足下が見えにくくなるので、転倒しないように短かめのパンツかスパッツタイプを。

ホットヨガの場合 HOT YOGA

ほぼ水着に近い素材で動きやすく露出度の高いデザインで、素材は吸水性と伸縮性に優れ、高温・高湿に耐えられるよう締め付け感が少ないものが、ホットヨガには適しています。
ただ露出が多過ぎると、汗をかいた肌のヌルヌル感が不快に思えることもあり、ホットヨガのインストラクターは、殆どが短かめタンクトップに膝下丈のパンツというスタイルです。

マットの選び方 Mat

世界のヨギーニ人口が多くなるにつれ、ヨガマットの種類もどんどん豊富になってきています。
選び方は自分の身体のサイズにあった幅、長さ、また動きの激しいヨガの場合は厚みもポイント。プラスチック臭が苦手な人には、環境に優しいエコタイプや滑りにくいグリップ感が好評の天然ゴム素材のマットもあります。
より滑りにくく、クッション性の高い方がポーズも安定しやすく、初心者向きと言えるでしょう。

ラグの選び方 Rug

吸水性があり、丸洗いもできて、色柄、デザインも豊富なコットンラグが主流。天然素材の肌触りとリラックス感が楽しめ、体内にたまった静電気を放電してくれるそうです。
選び方は、天然素材だからこそ触った感じの第一印象がポイント。集中力をupさせたいなら派手な色や柄は避けて、瞑想の質を高めたい人は中央に大きな柄が入ったデザインがオススメです。

いつでもどこでもYOGA ROOM MOBILE誕生!
モバイルでも、ヨガアイテムの選び方をチェックできます★その他、ヨガやピラティスの教室検索、クーポン、イベントカレンダーや、目的別ポーズ集、用語集など、役立つヨガネタを探せます!※接写モードまたは、バーコード読み取りにて撮影して下さい。
SEARCH

PageTop

Check It!
ヨガ・ピラティス教室様へ
YOGAROOMにヨガ&ピラティス教室を掲載する YOGAROOMにヨガ&ピラティス教室を掲載する 登録がお済みの方 教室の基本データ変更、クーポンの更新はこちらから↓ 教室ログイン 『1分で作れる』 予約システム&スマホ対応 YOGA Coubic(ヨガクービック)